*

「暖冬でアパレル関連苦戦」に学ぶ

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 ネットショップ運営, ネットビジネス

2015~2016年にかけての冬は暖冬ですが、特にアパレル関係は苦戦したようです。「ダウンやコートなどの冬物が売れない!」と。積雪のあった関東方面は別にして、「西日本は今年は冬物がいらないのではないか?」と思えるほどです。1月でもTシャツで過ごせる日があるほどですからね。

2015年の9月頃に気象庁が暖冬予報を出していたらしいですが、その予報を鵜呑みにして「在庫が足りない!」なんてことになっても困りますが、かと言って例年通り仕入れて「大量に在庫が残った!」という結果も困ります。気候は景気は基本読めないけど、一応、予報などは頭の片隅に置きながら発注って感じですね。国内仕入れはまだしも海外仕入れの洋服屋さんは大変です。

さて、逆にネット販売系は、暖冬のおかげかどうかわかりませんが、いつもよりは注文数も多かったような気がします。気温が下がると財布の紐も固くなりますから。暖冬様様と言いたいところですが、そうも言ってられないかもしれません。

これを機会に気象庁のページを見ると、エルニーニョ現象(暖冬の原因)が発生しているときの3月~5月の天候の特徴も出ています。目立つのが「沖縄や奄美の気温が高い」点。次いで、東日本の気温も高めという傾向があるようです。

西日本は降水量が増えて日照時間が減るという傾向です。野菜などに影響が出ることも考えられますが、春に雨が多くなると、遠足やピクニックなど、お出かけ系関連商材が打撃を受けるかも知れません。雨関係の商材は準備しておいたほうが良さそうです。(今どき「ピクニックへ行こう!」なんて、聞かないからもしかして死語?)

まだまだ先ですが、6月~8月の傾向も一応目を通しておきました。結論から言うと、北日本と西日本が冷夏の可能性があるということです。夏関連のグッズが今度は売れなくなります。かと言って夏にダウンは売れませんから、暖冬によるアパレルの不振は対岸の火事ではないですね。

PS
暖冬のことを英語では「a mild winter」

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

「マイナンバー制がスタートして金庫がバカ売れ?」に便乗した迷惑メール

迷惑メールに大事なメールが入っていることがあるので、たまにチェックするのですが、真っ先に目に

記事を読む

システム・インテグレーター

今後有望な業種のひとつはシステム・インテグレーター(SIer)!?

ネットショップを開業して運営していて、つくづく思うのは、中小企業のIT化のド時代遅れです。FAX

記事を読む

Googleドライブ

アンケートフォームならGoogleドライブがおすすめ

これまでアンケートフォームといえば、フォームメールCGIを独自に設置したり、広告付きのレンタルを借り

記事を読む

集客せよ

店長日記にオススメの無料ブログサービス

最近はネットショップを作っても、MT(Movable Type)やWP(Wordpress)をブログ

記事を読む

クローラー

アプリのアイデアを探す方法

ランサーズ(Lancers)の「仕事の相談」という掲示板のようなコーナーに、よく「こんなアプリを開発

記事を読む

ROE

「とは」で検索して「とは」について考えたSEO

ネットショップ運営者に取って「検索」は、ショップ運営する上での呼吸のようなものです。ほぼ毎日欠かさず

記事を読む

no image

広告費と外注費の配分を変更してみる

あまり効果の出ていない広告費を削って、それを外注費に回すというアイデア。外注とは仕事を外部に委託する

記事を読む

no image

WADAXのアクティブメールのログイン画面一覧を作成した

このサイトも2005年~2014年の9年間WADAXさんのお世話になっていました。快適てとても良いサ

記事を読む

makeshop

思わず反応してしまったmakeshopのバナー

バナーもデザインやキャッチ次第で反応してしまいます。今回、視線が釘付けになったバナーは、ネットショッ

記事を読む

no image

ピア・プレッシャー(同化圧力)とは

18時。 定時終わりで、「さぁ帰ろう」と思うけど、周りはみんな定番の残業を黙々と。 帰り

記事を読む

Adsense

Adsense

サテライトサイトの損益分岐点。「存続か閉鎖」の境目考察

細かい話なんですが、事実上廃止のサイトをいくつか持っています。それなり

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑