*

仕入れ問屋やメーカーが見つけにくい理由

公開日: : 最終更新日:2017/03/13 ネットショップの仕入れ

問屋やメーカー

現在進行形の業界の話ですが、「多くの業界も当てはまるのでは?」と思います。「その業界の商品を仕入れたいけど、どこの会社?検索しても出てこな~い。」ってやつです。

それもそのはずです。商品を卸す問屋やメーカーのホームページはあっても、最終更新日が2008年だったり、ひどい場合ば2001年だったり、何年も放置されているHPだったり、ホームページそものが存在しない会社もあります。また、問い合わせをしても返信すらない会社もあります(本当の話)。

理由は、「ITを活用していない。(できていない)」です。
また、「ネットを積極的に使う気がない」です。

その理由は、ネットにホームページを出さなくても、すでに「小売店」という顧客がいるので、そこから売上げが上がってくるので、あらたにネットにウェブサイトを作って、新規客を集める必要がないからです。スマホ対応なんて「何の話?」くらいです。

考えてみると、ネットショッピングは、ほとんどが一般消費者相手の小売店です。その大半の小売店は、取引先の問屋やメーカーから仕入れて販売しているわけです。そこへ、大本のメーカーが同じ土俵に上がる必要はないわけです。

小売店が売ってくれているので、メーカーは「小売店に商品を卸す本業」を続けていれば良いだけなので、わざわざお金をかけてまでホームページを開設して販売先募集をする必要もないのです。

全てではないのですが、抱えている顧客の販売力がしょぼくて、行く先に不安を感じてる問屋やメーカーは直売をしたり積極的に販売店を募集しています。でも、ごくごくわずかです。

というわけで、問屋やメーカーは見つけにくい所にいらっしゃいます。それらを見つけるためには、足が一番でしょう。遠いようで近道だと思います。急がばまわれです。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

商材探しのヒント

物販ショップのための商材探しのヒント

売るものが決まっていない人は、とにかく、色んな商品を見ると良いと思います。市場に出回っている商品は思

記事を読む

問屋

仕入れが難しい理由 – 問屋は目に見えない!? –

ここ数年の傾向なのかもしれませんが、「ネットショップの作り方」という検索ワードは激減です。代わりに「

記事を読む

no image

回転寿しレーンから寿司が消える(問屋の生きる道?)

16時頃に回転寿しチェーンに入ったところ、全く寿司が回っておらず、びっくりしました。うそです。びっく

記事を読む

アパレル・ファッションの定番仕入れ方法

ファッション系の仕入れは展示会が基本だと思います。直近では、国際アパレルEXPOが2016年11

記事を読む

メールの書き方

メールがちゃんと書けると仕入れは成功する?

「卸してますか?」って。 ひとことメールが来ました。 ん~~~・・・おそらく、悪い人では

記事を読む

せどり

実際にやってる変なネット販売の手法

ある商品Aを仕入れたいと思ったので、とりあえず、BtoBサイトで有名な未確認動物「ネス湖の怪獣 」で

記事を読む

no image

ネッシー取引承認されない理由

訪問キーワード「ネッシー取引承認されない理由」 ネッシーに「サプライヤー」として、つまり、問屋

記事を読む

裏ワザ・裏事情

裏ワザ?ネットショップのお仕事裏の事情

海外から商品が入ってくる以前に、その商品を海外で見つけるというステップがあります。海外にも色んな商品

記事を読む

消化仕入れ

メーカーに 在庫借りて販売(消化仕入れ・委託販売)

そうなんです。 「メーカーに在庫を借りて販売。売れた時点で仕入れ。」 これが、物販で

記事を読む

価格改定

メーカーから価格改定(値上げ)のお願いが来たら

物価の上昇だの円安だの、現地工場の人件費の高騰だの理由で、メーカーから価格改定のお願いのFAXが届く

記事を読む

Adsense

Adsense

栄枯盛衰
ネットショップも栄枯盛衰

オヤジ化してしまったのか、まれに人の話についていけないことがあります。

クーポン乱発で客単価UP
楽天アマゾンに学べ!クーポン乱発で客単価をアップさせよう

よほどのことがない限り使わない大好きな楽天お買い物中、ある異変に気

税理士
個人事業主が税理士使うと得する売上の分岐点は?

まもなく確定申告の時期ですね。「こんなに楽だったとは・・・そんなことな

副業で貸し会議室
副業で貸し会議室ビジネスがアツいらしいけど収益シミュレーションしてみた。

「副業で何か始めたいよなぁ~」と思っている人も多いようですが、ネッ

5つの真実
2018年ネットショップ起業5つの真実

新年ですから、やる気満々の人も多いでしょう。周りではネットではなくて実

→もっと見る

PAGE TOP ↑