*

ネットバンクで事業用口座は作れる?

作れますよ~。手っ取り早いのは楽天銀行ですね。屋号の口座が作れる数少ないネットバンクのひとつです(ソニー銀行やSBIとかでもOKよん)。屋号とは個人事業主の「会社名」にあたるもの。株式会社の場合は会社名。個人の場合は屋号。屋号で口座を作っておくと、お客様や取引先など、対外的に信用度がアップするのでオススメです。

実は「事業用口座」と聞くと、特別な口座のように思えますが、これは、ただ単に「事業用に使う口座」という意味で、「法的に専用の口座を作らないといけない」なんて決まりはありません。

だから、今使っていない三井住友銀行の口座があれば、わざわざ新規で開設しなくても、それを使えばまったく問題ないです。「横浜銀行◯◯支店(普)1234567ヤマダタロウ」をビジネス口座として使ってもまったく自由です。

そして、個人事業で個人口座をずっと使っていて「法人成り(法人化)」した場合、口座を変えないといけないかというと、そんなルールもなし。つまり、株式会社EEストアーという会社を作っても、口座名が「ヤマダタロウ」でもOKなのです。

ただ、株式会社EEストアーなのに口座名が個人名だと、お客様や取引先が「え?間違いじゃないの?」と混乱したりするので、便宜上、法人口座を作るだけのことです。仕入れ代金の支払先などが決まっていれば、先方に「個人名の口座から振り込むのでヨロシク!」と一言言っておけば問題なしです。

銀行口座でやってしまってはいけないのが、プライベートの入出金のある口座と事業の口座をごっちゃにしてしまう場合。これ、違反ではないですが、管理が大変になります。記帳なども面倒くさいです。要するに、プライベートとビジネスをはっきり分けておくことがコツと言えます。

※法人口座はなにかと金がかかるので、個人の屋号口座がオススメ。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

在宅スタッフ

ネットショップ在宅スタッフの需要高まる?

ネットショッピング業界は右肩上がりとどまることをを知らずですが、ショップ運営の仕事の外注化が広まって

記事を読む

やり方

2015年からのネットショップのやり方

10年前の2005年と2015年のネットショップのやり方はすっかり変わりましたよね。 2005

記事を読む

受注管理ノウハウ

ネット通販受注管理ノウハウ

ネット通販の受注管理スタイルは大きく分けて3タイプあります。 (1) レンタルネットショップの

記事を読む

クラウドワークス

クラウドワークスを活用した副業ブローカー

クラウドワークスを物色中、「メルマガ執筆依頼!」というのがあったのでチェック。 なんと、その単

記事を読む

日記を書いて副業

日記を書くだけで100%稼げるネット副業

このタイトルで何のことかすぐに分かる人はわかるけど、わからない人はわからない・・・そんな副業をちょっ

記事を読む

知識は金なり

今どき無知のネット開業は最悪

さほど能力があるわけでもないのに、さほど、人望があるわけでもないのに、たまたま急成長している業界で働

記事を読む

freee

FREEE

時間にお金以上の価値があると気づくようになると、仕事効率化や時短に繋がるツールを見つけるとテンション

記事を読む

「何でも屋」よりも「専門店」が成功しやすい5つの理由

町の小さなスポーツ店がネットの人気店に 「専門店」が当たる典型例ですね。 ネットショップ

記事を読む

メール便

クロネコメール便の代わりになるのは何?

クロネコメール便廃止のニュースは、関係者もびっくりするような、ブレイキングニュースだったようですね。

記事を読む

アフィリエイトは古い

いつまでアフィリエイトなんかやるつもり?

Gmailを開いているときに、下のほうに次のような広告が出てました。 アフィリエイトは古いです

記事を読む

Adsense

Adsense

貴重なセミナー終わるかも
貴重なセミナー終わっちゃうかもよ~

ショップサーブを運営するEストアーが、ネットショップの新規開業ユーザー

no image
QUESTの法則ランディングページ

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか

インスタグラムからのネット販売
インスタからのネット販売

「これ欲しい~」とメッセージもらったのがインスタのキャプチャ。ユーザー

オリジナルページ
ショップサーブオリジナルページへのカートボタン他

物忘れがひどくなるのは年齢のせい? たま~にHTMLやCGIをい

ai
問い合わせの傾向から感じる流通の変化

最近問い合わせが増えてるって記事を書いたんですが、実は、もうひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑