*

ネットショップのここがおもしろい

公開日: : 最終更新日:2016/04/04 基礎知識やノウハウ, 売上アップの方法

たまに超ニッチな商品を購入することがあるんですが、たいていは販売サイトを見つけることができます。ありがたいですね。超ニッチな商品とは、年に1回必要になるかどうか?くらいのモノや、「そんなモノ、商品として売ってるのかしら?」といった感じのモノです。

販売できる商材があるのに、ネットショップもなく、ただ在庫持っているだけだと、「ネット上では存在しないこと」になります。商品を持っている場合は、すぐにネットに公開して欲しいですね。世界のインターネット人口は30億人とも言われるので、公開してさえいれば誰か買ってくれる可能性は0%ではなくなります。

そして、おもしろいことに、こちらが販売している商品を、用途外の目的でで購入する人がいるんんです。わかりやすい架空例で言うと洗濯バサミ。洗濯をはさむ用途として販売するわけですが、購入したお客様に話を聞くと、「御社の選択バサミはハサミ加減がソフトなので、鼻水のストッパーとして利用しているんですよ。花粉症でね~・・・」なんて声が返って来たりします。

そこで、「そっか!うちの洗濯バサミは人間の鼻用として意外にウケるのかも?」なんて考えて、「鼻バサミ」なんて商品名にして売ってみたところ大ヒット。そーいうことがわりと起きるのがネットの世界です。(思いつきの架空商品ですよ。例えば!です。)

もちろん、ネットに限らず、同じような例はありますよね。思い浮かぶ事例は少ないですが、ヒトカラなんかそうですね。ヒトカラとは「一人でカラオケ」という意味です。普通、カラオケと言えば、仲間でワイワイやる場所ですが、これをお一人様用として売りだしたんですね。

すると、想定通り、一人でカラオケに来るお客さんはいるのですが、それ以外に、昼寝や仕事をしにくるサラリーマンなどにも利用層が広がってしまって、「昼間のヒトカラが予約でいっぱい。」なんて、想定外の事態になったりするわけです。人一人の想像力なんて知れてますね。

Adsense

関連記事

no image

ブログは、やはりテーマの選び方?

新しく別口でブログを始めて数ヶ月経ちますが、非常に順調です。 まず第一に記事がめちゃくちゃ書き

記事を読む

カウントダウン

人気主婦ブロガーのビジネス化

調べ物していたときに衝撃的なブログがヒット。 失礼ながら、内容は普通なんですが、その主婦のブロ

記事を読む

高いと思わせない

安かろう悪かろうと思わせないテクニック

最近は、安く映画やドラマが見放題になるサービスが増えてきています。H社にN社、そして、おなじみA社も

記事を読む

リスクヘッジ

今さら誰も教えてくれないネットショップのリスクヘッジ

リスクとは「危険」のこと。 そして、ヘッジとは「避ける」こと。 ネットショップをやってく上で

記事を読む

日経便文

日本経済新聞がオモシロイ

紙媒体の購読を辞めてからもう10年以上経つかもれませんが、ちゃんとネットでチェックしています。すべて

記事を読む

アンカリング効果

そのテクニックには心理学の名前があった

ページ作りや商品構成を考えてるときに、普通に使っているあのテクニックやこのテクニック。 実は、

記事を読む

レスポンシブ・サイトとは

レスポンシブル・サイトとは

responsiveは「反応する」という意味の形容詞。「レスポンシブル・サイト」とは、「反応するサイ

記事を読む

no image

フリーランスとして成功するためには?

周りにはフリーランスで活躍している人や目指している人もいます。多少仕事で絡んだことはありますが、全然

記事を読む

レスポンシブ・ウェブ・サイト

レスポンシブ・ウェブ・サイトの仕組み

もっともレスポンシブ・サイトを作りやすいのは、コンテンツがデータベースに記録されているケースですね。

記事を読む

卸契約

ネット卸販売契約書ひな形を作る前に考える

ネットで卸販売をする場合、心配になるのが取引先とのトラブルです。トラブルの代表例は「夜逃げや倒産など

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑