*

オリジナル商品を作る目的で開店

「オリジナル商品は自由に値段が付けられるし、他で販売もしていないので価格競争にもならないから良い。」とは言えるんですが、いざ作ってみると、これが思うように売れないんですね~。中には1点も売れない商品や、大量に在庫を抱えてしまった商品なども。

ネットでは売れないけど実店舗では売れる商品だったり、客層を間違ってしまったために売れない場合(中高年のお客さんなのに若者向け商品を作ってしまった)は、まだ救いがあります。

でも、誰に見せても「そんなもの必要ない」と言われる商品は完全に失敗(これ最悪。泣きたい・・・)。「なぜ、そんなオリジナル商品を作ってしまったのか?」悔やんでも悔やみきれないわけです。粗大ごみで廃棄する以外道はなし。捨てるにも金がかかる始末。

洋服等、センスのいい人は売れるモノがわかるらしく、作っては普通に売れて、の繰り返し。うらやましいですね。そういったセンスに自信がない場合、オリジナル商品を失敗することなく作るなら「需要があることを確かめてから」に限りますね。つまり、お客さんの「こういう商品ないの?」という声があって初めて着手する感じです。

そのためには、まずは、ネットショップを立ち上げて()お客さんの声を収集することから始める必要があります。オリジナル商品の製作が目的なら、「掲載している商品は売れても売れなくてもどっちでもいい」スタンスなので、数を出品して、「見つからない商品があったら、お気軽にお問い合わせください!」といったバナーを目立つように表示する。

まずは、ショップサーブのモバとくパックで商品数1000点を目標に開店ですかね。個人的な経験では検索との相性が良いので、一般のお客さんの声を集めやすいと思います。

オリジナル商品

※誤解される恐れのある日本語に注意。

Adsense

関連記事

10ページ以内

10ページ以内のネットショップを作りたい

ネット販売を始める場合、ASPを使うのが当たり前になりました。 でも、「商品1点だけ。ページ数

記事を読む

LINE MALLをダウンロードしてみたが・・・

ネットショップ運営者としては、常に最新のIT関係、ネット事情には明るくて然るべきなので、できるだけ新

記事を読む

委託可粗利50%以上

粗利50%以上で委託販売可能な商材

「委託販売可能で、販売価格5000円以上。粗利50%以上の商材を探しています。」と言った感じの書き込

記事を読む

no image

ショップ運営者のメール処理テクニック

ショッピングモールに出店して間もない運営者から「某hoo!さんから、こんなメールが来たのですが、どう

記事を読む

no image

ネットショップとしてオリンピック特需にあやかる方法を考えよう

「オリンピック特需」を英語で言うと「Olympic special demand」とそのままです

記事を読む

カラーミーで開店

改善を重ねる大手のウェブページのデザインが参考になる

カラーミーショップをたまに覗くと、ウェブサイトのデザインがガラリと変わっていたりします。今のデザイン

記事を読む

no image

ネーミングのためのチェックリスト7

何に悩んでるかというとネーミングです。以前は、ドメイン名で同じように何日も悩んでいたことがありました

記事を読む

amazon

アマゾン・マーケットプレイスの特定商取引法について

そういえば、1年くらい前でしょうか。マーケットプレイスの出品者に特定商取引法にもとづいて、事業者

記事を読む

ブチ切れ

こんなサービスは、もう解約だ

某クレジットカード会社からの利用明細が届いて、ポイントを見ると1000ポイント。「そろそろ何かに交換

記事を読む

ヘロウィーン

秋(10月)の販促キャンペーンを打ちまくろう

H26年の家計調査では、10月の食料支出や家具や家事用品の支出ランキングは6位。ちょうど真ん中なので

記事を読む

Adsense

Adsense

栄枯盛衰
ネットショップも栄枯盛衰

オヤジ化してしまったのか、まれに人の話についていけないことがあります。

クーポン乱発で客単価UP
楽天アマゾンに学べ!クーポン乱発で客単価をアップさせよう

よほどのことがない限り使わない大好きな楽天お買い物中、ある異変に気

税理士
個人事業主が税理士使うと得する売上の分岐点は?

まもなく確定申告の時期ですね。「こんなに楽だったとは・・・そんなことな

副業で貸し会議室
副業で貸し会議室ビジネスがアツいらしいけど収益シミュレーションしてみた。

「副業で何か始めたいよなぁ~」と思っている人も多いようですが、ネッ

5つの真実
2018年ネットショップ起業5つの真実

新年ですから、やる気満々の人も多いでしょう。周りではネットではなくて実

→もっと見る

PAGE TOP ↑