*

卸販売のやり方は?

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 おもしろキーワード

卸売の方法
ネットショップという小売をテーマにしていたので「卸販売のやり方は?」というキーワードは、「その発想はなかったわ」というヤツです。

今から卸販売したい人や企業ってどんなんでしょう。ネットがあれば問屋もメーカーも消費者に対して直売ができる時代に、あえて、卸売をしたいという意図が、ちょっと想像しにくいですね。知っている業界が少ないというのもありますが。

卸しをする場合は、何と言っても「売ってくれる小売店を顧客に持つ」というのが至上命令です。販売力のない小売店を何千店と抱えるよりも、ガッツリ売ってくれる小売店を数店持ったほうがビジネス的には成功します。

さて、具体的な話としては、卸販売をする場合は次の4つの項目を決める必要があります。

(1)掛け率
(2)ロット
(3)支払い方法
(4)送料

定番です。仕入れをしたい人が聞きたいポイントです。

(1)掛け率とは、定価や売価に対する卸値の率です。もし、定価や売価が決まっていないなら、「市場ではこれくらいの値段で売る」といった具体的な数字を出す必要があります。そして、メーカー小売希望価格8,000円(税別)などと提示して、その価格に対して6掛けだとか5掛けタドかといった条件を提示します。

(2)ロットは1回に販売する数量です。何かを精算して箱に詰める場合、1ケース10個とか12個などがありますが、通常はケース単位で販売するのが卸販売です。1ケースから可とするのか、仕入れ金額の合計の最低ラインを決めるのか。その辺りを詰める必要があります。

(3)卸販売をする側としては、どのような支払い方法にするのか」は需要な問題です。掛売り(後払い)にした場合は、未払いのリスクがあります。かと言って、都度振込のような方式にしてしまうと販売店の負担も増えます。

なお、取引先を探すのはなかなか難しいです。ウェブサイトを作って公開していれば、それなりに引き合いはありますが、もっと積極的に行きたい場合は、年に数回される東京インターナショナルギフトショーに出店するというのもかしこい方法だと思います。

ま、インターナショナルと言っても日本企業が大半です。中国やタイ、台湾などの企業も出店していますが、クオリティーは日本企業ダントツです。ものづくりのニッポンです。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

記事が多い理由

なぜショップサーブの記事が多いのか。その理由。

なぜショップサーブの記事が多いのか。 最大の理由のひとつは、「ショップサーブを使っている人が多

記事を読む

何が儲かるか

ネット販売 何が儲かるか

それはショップ運営者として永遠のテーマです。 はい。 先天的に儲かる商品チョイス能力ある

記事を読む

サーバー借りた後は

ネットショップ構築 サーバーゲットの次は

おもしろキーワードです。件名の言葉で検索してこのサイトにいらっしゃった方がいたので、彼彼女に対して、

記事を読む

個人店はやりたい放題

個人店 やりたい放題

おもしろキーワード。 このキーワード、主観ですが、「リアル店舗の個人店は(節税?脱税?)がやり

記事を読む

ビール券

ネットショップで脱税

こんなキーワードでいらっしゃいました。 ネットショップにおいて、入金は、ほぼ100%銀行口座を

記事を読む

裏ワザ

裏ワザ!無料でカラーミーショップ・プロ3店舗作成

新しいプランを発表した絶好調のカラー・ミーショップ・プロですが、実は、思いもよらないところで無料で3

記事を読む

ネッシー

ヤフオクでネッシーの商品を売って良いのか?

ネッシーで仕入れたモノをヤフオクで販売して良いのか? 全然かまわないです。 何の違法性も

記事を読む

no image

簡単にネット販売を始める方法

タイトルのようなキーワードで訪問する人がいるんですが、滞在時間が10秒とかなんですよね~ 「答

記事を読む

自分で作れる

ネットショップは自分で作れるのか?

このネタは何回も投稿しないといけないようです。兵庫県某市から接続のAさん。男性か女性か、年齢もわかり

記事を読む

手順

インターネット販売の手順を教えて下さい

最近、かなり増えてきている文章スタイルの検索ですが、一応、そういった検索は意識しているつもりです。今

記事を読む

Adsense

Adsense

サテライトサイトの損益分岐点。「存続か閉鎖」の境目考察

細かい話なんですが、事実上廃止のサイトをいくつか持っています。それなり

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑