*

卸販売のやり方は?

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 おもしろキーワード

卸売の方法
ネットショップという小売をテーマにしていたので「卸販売のやり方は?」というキーワードは、「その発想はなかったわ」というヤツです。

今から卸販売したい人や企業ってどんなんでしょう。ネットがあれば問屋もメーカーも消費者に対して直売ができる時代に、あえて、卸売をしたいという意図が、ちょっと想像しにくいですね。知っている業界が少ないというのもありますが。

卸しをする場合は、何と言っても「売ってくれる小売店を顧客に持つ」というのが至上命令です。販売力のない小売店を何千店と抱えるよりも、ガッツリ売ってくれる小売店を数店持ったほうがビジネス的には成功します。

さて、具体的な話としては、卸販売をする場合は次の4つの項目を決める必要があります。

(1)掛け率
(2)ロット
(3)支払い方法
(4)送料

定番です。仕入れをしたい人が聞きたいポイントです。

(1)掛け率とは、定価や売価に対する卸値の率です。もし、定価や売価が決まっていないなら、「市場ではこれくらいの値段で売る」といった具体的な数字を出す必要があります。そして、メーカー小売希望価格8,000円(税別)などと提示して、その価格に対して6掛けだとか5掛けタドかといった条件を提示します。

(2)ロットは1回に販売する数量です。何かを精算して箱に詰める場合、1ケース10個とか12個などがありますが、通常はケース単位で販売するのが卸販売です。1ケースから可とするのか、仕入れ金額の合計の最低ラインを決めるのか。その辺りを詰める必要があります。

(3)卸販売をする側としては、どのような支払い方法にするのか」は需要な問題です。掛売り(後払い)にした場合は、未払いのリスクがあります。かと言って、都度振込のような方式にしてしまうと販売店の負担も増えます。

なお、取引先を探すのはなかなか難しいです。ウェブサイトを作って公開していれば、それなりに引き合いはありますが、もっと積極的に行きたい場合は、年に数回される東京インターナショナルギフトショーに出店するというのもかしこい方法だと思います。

ま、インターナショナルと言っても日本企業が大半です。中国やタイ、台湾などの企業も出店していますが、クオリティーは日本企業ダントツです。ものづくりのニッポンです。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

個人店はやりたい放題

個人店 やりたい放題

おもしろキーワード。 このキーワード、主観ですが、「リアル店舗の個人店は(節税?脱税?)がやり

記事を読む

手順

インターネット販売の手順を教えて下さい

最近、かなり増えてきている文章スタイルの検索ですが、一応、そういった検索は意識しているつもりです。今

記事を読む

屋号に堂

屋号に「商店」や「堂」も古かっこいいかも

屋号の決め方ページにランディングのキーワード「堂」。 メジャーなところでは、ジュンク堂書店、キ

記事を読む

最長キーワード

過去最長86文字の検索ワード

Bingよりご来店の方の検索ワード。 ネットでやりとりされているノウハウや裏ワザ、テクニックなどの

記事を読む

絵画像

yahooショッピング商品説明絵に入れたい

同じ検索ワードが日本と中国から!そんなこともあるんですね~ さて、この検索ワードですがユーザー

記事を読む

no image

失敗するなら最速で

“面白法人”カヤック社長の柳沢大輔氏の名言です。 なるほど!と思いますね。 アプリ系やウ

記事を読む

主婦

主婦でも自宅開業なら家賃はしっかり経費にしないと損

「主婦 自宅開業 家賃 経費」という複合キーワードでのご訪問。 賃貸マンションや賃貸戸建など、

記事を読む

自分で作れる

ネットショップは自分で作れるのか?

このネタは何回も投稿しないといけないようです。兵庫県某市から接続のAさん。男性か女性か、年齢もわかり

記事を読む

検索達人

「デキル」ネットショップ運営者は検索の達人

「調べりゃすぐにわかることを、調べずもせずに教えてくれ。」という人、いますよね~。ま、そういう人達は

記事を読む

マッチングサイトの作り方

仲介サイト(マッチングサイト)の作り方について

検索キーワードがほとんど取得できなくなったので月単位でも目を通せるレベルです。楽しみが減ったといえば

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑