*

商材をネットショップに卸す方法

公開日: : 最終更新日:2015/06/14 ネットショップの仕入れ, ネットビジネス, 基礎知識やノウハウ

「売れる商材があるのだが、ネットショップを中心に卸をしたい」という場合。

これ、なかなか難しいですね。

サイトを立ち上げれば、形式的には小売でも卸売でも可能。でも、今は、そういったサイトだらけの状況ですから、売れる売れない以前に、人が集まるかどうかも疑わしいわけです。

そこで、考えられるのがBtoBサイト。

BtoBとは、企業(Business)対企業(Business)の取引を仲介するサイトのことで、有料の「楽天BtoB」や無料の「DeNA BtoB market(旧ネッシー)」などが有名。(ちなみに、小売のネットショップのことはBtoC(Business to Customers)と言う。)

でも、「BtoBサイトに掲載すれば簡単に卸先が見つかるか?」というとそれもなかなか難しいんですよね。なぜなら、卸したい企業も星の数ほどあるので、埋もれてしまうから。目立とうと思えば金がかかる・・・楽天BtoBは出展そのものが有料ですし。

次に考えられるのは、自分でこつこつ売ってくれそうなネットショップを検索してはコンタクトをとる方法。連絡はメールよりも、紙に印刷した資料を直接郵送するほうが見てもらいやすいです。

理屈上は、ネットを使えば無料で全国に販路を求めることができますが、実際問題非常に難しいです。今のところ、骨は折れますが、コツコツ販売してくれそうなネットショップを探してはコンタクトを取ってみるという方法が、一番有効である気がします。

郵送で資料を送る場合も、内容はしっかり作りこまないと、すぐにゴミ箱行きなので、「いかに売れるか」というポイントや、取引を始める場合の手順なども書いておくと良いです。もちろん、卸販売用の簡単な契約書も用意しておきます。

Adsense

関連記事

no image

送料の安い運送会社はエコ配できまり(条件は3つだけ!)

もう運送会社の値上げがすごいったらありゃしない・・・でも、時代に逆行するように格安の運送会社も台頭し

記事を読む

今後10年で

今後10年でなくなる仕事を目の当たりにして実感した3例

オックスフォード大学が702業種を調べて、今後10年で「消える職業」「なくなる仕事」というレポー

記事を読む

ランキング

2014年のブログ人気記事ランキング3

2014年5月からブログを引っ越ししてからのランキング。ときどき、過去のブログを見て反省しないといけ

記事を読む

転売ヤー

副業転売ヤーは競争激化、飽和市場なのかもしれない?

副業といえば「転売」や「電脳せどり」などが有名となりましたが、そういった言葉があまり知られていな

記事を読む

IT関係得意

周りの人よりパソコン得意だから頼られる。うざい。

こんな実話がありました。 Aさん「俺さ~ん、スマホが壊れちゃってさ、データ復旧できないかな?」

記事を読む

在庫を持たない

在庫を持つ、在庫を持たない、仕入れの塩梅

某モールからの出店者向けメルマガ。 「売上アップのためには在庫を切らさないようにしましょう。」

記事を読む

仕入れキーワード

仕入先を見つける決定打的キーワード

新しい雑貨を仕入れたくて雑貨屋をうろついて、「これは!」というモノを発見。ただ、店内にお客さんは少な

記事を読む

海外から日本に販売

海外から販売したい?海外からのお問合わせが増加傾向

副業をしたい人は国内外を問わず増えてきたような気がします。ここで言う海外の人は、アメリカ、ドイツ

記事を読む

営業なんて簡単だ

営業なんて簡単だ

メーカー営業マンが挨拶に来る。1回目は名刺と挨拶のみ。2回目は、「この商品見積もり出します。」3回目

記事を読む

no image

フリーランスとして成功するためには?

周りにはフリーランスで活躍している人や目指している人もいます。多少仕事で絡んだことはありますが、全然

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑