*

おてがる通販を使いたいが評判やWindows10で使えるのか気になる

公開日: : 最終更新日:2017/02/14 ネットショップ運営

おてがる通販
「おてがる通販」とは、なつかしいひびきですね。「おてがる通販」はネットショップ専用の受注処理専用のパソコン・ソフトです。過去に何年か使っていたことがありますが、とても使いやすく素晴らしいソフトでした。

なぜやめたかというと、ショップサーブに引っ越したからです。

ショップサーブは、簡単に言うと、「通販サイトの作成」と「受注ソフトが合体した」ウェブサービスです。今までは、ウェブ上に自作ショップを作って、パソコン上で受注処理をしていたわけです。それが、ウェブ上だけで済むようになったからです。

あと、個人的に、ネットショップやHTMLなどは得意なのですが、パソコンの設定やらアップデートやら、その辺のことはちょっと苦手なんですよね。普段はパソコンのシステムをいじることがないですから。

たまに、おてがる通販のプログラムのバグがあったり、アップデートがあると、設定ファイルをダウンロードして、ソフトをアップデートしないといけないんです。年に1回とか2回くらいだと思いますが、これが苦痛になってきたんです。極力パソコンの設定とかは無しでショップ運営をしたいと思うようになりました。

評判を探している人には申し訳ないのですが、個人的には、この程度の感想しかないです。他に、おてがる通販を使っているお店や企業もしらないので、どういった評価がされているかも知らないです。

ウェブサイトを見ると、まだ販売はされているようです。一番安いのが8万円(CSV機能なし)、その次が19万円、LANの環境で複数のPCから使えるタイプが50万円です。

「高っ!?」って思われるかも知れませんが、専門ソフトはこんなもんですよ。200万500万といったPCソフトだってあるんですから、おてがるな価格だと思います。

また、Windows10も対応しているようです。Macは非対応みたいですが。

ちなみに、おてがる通販SEネットワーク(50万円買い取り)と、ショップサーブのモバとくパック(月学約12000円)、金額的にどのような差がでてくるのか比較してみました。

なお、おてがるの場合、購入後3ヶ月はサポートやプログラムのアップデートは無料ですが、それ移行は有料です。確か、年間1万円くらいだったと思います。その金額を一応考慮しています。

損益分岐点
※このグラフは、累計コストの比較です。ショップサーブの費用が毎年増えるわけではありません。

ちょうど4年目が損益分岐点になりそうです。ただし、これはあくまでコストだけの比較です。それぞれのメリットやデメリットの比較は考慮していません。

※トップ画像引用
http://www.otegaru2han.com/system.html




Adsense

関連記事

鉄則1

ネットショップ成功の鉄則その1「まだ誰も切り取っていない専門店」

とても基本的なことですが、2017年に向けて復習を。 成功の鉄則その1・・・専門店化

記事を読む

base

スマートフォンやタブレットでも開業できる

無料レンタルショップで同じみのBASE株式会社がやってくれました。 なんと、すでに、iPhon

記事を読む

客注

客注とは「取り置き」「取り寄せ」「予約」のこと

「上代」という言葉を知らない頃に「上代は○○円だから」なんて聞いて「じょーだい???何それ?」と聞い

記事を読む

仕入れキーワード

仕入先を見つける決定打的キーワード

新しい雑貨を仕入れたくて雑貨屋をうろついて、「これは!」というモノを発見。ただ、店内にお客さんは少な

記事を読む

悪い評価

悪い評価をつけられてイラっとする運営者はリテラシーの低い客と同レベル

「○○急便のドライバー対応が悪かった。★☆☆☆☆」 「連絡が遅い。★☆☆☆☆☆」 「届い

記事を読む

ウェブ接客

「ネットショップは販売業としては欠陥だらけ」ということを意識したほうが良いかも

一見、便利なネット通販ですが、実店舗の販売業と比較すると、実に欠陥だらけということに気づくと思い

記事を読む

楽しくない

リアルのショッピングに比べてネットショッピングが楽しくない5つ理由

ショップサーブを借りてネットショップを開店する。個人的には、もはや常套手段となったネット開店手法。ネ

記事を読む

ハッシュタグとは

ハッシュダグとは

SNSが盛んになっているにもかかわらず、あまり活用していないのもあって「ハッシュタグ」の意味がいまひ

記事を読む

ページ作り

ページ作りが一番大変で一番時間がかかる

出店申し込みをして、お店の体をなすまでの作業も大変ですが、それ以上に大変なのがランディングページなど

記事を読む

読まれるネットショップ

目指すは「読まれる」ネットショップ

健康や運動について特集されている雑誌を見ていて、運動したい気持ちになってきたところで、プーマ(PUM

記事を読む

Adsense

Adsense

呪縛からの開放
無料当たり前という固定観念の呪縛かの開放

ネットショップを開業している人にとっては、当たり前のASP(通販システ

グランプリ受賞
ネットショップ大賞2016グランプリ受賞を逃す

すみません。別にノミネートされていたわけでも、声がかかったわけでも

仕事にやる気は必要か
「仕事にやる気って必要ですか?」って相談と回答を読んでみた

読売ONLINEの発言小町のとあるトピックにヒット。 「仕事

生き延びる裏ワザ
メーカーが生き残るために裏ワザ的に使える便利なWEBサービス

ネットショップでは、メーカー品をメーカーから仕入れて販売しているわけで

コンビニ経営
「セブン-イレブンで年商2億」の広告のLP

関係無くても年商2億と見るとついクリックしてしまった先は、セブンイレブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑