*

自営業は極楽だ!

公開日: : 最終更新日:2014/08/19 日記

はじめよう!プチ起業
(平成15年)

「ん?こんな本買ったっけ?」という本を、見つけてパラパラ。

あまり読んだ記憶のない本ですが、改めてめくってみると共感する箇所多数。

長谷川雅一さんという方の書いた、「プチ起業のススメ」的な本。プチ起業で成功している人の話から、起業の準備や着眼点、ネット通販はもちろん、お掃除代行業やリサイクル業、ギター教室などの具体的な事業の話まで。なかなか楽しめます。

その中の一節が感動もの。

自営業はゴクラクである。なぜならば、自分の仕事の内容や収入を、自分で自由にコントロールできるからだ。自営業なら、自分が望む仕事だけをやることができる。嫌な仕事はやらなくてよい。

自分が望む日に、自分が望むだけの時間、仕事をすることができる。働きたくない日には、働かなくてよい。収入が足りなければ増やせる。稼ぐより遊びたいと思えば、仕事を減らして遊べる。

そんな理想的なライフスタイルが可能だからだ。

ふむふむ。なるほどその通り。

実に感動的です。

ただ、「自分が望む仕事だけをやることができる。嫌な仕事はやらなくてよい。」とは言いますが、実際は、嫌な仕事のほうが儲かることが多いので、多少の「嫌」くらいなら仕事にしてしまいます。個人的には・・・

また、「収入が足りなければ増やせる。稼ぐより遊びたいと思えば、仕事を減らして遊べる。」とは言いますが、仕事を減らして遊ぶのはとっても簡単ですが、「収入が足りなければ増やせる」というのは、そうは簡単にいかないのです(爆)

それができれば苦労しない!

でも、楽しい本です。

元気をもらえます。

そして、今、その極楽自営業の実現に一番近いのは、ネットショップ開業じゃないでしょうか?立ち上げにさほど時間もエネルギーも必要とせず、お金もかからないし、リスクも少ない。ネットショップを始めなさいと言わんばかりの本かな?

Adsense

関連記事

オーディオルーム

起業ネタ レンタル(高級)オーディオルーム

CDが売れなくなったのは、音楽配信などの影響が大きいと思いますが、部屋でゆったり楽を聴くという習

記事を読む

仕事スイッチ

仕事スイッチをいれるための方法を模索

日曜や祝日の夜ともなると、確実に仕事スイッチが入らないんですよね。 軽く調べてみたところ、仕事

記事を読む

no image

浮気して激しく後悔中

ネットショップの本業をしっかりやっておけばいいのに、浮気症のため他の仕事を取ってみました。浮気場所は

記事を読む

Eストアー

ソニーの無配ニュースに考える

3日ほど前のニュースですが、ソニーが無配という。 かっこいいと思って買ったソニーのノートパソコ

記事を読む

ホンキ、ホンキ、ホンキ、モンキー

行動でわかるあなたの本気度

8月も終わり。 嬉しいやら寂しいやら。 8月の成績はいかがでしたでしょうか? 当店

記事を読む

wappy

「ワッピーぬいぐるみ」をもらい損ねる

このブログは、2014年5月にWADAXからレンタルサーバーさくらインターネットに乗り換えました。も

記事を読む

個人法人

個人と法人の違い(ネットショップの場合)

法人と個人事業の違いとか、メリット・デメリットとかは、検索するとたくさん出てくるので省略して、ネット

記事を読む

思考のボトルネックを解除しよう

知っているだけで利益がどんどん増える

知ってると得するし、知らないと損だな、と思うのはよくある話ですが、そのことをうまく表現してくれている

記事を読む

ストリートビュー

ネット販売自宅開業者が嫌がるストリートビュー?

アマゾンに出店している業者で商品(数十万円)を買ったのですが、店名と住所のギャップに一瞬「やられたか

記事を読む

カートボタンの作り方

カートボタン(購入ボタン)の作り方

確かに、ショップサーブのデフォルトのカートボタンはパッとしないですね。「できればオリジナルを作りたい

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
従来型バッグとスーツケース(キャリーバッグ)

「出張時はスーツケース(キャリーバッグ)」が定番化しつつあります。そん

ネットショップ講座名古屋
ネットショップ講座 名古屋

久々のオモシロキーワードです。 「ネットショップ講座 名古屋」

現状維持
恐るべし「現状維持の法則」

打ち合わせでランチに行ったとき、おもしろいメニューがたくさんあって「食

心理学
ネットショップ運営は心理学だ!?

商品をネットに公開するだけで売れていたのは今は昔。マーケティングにセー

ココナラ
副業派必読「得意を売り買いココナラ」はすばらしいキャッチコピーだから「出品してみた感想」

「ネット業界の人」ということが周りに周知されたようで、「こんなコマーシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑