*

ぷらら等プロバイダーの無料HPでのネットショッピングが危険な理由

公開日: : 最終更新日:2015/12/15 ネットショップの作り方, 基礎知識やノウハウ, 起業や開業

自宅やオフィスの固定電話を使ってインターネットサービスを使う場合、必ず、プロバイダーという通信事業者と契約することになります。

So-net、hi-ho、BB.excite、Yahoo!BB、TikiTiki、BIGLOBBE、ぷらら、WAKWAK、@nifty、OCN、DTI、eo光、ODN。そして、タイガースネット.comなど。

恐らく、いずれかの契約かと思います。

そして、プロバイダー契約をすると、ネット通信サービス以外、メールやホームページの無料サービスも受けることができます。

15年くらい昔は、このプロバイダーの無料ホームページ・スペースを使ってネットショッピングを始める人がたくさんいました。当時は、無料サーバーというのがなかったのと、「何でも無料でやるのがイケてる」という風潮があったからです。

その後5、6年経って分かったことは、「そういった無料HPスペースでネットショッピングをやる大変なことになる、あるいは面倒なことになる・・・」ということ。

大変なことと言えば、「せっかく検索に馴染んだと思ったら、プロバイダーが無料HPサービスをやめてしまった」というケース。メジャーなプロバイダーのOCNはすでに「Page ON」というサービスを終了しています。
(http://page-on.ocn.ne.jp/close.html)

サービス終了後は、コンテンツは強制的に削除されます。つまり、手塩にかけて育ててきたお店が強制的に消去されてしまうわけです。無料なんですから、文句は言えませんね。

後は、大変な理由としては、無料HPは容量が非常に少なく、CGIなど使える機能もかなり制限されているので、データが多くなってきたり、機能を拡張しようと思うと、引っ越しか、別に有料でスペースを借りるはめになるから。

無料は魅力ですが「結局高くつく」という典型的な選択ミスのお話でした。

どうしても無料で始めたい場合はBASEを。長くビジネスとしてネットショッピングを運営していきたいなら、ショップサーブ等を、お金を出して借りるのが、賢い選択です。

Adsense

関連記事

リバースモーゲージ

「リバースモーゲージ」金融商品を学ぶ

金融商品は、ネット販売とは関係ないのですが、たまには他業種の商品について学んで見てもよいのではないし

記事を読む

カラーミー

ハンドメイドで単価が安く商品数が少ない場合(50点程度まで?)の開業サービスの選択

ハンドメイドの商品を作っている人。ネット販売ではなく、リアル中心で営業をしている。商品単価は100円

記事を読む

マイナンバー

個人事業主が最強に恐れるマイナンバー制!?

今月からマイナンバー制度の導入でしたか? 縦割り行政の解消に始まり、納税や年金、医療関係の簡素

記事を読む

ストアープロ

ストアークリエーターproを使うにはhtmlの知識が必要か?

はい。もちろんです。 でも、必須ではありません。HTMLの知識がなくてもお店はオープンでき

記事を読む

ジェネレーション

どの世代をターゲットに書くか、売るか

ショップサーブで運営中のお店の商品ページを作るときに、気をつけるべき点は「誰に向けて書くか?」という

記事を読む

横取りマーケティング

スマホサイト横取りマーケティング

すでにスマホ・ショッピング全盛です。楽天やヤフーに出店しているネットショップは、スマホからアクセスし

記事を読む

no image

賢い人の話を聞きたい。脳科学者中野信子氏

脳といえば茂木健一郎氏という印象でしたが、気づけば、最近は中野信子さんという方も人気があるようですね

記事を読む

電話営業

目撃。電話営業がなくならない理由

ネットショップを開店するとすぐに電話が鳴ることがあります。もちろん、お客さんではありません。SEO業

記事を読む

EFO

CVRアップのためのEFO5つのテクニック

EFO(エントリーフォーム最適化)のHTML、CSS等の技術情報。 1.入力フォームの拡大 通常

記事を読む

no image

開業ASPと自作との作業性の劇的な違い

ショップサーブに出店しているお店の、一部の商品ページを編集しようと思って管理画面で作業していました。

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑