*

ポイントの有効期限は長いほうが良いか短いほうが良いか

公開日: : 最終更新日:2016/08/03 ネットショップ運営, マーケティング

某サイトからメールがきて、「まもなく失効するポイントがあります。」とのこと。見ると500ポイントが4日後に切れるではありませか。500ポイント=500円です。500円が消えるとは見逃せないですね。早速、何かを買おうとショッピングサイトを開きました。

という人は多いかも知れないですね。

ポイント期限

当店では、そう頻繁にリピートがあるわけではないので、ポイントの有効期限は長めの24ヶ月に設定しています。というか、もともと、この数字が入っていてそのままにしていたと思います。

ただ、「この有効期限どうよ?」って話です。単価の安い商品、例えば3000円の商品を買った場合、1%のポイントで30円分がつきます。これを2年保有しようが、3ヶ月で失効しようが、リピートしないお客さんにとっては、あまり関係のない話だと思います。

そう考えると、使っても意味のないようなポイントを保有するお客さんは、ポイントを使ったマーケティングの対象からは外しても問題ないでしょう。

では、どういった人を対象にするか。割りと単価が高く4、5万円(買ったお客さんを対象に6ヶ月か1年の有効期限を設定することで、リピート率が高まるのではないかと思ったわけです。そうなると、ポイントのパーセンテージを高くしたほうが効果的かも知れないですね。

5%くらいでどうでしょう。

3000円なら150円
10000円なら500円
50000円なら2500円

できれば、商品毎にポイント率を決めたいですね。

で、ショップサーブの管理画面のポイント運用設定のページへ行くと、ポイントの設定は決済方法別しかない!

と思ったら、商品データのところに「ポイント還元率」ってのがありました。

ポイント戦略

ポイントも戦略的に運用したいですね。

ちなみに、これって、例えば、商品で還元率5%として、決済方法で1%とすると、合計6%ってことになるのでしょうか?

サポートに電話して聞いてみよう。




Adsense

関連記事

ヘロウィーン

秋(10月)の販促キャンペーンを打ちまくろう

H26年の家計調査では、10月の食料支出や家具や家事用品の支出ランキングは6位。ちょうど真ん中なので

記事を読む

6月の戦略

6月の販促キャンペーン戦略

6月生まれの方には大変申し訳ないのですが、6月といえば梅雨。連休もなし。1年の中でイメージの悪さは3

記事を読む

チケット販売

baseを前売りチケットの販売システムとして使う方法

無料ネットショップの代表BASE株式会社。 物品販売だけではありません。各種チケットの販売ツー

記事を読む

アンケート

アンケートに答えたらサービスがよくなった

アンケート(enquête)はフランス語で、英語ではSurvey、questionnaireと言うら

記事を読む

またのご利用

注文キャンセルメール テンプレート

昨日の客としてキャンセルのメールを書くのとは逆で、キャンセルを受理したときのお店側のテンプレート文例

記事を読む

動詞の名詞化

アクションボタンを動詞から名詞に変換する

ショッピングサイトをはじめランディングページにはユーザーにアクションを促すボタンが配置されていま

記事を読む

なブログ終了

「なブログ」サービス終了で独自ドメイン所有の重要性を痛感

ブログでネットショップを作るというコーナーから、ブログサービスの「なブログ」へ移動すると、「サービス

記事を読む

ドロップシッピング

Eストアーフレンドリンクを無理やり半ドロップシッピング式にしてみたら

ドロップシッピングもアフィリも似たようなもの。会員が「ブログ」にリンクを貼り付けるか、「お店形式で出

記事を読む

フローチャート

受注からお届けまでのフローチャート図

ネット販売のごく一般的なお店の受注から発送までのフローチャートを作ってみた。 Google dra

記事を読む

送料無料

「送料無料」・・・無料なのはお客さんだけ(泣)

おもしろランディング・キーワード「ネットショップ 送料無料の送料はどこが払っているのですか?」。昨日

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑