*

マッチングリスク意識と返品保証

公開日: : 最終更新日:2016/07/27 ネットショップ運営, 基礎知識やノウハウ, 売上アップの方法, 販売心理学

マッチングリスク意識は、「これぞ販売テクニックの中の販売テクニック」という心理学の応用です。

マッチングリスク意識とは、簡単に言うと、何か商品を買うときに「失敗したらどうしよう・・・」とか「サイズが合わなかったら・・・」という、あの不安感です。買回り品の検討にはつきものの心理ですね。

そして、この不安感が大きければ大きいほど、お客さんは購入をためらうことになります。Tシャツの販売でSとかMしかサイズ表記がない場合は買いにくいです。(身幅や丈とかキッチリ書いておいてください。)

そこで、販売側は、購入を促進するため、この不安をできるだけ解消するための対策を打つことになります。

その対策のひとつが、よくある返品保証です。

「もし、サイズが合わなかったり、肌触りや着用感など、お気に召さなければ、ご自由に返品することができます。代金は返金致します。」

「そっか、サイズが合わなかったり、気に入らなければ返品できるんだ。じゃ、気にせずに買っちゃおう。」と思わせれば成功です。

素人的には、「そんな保証なんかつけると、返品が増えて儲からないのじゃないの?」と思います。

でも、おもしろいことに、返品する人は、全体の数パーセントなんです。「失敗した。」「サイズミスった!」という人で実際に返品行動に移る人は、ごくごくわずかなんですね。それを逆手にとったテクニックです。

例えば、保証なしなら月平均10点売れていた商品に返品保証をつけてたところ平均20点に増えた。返品は3点。つまり、保証をつけることで7点の売上増を見込めたわけです。(数字はイメージ)

返品不可で販売すると、当たり前のように「返品で」という、規約を全く読んでいないお客さんが現れます。

そんな時に、「返品は不可って書いてるでしょ!ちゃんと読みなさいよ!」と返答するめんどうくさい対応や「返品不可」と言ってもゴネてくる半クレーマーなどの対応コストを考えると、返品保証を通常のルールとして取り入れて、事務的に処理した方が、結果的に儲かってしまうわけです。

ただ、1万円未満の、単価の安い商品を扱っていると、わりとすんなり、こういったテクニックを応用できますが、高額なものになると、なかなか踏み切れないですね。

ま、そこは店主が、マッチングリスク意識を応用してまでも売上を上げたいのか、あるいは、そんなテクニックはなしで、普通に商売をしたいのか。二者択一になるのではないでしょうか。

Adsense

関連記事

商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べて、訪問者数は少なくなります。

記事を読む

CRM

顧客管理にはいろいろあるけれどネットショップのCRMは?

ひとことに顧客管理(CRM)と言っても、その意味はさまざまなんですよね。例えば、売上だけ見てあれ

記事を読む

ネットバンキング

ネットバンキングが使いやすい銀行と使いにくい銀行

「あほか。」と言いたくなるダイレクトバンキングのシステムってありますよね。セキュリティーを高めるのと

記事を読む

契約書

卸をする場合の契約書はいるのか?

「これまで小売のネットショップをやってきたが、オリジナル商品を作ったり輸入したので卸したい。」

記事を読む

送料を含めた価格

販売価格に配送料を含めた金額にしたい

送料について、注文のしやすさ、つまり、顧客心理の観点から普通に考えると、次のような順位付けになるので

記事を読む

no image

オリジナル商品の価格の決め方5つのポイント

メーカーが希望小売価格を決めている場合は、それを元に販売価格を決められますが、オリジナル商品となると

記事を読む

SSL

ネットショップ運営者の基礎知識(SSL)

HETEMLさんから「旧仕様の共用SSL提供終了について」というお知らせが来ていました。HETEML

記事を読む

ハンコ作ろう

個人事業主でも専用ハンコは作ったほうが良い

書類を整理してたら、こんなのが出てきました。 社名が入っているので、ぼかしましましたが

記事を読む

指定日

宅配便の荷物が届かない!遅れた!誰の責任?

結論:基本的に、誰の責任でもありません。 それを、「荷物が届かないのは宅配会社の責任だ!」と言

記事を読む

有名ショップ

日本で有名なネットショップ

日本のネット事情を知らない海外在住の人にしてみると、どんなお店が有名なのか気になるのでしょうか。この

記事を読む

Adsense

Adsense

プレスリリース
なぜ、このプレスリリースはそこまで難解なのか

ショップサーブで本店ネットショップを運営しているじゃないですか。たまに

AIDMAの法則
消費者の購買決定プロセスAIDMAの法則の例

消費者が商品を購入するまでの心理を5つのステップに分けたのがAIDMA

顧客ランクは3つで良い
顧客ランクって3つくらいでいいんじゃないの?

ショップサーブの顧客ランク設定を見て思ったんですが、ランク無し

シェアの逆転
シェアの逆転

今、ネットショップ運営者にとってブラウザと言えば、Chromeが定番じ

タイムマネジメント
今こそ、受験生から副業希望のビジネスマン、OLまでタイムマネジメントを

前回の記事「副業で成功する人はKPIを使っているのかもしれない

→もっと見る

PAGE TOP ↑