*

2015年偉くなる人、やばくなる人(プレジデント)

公開日: : 最終更新日:2016/08/18 基礎知識やノウハウ, 日記

プレジデント2.16号の立ち読み。おおむねサラリーマンを意識した内容です。「偉くなる人」は「勝ち組」の、「やばくなる人」は「負け組」の言い換えですかね。ほとんどタヒ語ですから、さすがは編集部。

さて、個人的に注目したのは、好きな経営コンサルタントの一人「大前研一」氏の記事。

と言っても、大昔に企業参謀 (講談社文庫)を読もうと買ったものの難しすぎて挫折。その後、何冊かは読んだと思いますが、あまり記憶なし。でも、なぜかお気に入りのコンサル。今回は、たまたまPRESIDENTの記事。

記憶を頼りに要約。

日本は人手不足とは言うけど、そんなことはない。企業の【間接業務】にあたっている人間は余っている。社長のメッセージを部下に伝えるだけの仕事しかしていないような人たち。また、ホテル業を例に取れば、星野リゾートのように、従業員の【マルチタスク】が基本の業務体系を取り入れれば、ホテルの人員は半分で済む。

そして、秀逸なアイデアだと思ったのは、【ラストワンマイル】の物流について。

牛乳配達に始まり、ひとつの家庭にに出入りする多種多様な業種の配達人たち。入れ替わり立ち代り配達するのは無駄である。地域に、一括して配送する協同組合(事業)のようなものを作れば良い。

なるほど。確かに。新聞や郵便の受け取りは必要ないけど、月末ともなると集金のおばさんがやってきたと思えば、クロネコヤマトがAmazonの商品を届けてくれる。さぁ晩御飯を食べようと思うと今度は佐川急便。そしてゆうパックに福山通運。トドメは隣の奥さんのおすそ分け。などなど。1回で持ってきてもらえるとありがたいですね。

「夫宛に送られてくる大量のお中元やお歳暮、その他の贈答品の受け取り対応にうんざり。」それがストレスでディヴォースした芸能人もいたような。

Adsense

関連記事

会社DM

株式会社を作るとアメックスからDMが届く

「株式会社を作ったらアメックスからダイレクトメールが届いた。」 へぇ~ それは聞いたこと

記事を読む

せどり

古本屋でせどりの仕入れ?

近くの古本市場に本を探しに。久々にやってきましたが、漫画本の専有面積が増えて小説やビジネス書などのコ

記事を読む

no image

銀行に関して不思議なことが2つ

毎月25日に見る銀行ATMコーナーでの行列。 1つ目の不思議です。 もちろん、どういった

記事を読む

預金調査

三菱東京UFJ銀行 官公庁の預金調査

個人事業の1年の締めも近いですね。 この手のキーワードは昔からけっこう訪問があります。皆さん考

記事を読む

うなる

優れたキャッチコピーにうなる

ランディングページを作る必要があって調べ物をしていたら、すばらしいキャッチコピーに出会ったので紹介し

記事を読む

アヒルの写真

WADAX、Movable Typeとお別れ。乗り換え引っ越し日記

HETEMLから「【重要】Movable Type の利用に関する注意喚起」というメールが来たのをき

記事を読む

スマホだけでネットショップ

スマホだけでネットショップ運営

「当日は、このメールをプリントしてお持ち下さい。」なんてありますよね。 スマホ画面を見せれば済

記事を読む

生き残り

WEB制作業が生き残る方法はあるのか

今から15年前の2000年あたりでしょうか。HP制作業が一番儲かった時期は。その後、「猫も杓子もホー

記事を読む

plala

ぷらら等プロバイダーの無料HPでのネットショッピングが危険な理由

自宅やオフィスの固定電話を使ってインターネットサービスを使う場合、必ず、プロバイダーという通信事業者

記事を読む

リバースモーゲージ

「リバースモーゲージ」金融商品を学ぶ

金融商品は、ネット販売とは関係ないのですが、たまには他業種の商品について学んで見てもよいのではないし

記事を読む

Adsense

Adsense

プレスリリース
なぜ、このプレスリリースはそこまで難解なのか

ショップサーブで本店ネットショップを運営しているじゃないですか。たまに

AIDMAの法則
消費者の購買決定プロセスAIDMAの法則の例

消費者が商品を購入するまでの心理を5つのステップに分けたのがAIDMA

顧客ランクは3つで良い
顧客ランクって3つくらいでいいんじゃないの?

ショップサーブの顧客ランク設定を見て思ったんですが、ランク無し

シェアの逆転
シェアの逆転

今、ネットショップ運営者にとってブラウザと言えば、Chromeが定番じ

タイムマネジメント
今こそ、受験生から副業希望のビジネスマン、OLまでタイムマネジメントを

前回の記事「副業で成功する人はKPIを使っているのかもしれない

→もっと見る

PAGE TOP ↑