*

レンタルサーバーの時代はもう終わった

レンタルサーバーを借りてネットショップを作ったりホームページを作ったりしたい人が、2004年に100人いたとしたら、今は10人くらいです。そういった使い方での需要は10年前の10分の1になってしまいました。今後も減り続けます。

今は、ネットショップはアプリで始めるし、ホームページも、Wixやグーペなどの無料サービスを使うのが当たり前になりました。「レンタルサーバーを使う」という選択は、10年前の考え方です。

もちろん、昔ながらのやリ方で作ってもいいと思います。趣味なら・・・。でも、もし、何か実益を目的にしている場合は、古いやり方では目的達成までの道のりが遠く険しいものになってしまいます。特に、技術面の知識やスキルが相当要求されるからです。

ちなみに、このサイトもレンタルサーバーさくらインターネットで運用しています。開始は2005年です。まだ、レンタルサーバーに勢いがあった時代ですね。

さくらインターネットの月額500円プランを使っています。2000年頃なら、月額500円サーバーなんて、安かろう悪かろうでした。重い、遅い、繋がらないの三拍子です。でも、今は、むしろ500円なんて全く標準価格です。軽い、早い、バンバン繋がる、です。サーバー業者も改善を重ねたきたんでしょうね。

これから、中小のレンタルサーバー業者は大変じゃないですかね。2000年頃にで専用サーバーを借りて、レンタルサーバー業を始めてみたものの失敗して逆によかったかもしれません。もし続けていたら、解約の嵐や顧客流出防止のために値下げやあれこれ対策など、今頃かなりしんどいかもしれません。

CPI

これはレンタルサーバーCPIを申し込んだ時に郵送されてきたものです。昔は、サーバーを契約すると書面が送られてくることも多かったです。今、そんなアナログなことをしている業者はかなり少ないですね。




Adsense

関連記事

絵画像

yahooショッピング商品説明絵に入れたい

同じ検索ワードが日本と中国から!そんなこともあるんですね~ さて、この検索ワードですがユーザー

記事を読む

SSL

ネットショップ運営者の基礎知識(SSL)

HETEMLさんから「旧仕様の共用SSL提供終了について」というお知らせが来ていました。HETEML

記事を読む

トップセラー

最大の悩みは集客。それを解決する方法はこれ。

このネタを公開して良いものか・・・ 読んでわかる方のみご活用くださいw 新規参入ネットシ

記事を読む

事業用口座

ネットバンクで事業用口座は作れる?

作れますよ~。手っ取り早いのは楽天銀行ですね。屋号の口座が作れる数少ないネットバンクのひとつです(ソ

記事を読む

iPhoneのChromeでスマホサイトへリダイレクトされない

ショップサーブで出しているお店のスマホページのURLを直接コピペして開こうとすると、なぜかPCページ

記事を読む

開業7

ネット販売開始時に押さえておきたい7つのツールやサービス

ネット販売業は自営業というよりは自由業に近いですね。小説家や漫画家、脚本家や翻訳家など、時間的場所的

記事を読む

CSSでレイアウト

ショップページをCSSでレイアウトするコツ

TABLEに慣れてるるので、レイアウトもついついTABLEを使ってしまいます。でも、そろそろCSSで

記事を読む

アプリ開発

CGIやPHPアプリ開発前に依頼者が理解、習得しておくべきこと

ネットショップ開業と同じく、一発当てられる可能性を秘めているスマホアプリ、CGIやPHPアプ

記事を読む

ルナスケープ

Lunascape(ルナスケープ)

Lunascape(ルナスケープ)とは、Chromeやインターネット・エクスプローラーなどと同じ、イ

記事を読む

たたりなし

CMS・・触らぬ神に祟りなし

「触らぬ神に祟(たたり)なし」とは、『かかわり合いさえしなければ、余計な災いを受けることもない。』の

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑