*

要件がある場合は留守電に入れましょう

公開日: : 最終更新日:2017/04/12 ネットビジネス, 基礎知識やノウハウ

電話
最近は電話を使わない人のほうが多くなりましたね。

先方:電話かけてきましたが運転中です。
こちら:着信を見てSAでかけ直しましたが、先方は通話中です。
先方:着信をみて、またかけてきましたが、移動開始しています。
こちら:高速降りてコンビニでかけ直しますが、留守電なので切りました。
先方:着信を見てかけ直してきましたが、また運転中です。
こちら:もう、あきらめました・・・その後着信なし。
先方:翌日にかけてきて、あっさり出ることができました。

(急ぎやないんか~い!)

あるあるじゃないでしょうか。

この電話の無駄の多さは非効率の極みですね。

「要件あるならメールで送れば確実なのに。」

と思う人が、今では大多数でしょう。

で結局、要件は、「FAX送りましたが届きましたか?」とかね。

「営業マンじゃないんでブルートゥースのハンズフリーのアレなんか持ってません。そんなことでいちいち電話されたら、たまったものじゃない。」と考えている人が多いことは、一応知っておいたほうが良いと思いますよ。

話はそれますが、日本を代表するネット企業から自宅に着信がありました。大した用事じゃないと思うんですが、留守電に「ガチャ」っと。全然気にならないですが、外注か何か知りませんが、せめて留守電は入れて欲しいものです。印象悪くなりますよ。ま、留守電入れずに切ること多いので人のことは言えませんが。

最近、知らない番号から、やたら着信があるんですが、留守電なしです。また、SEOだの集客だの、営業電話だと思ってかけ直さなかったんですが、あまりに頻度にかけてくるので番号検索したら申し込みをした企業からでした。

今は、知らない番号からの着信はいちいち出ないのが普通ですから。そーいう社会事情を考慮して、それなりに重要な要件のときは、留守電入れてよね^^。かけ直すからさ。



Adsense

関連記事

メールマガジン

山口さんのメルマガまとめ読み

山口拓朗さんという方のメルマガを購読中。と言っても、ほとんど読めてないのですが、たまに、まとめ読みを

記事を読む

アンケート

アンケートに答えたらサービスがよくなった

アンケート(enquête)はフランス語で、英語ではSurvey、questionnaireと言うら

記事を読む

年収

年商30億企業の社長の年収

「社長 年商30億 年収」というキーワードでご訪問者。 自分でビジネスをやっていなけれ

記事を読む

家電仕入れ

家電仕入れ、家電販売のブレイクスルー?

家電を買のは量販店かカカクコムなどを使ったネットショッピング。そんな家電の買い方が定着しつつあるご時

記事を読む

no image

在庫を切らさないようにするには?

言い換えると「欠品を起こさない方法」。「在庫があったら売れるたのに・・・」という「売り逃し」のことを

記事を読む

裏側

クラウドワークス仕事募集の裏側

昨日からの続きです。 使ってみるとわからなかったことが、いろいろわかってきました。 報酬

記事を読む

no image

プロレビュアーの是非と収入の推測

ブログを書くことを職業にしている人のことをブロガーと言い、ブログのアフィリ収入をメインにしている人を

記事を読む

no image

FREEE

時間にお金以上の価値があると気づくようになると、仕事効率化や時短に繋がるツールを見つけるとテンション

記事を読む

関係

ネットショップと店長ブログの関係は?

「ネットショップと店長ブログの関係は?」と、なかなか難しい質問。 とても親密です・・・

記事を読む

ウェブ接客

「ネットショップは販売業としては欠陥だらけ」ということを意識したほうが良いかも

一見、便利なネット通販ですが、実店舗の販売業と比較すると、実に欠陥だらけということに気づくと思い

記事を読む

Adsense

Adsense

メルマガ編
ネットショップ運営は戦術フルコースで(メルマガまだまだ効果あり編)

ネットショップ開業しました。商品並べました。はいおしまい。

栄枯盛衰
ネットショップも栄枯盛衰

オヤジ化してしまったのか、まれに人の話についていけないことがあります。

クーポン乱発で客単価UP
楽天アマゾンに学べ!クーポン乱発で客単価をアップさせよう

よほどのことがない限り使わない大好きな楽天お買い物中、ある異変に気

税理士
個人事業主が税理士使うと得する売上の分岐点は?

まもなく確定申告の時期ですね。「こんなに楽だったとは・・・そんなことな

副業で貸し会議室
副業で貸し会議室ビジネスがアツいらしいけど収益シミュレーションしてみた。

「副業で何か始めたいよなぁ~」と思っている人も多いようですが、ネッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑