*

「ネットショップ開業ホームページ制作」は120%間違いです

公開日: : 最終更新日:2017/05/05 ネットショップの作り方, 起業や開業

「ネットショップを開業しよう。」

「ネットショップを開業したい。」

「ということは、ホームページ制作?」

この思考回路は、この2017年においては100%間違っていることをお伝えしたいと思います。

インターネットが日本の一般家庭に普及しはじめたのは1996年です。その後、2000年くらいまでは、ホームページを作らないと、ネットにモノを公開できない時代でした。

でも、2000年以降は、モノを販売したい人のための、便利な通販システムという、ウェブアプリケーションが台頭してきました。

このウェブアプリケーションは、ホームページの大枠を、すでにネット上に構築していて、そこに、販売したいモノの情報だけを追加することで、ネットショップができるという仕組みです。

そんな状況でも、ネットの「何でも無料文化」は最盛期で、システムを有料で借りてまで、「ネット販売をするのは邪道でしょう。」という雰囲気でした。

しかし、その感覚は、一般庶民的で、先見性のある人達は、有料でも合理的なシステムを借りることで、「ネットから売り上げを作る」という目的を、すばやく達成できることに気づきました。

そういった先陣郡の活躍が最高潮に達する頃に、ようやく、一般ユーザーが、「実は、合理的なシステムが、かしこい選択だ。」ということに気づき始めました。

そこからは早かったですね。猫も杓子もネット通販というビッグウェーブがやってくるのが2005年前後です。「ホームページを制作する」という選択はなく、どこのネット通販システムを選ぶか、ということが話題の中心になりました。

その流れは今も健在で、安いところでは、カラー・ミーショップ・プロから、プロ仕様のショップサーブまで、目的に合わせて、どこを選ぶかというのが焦点になっています。

Adsense

関連記事

仕入れキーワード

仕入先を見つける決定打的キーワード

新しい雑貨を仕入れたくて雑貨屋をうろついて、「これは!」というモノを発見。ただ、店内にお客さんは少な

記事を読む

アンドロイド

アンドロイドではショッピングサイトを製作しない

スマホしか持っていない人は、ショッピングサイトの仕組みを知らないかも知れないですね。

記事を読む

アイデアはすぐドメイン

新しいアイデアはすぐにドメインを取る

「こんなサイトをやるとウケるかな?」というアイデアが浮かんだので、とりあえずムームードメイン(mum

記事を読む

わからない

ヤフーショップの構築方法がわからない

「ヤフーに出店したけど構築方法がわからない。」という人が激増中です。 出店審査にパスす

記事を読む

サラリーマン節税

サラリーマンが副業で天引きされた税金を返還してもらう仕組み

友人のサラリーマンで、けっこうヒマがある人いるんですよね。でも、金がない。「週に1、2時間でも副業す

記事を読む

提案営業

やめてよかったウェブ制作ビジネス

無料のホームページ作成サービス(ASP)の台頭や需要の減少、制作単価もどんどん下がっているウェブ制作

記事を読む

no image

ロート製薬の副業解禁

ロート製薬が副業(兼業)を解禁するそうです(勤続3年以上の国内正社員という条件)。関連記事を読むと、

記事を読む

居酒屋

居酒屋開業とネットショップ開業を比較してみた

「居酒屋を始めたい!」という場合2つ方法がありそうです。 (A)自分が料理人になる(料理のプロ

記事を読む

海外在住日本人は

海外在住の日本人はネット直売と卸や輸出の検討もしてみては?

海外赴任の奥様として現地で生活していても、副業を考えるのは、こちらもあちらも同じ?とか。この

記事を読む

売れない

ショップサーブは売れない?いいえ。それは違います。

「ショップサーブで出店しても売れないのではないか?」と疑問に思っているあなた。 その質問自体が

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑