*

「ネットショップ開業ホームページ制作」は120%間違いです

公開日: : 最終更新日:2017/05/05 ネットショップの作り方, 起業や開業

「ネットショップを開業しよう。」

「ネットショップを開業したい。」

「ということは、ホームページ制作?」

この思考回路は、この2017年においては100%間違っていることをお伝えしたいと思います。

インターネットが日本の一般家庭に普及しはじめたのは1996年です。その後、2000年くらいまでは、ホームページを作らないと、ネットにモノを公開できない時代でした。

でも、2000年以降は、モノを販売したい人のための、便利な通販システムという、ウェブアプリケーションが台頭してきました。

このウェブアプリケーションは、ホームページの大枠を、すでにネット上に構築していて、そこに、販売したいモノの情報だけを追加することで、ネットショップができるという仕組みです。

そんな状況でも、ネットの「何でも無料文化」は最盛期で、システムを有料で借りてまで、「ネット販売をするのは邪道でしょう。」という雰囲気でした。

しかし、その感覚は、一般庶民的で、先見性のある人達は、有料でも合理的なシステムを借りることで、「ネットから売り上げを作る」という目的を、すばやく達成できることに気づきました。

そういった先陣郡の活躍が最高潮に達する頃に、ようやく、一般ユーザーが、「実は、合理的なシステムが、かしこい選択だ。」ということに気づき始めました。

そこからは早かったですね。猫も杓子もネット通販というビッグウェーブがやってくるのが2005年前後です。「ホームページを制作する」という選択はなく、どこのネット通販システムを選ぶか、ということが話題の中心になりました。

その流れは今も健在で、安いところでは、カラー・ミーショップ・プロから、プロ仕様のショップサーブまで、目的に合わせて、どこを選ぶかというのが焦点になっています。

Adsense

関連記事

onlinestore

How to create an online store

「ネットショップってどうやって作るの?」という疑問は、日本に限らず、アメリカ、イギリス、ドイツ、フラ

記事を読む

ジェネレーション

どの世代をターゲットに書くか、売るか

ショップサーブで運営中のお店の商品ページを作るときに、気をつけるべき点は「誰に向けて書くか?」という

記事を読む

横取りマーケティング

スマホサイト横取りマーケティング

すでにスマホ・ショッピング全盛です。楽天やヤフーに出店しているネットショップは、スマホからアクセスし

記事を読む

マレーシア移住

マレーシアに移住するには

マレーシアに移住たいという人と一期一会的に。 その考えはなかったですね~ マレー

記事を読む

LPOの復習

ウェブ担当者は効果的なランディングページが作れること

ランディングページを作るのは、ほんと難しいですね(泣)。 もう、効果的なランディングページを作

記事を読む

EC CUBEはバージョン2.13がオススメ

過去にインストールして試してみたCMSは数知れず。Movable Typeに始まり、XOOPS、Dr

記事を読む

マイナンバー

個人事業主が最強に恐れるマイナンバー制!?

今月からマイナンバー制度の導入でしたか? 縦割り行政の解消に始まり、納税や年金、医療関係の簡素

記事を読む

閉店

あまりに残念な売上げ・・・閉店か移転かプラン変更か

ショップサーブのライトコースで出店しているお店さんの生々しい台所事情。 年商13万円、

記事を読む

welcart

ブログでネットショップ構築

wordressのショッピングサイト・プラグイン「welcart」。 WPのサクサク感は心地よ

記事を読む

売れない

ショップサーブは売れない?いいえ。それは違います。

「ショップサーブで出店しても売れないのではないか?」と疑問に思っているあなた。 その質問自体が

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
従来型バッグとスーツケース(キャリーバッグ)

「出張時はスーツケース(キャリーバッグ)」が定番化しつつあります。そん

ネットショップ講座名古屋
ネットショップ講座 名古屋

久々のオモシロキーワードです。 「ネットショップ講座 名古屋」

現状維持
恐るべし「現状維持の法則」

打ち合わせでランチに行ったとき、おもしろいメニューがたくさんあって「食

心理学
ネットショップ運営は心理学だ!?

商品をネットに公開するだけで売れていたのは今は昔。マーケティングにセー

ココナラ
副業派必読「得意を売り買いココナラ」はすばらしいキャッチコピーだから「出品してみた感想」

「ネット業界の人」ということが周りに周知されたようで、「こんなコマーシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑