*

月商10万円でも利益が出せる仕組みが作れたら大成功!

公開日: : 最終更新日:2017/02/24 ネットショップ運営, ネットビジネス, 起業や開業

月商100万とか、月商1000万とかが、単に成功だとは思えないんですよね。一般的には、「成功」とされているのはわかりますが、正直、今どき、月商1000万て、なかなか大変ですよ。確率で言えば、それこそ1000分の1とかじゃないですかね。

それよりも、月商5万でも10万でも、利益を出せる仕組みができたら、「運営にかける時間をいかに少なくするか」という点に集中して効率的に稼げるようになれば、それも成功パターンのひとつではないかと思います。

以前、月に1件注文が入るか入らないかというような残念な商材(D)を販売していたのですが、Dは、マニアックなんです。欲しいと思う人、つまり、市場のニーズは限りなくゼロに近いわけです。そんなものを一般の人に売りつけるのは至難の業です。それこそ、詐欺的なやり方でないと売れないような商材です。

だから、そこは、Dに時間はかけず、ほったらかしで月に1件注文が入ればOKとするわけです。注文が入ったときに処理するだけ。それ以上、市場を広げようと思わない。運営にも時間をかけない。そもそも、ゴルフに興味のある人にスキューバダイビングを勧めるって無理がありすぎですから。ひとつの商材に見切りをつけたら、次に行く。リアルの店舗販売ではできない、ネット販売ならではのやり方だと思います。

というわけで、運営にかける時間を究極まで縮めて、ネット販売を金融商品的に捉えるのもアリではないでしょうか。普段はサラリーマンやOLで、運営にかける時間は週に1時間程度。それでもって月の利益は2万円。十分成功と言えると思います。時給2万円ですからね。「がんばても売れないモノは売れない。」と割り切る判断が難しいところですが、見つけたらラッキーですね。そんな考えもあっても良いと思いますが。


Adsense

関連記事

no image

残された時間は少ない!?急げ!個人事業でネットショップ開業

来年度から、決算書や確定申告へのマイナンバーの記入が義務付けされるようです。 マイナンバーのメ

記事を読む

苦労すること

ショップ運営で一番苦労していること

ショップ運営で一番苦労していることと言えば、ずばり「売上げ」です。もっと売上たいのに、「思うように注

記事を読む

自販機的メーカー

自販機的メーカー

自販機メーカーじゃないですよ。 「自販機的」です。 自販機に対して、いくらお金をつぎ込も

記事を読む

シンメトリー効果

デザインはシンメトリー効果を意識する

シンメトリーとは左右対称や上下左右でつり合っていること。ホームページのレイアウトが崩れていると「この

記事を読む

売れない理由

売れない理由って単純じゃない?4つくらい?

売れない理由って、実は、単純じゃないのかな?とない頭で考えてみました。 売れない理由は全部で4

記事を読む

女性自信を持って

女性はもっと自信を持ってみては?

総合職(管理職など出世あり、転勤もありうるコース)とか一般職(出世はないけど転勤などはない)とか、大

記事を読む

せどり

せどり業者にも特定商取引の表記が必要に?

amazonの古本はよく利用します。大半がせどりだとは思いますが、せどりでビジネスを成り立たせるには

記事を読む

売れない対策

「ショップサーブ売れない」と嘆く前にやるべき3つの対策

ショップサーブは、本格的なネットショッピングサイトを作るには優れたツールだと思います。いろいろな機能

記事を読む

税理士

個人事業主が税理士使うと得する売上の分岐点は?

まもなく確定申告の時期ですね。「こんなに楽だったとは・・・そんなことならもっと早く頼めばよかった・・

記事を読む

失敗

またもリアル店舗のネット情報で失敗

スマホで検索して、☆の数や好意的なレビューを見て、「少なくとも失敗はない」と思って入ってみたけど、ひ

記事を読む

Adsense

Adsense

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

読みたくなる
つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい

→もっと見る

PAGE TOP ↑