*

企業の通販部門は急がば回らない。その道のプロを頼ってショートカットを。

公開日: : 最終更新日:2017/12/10 ショップサーブ, ネットビジネス, マーケティング

趣味で習い事をしている人も多いと思いますが、何かを始めるときに「その道のプロや先生から学ぶ」というのはよくあります。「習う」と言えば、そもそも小学校のときから先生から習っているわけですから、ほとんどの日本人はこのスタイルに慣れているはずです。

ところが、ネットショップの開店となると、「自力でなんとかしよう」と思ってしまう人がまだまだ多いです。そのこと自体は悪いことではないですが、なんでもっと楽をしようと思わないのかしら?って思います。

20年前にネットショップを始める場合、教えてくれる人がいなかったので独学が基本でしたが、今は、10年、20年前にネットショップを始めてノウハウを蓄積して教えてくれる先生や企業があるのに、なぜそーいうところから学ぼうと思わないのかちょっと不思議です。

個人で始める場合は、独学で進めるのも楽しみのひとつですが、これが企業の担当者となると話は違ってきます。予算や期限など無制限に与えられるわけではないので結果を出さないことには、仕事をしたことにはならないのではないでしょうか。

短期間で結果を出すには、プロに習ったり、頼れるところはプロに頼ったりするのが基本的なやり方でしょう。

例えば、マーケティングに関して。ネットショップに限らず、美容室やエステサロンなど、「ネットを活用した集客をしたい。」と思った場合、ちょっとITが得意なオーナーなら、関連の書籍やネット情報で勉強してそれなりの事はできますが、しょせん初心者レベルです。

広告を出して、その結果を吟味して改善していく。いわゆる、PDCAサイクルで業務を進めるに至る人はほとんどいないです。PDCAはPlan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって業務を継続的に改善するフレームワークです。

プロはこの辺をしっかり実践して、最少コストで最大のパフォーマンスを出せるよう日々切磋琢磨しています。本業が美容師の人が、広告のプロに勝てるわけがないんですよね。だから、美容師ならその本業に集中してネット広告はプロに頼む。これが近道ですね。

なぜか話が美容師にずれてしまっけど、企業のネットショップの話でした(笑)

「楽天に出店していて、(一応)本店サイトも持っている。しかし、本店サイトは放置状態。なんとか本店サイトも活用したい。」こんな企業さんもたくさんいるんですよね。

極端な言い方をすると、楽天は集客力があるから出店するだけで商品は売れるわけですが、本店サイトは、ノウハウを持っていしっかり運営していかないと1円にもなりません。それを楽天運営のノウハウだけを持って本店を動かそうと思っても無理な話なんです。

そこは本店運営ノウハウを豊富に持っているマーケティングのプロであるEストアーなどを頼れば、ショップの構築から集客まで面倒を見てくれます。業種や商材にもよりますが、仮死状態の本店サイトを見事に繁盛店に導いてくれることも多々あります。最近はリスティング広告の運用やFACEBOOK広告の運用で実績をあげています。



Adsense

関連記事

提案営業

やめてよかったウェブ制作ビジネス

無料のホームページ作成サービス(ASP)の台頭や需要の減少、制作単価もどんどん下がっているウェブ制作

記事を読む

フレームワーク

ターゲットを考える場合のフレームワーク(オリジナル)

新商品が出るたびにターゲット(誰に売る?)を考えます。その時の指針にするチェックリストのようなものを

記事を読む

繁盛店になるにはセミナー

Eストアーの無料セミナー「繁盛店を目指すには」に参加してみた

慢心とは、「心の中で自分のことを自慢すること。おごり高ぶる心。」という意味です。自慢する気持

記事を読む

ショッピングカート

現役店長オススメのショッピングカート

見えなくて怖いこと。幽霊ではなくカゴ落ち・・・ 「せっかくお客さんが商品をカートに入れたの、そ

記事を読む

no image

全部の商品ページに同じパーツを表示せる方法

ショップサーブのような開業サービスを使うメリットは、何かと「一括」処理ができる点です。例えば、商品ペ

記事を読む

DIME

週末副業で稼ぐ108の方法

今回はDIME誌。「ネット」「稼ぐ」「副業」「収入」というキーワードは女性の次に目が行くポイント。つ

記事を読む

no image

文章検索増加傾向

もっぱらパソコン検索なので、「オーケーGoogle」を使ったことがないのでわかりませんが、文章での検

記事を読む

動画の時代

ショップう運営者のスキル・・・その8

ここ数年は動画の流れがきてますよね。幸い、動画にして活きてくるような商品を扱っていないので、動画関係

記事を読む

ラインギフト

乗っ取り!?LINEに「緊急のお願い」メッセージ

LINEに「緊急のお願い」メッセージ ポキポキっとLINEメッセージ。 開くと「緊急のお

記事を読む

no image

リンダ問題をりさ子問題に書き換えてみた

たまに心理学について調べてみると面白いです。今回のは、販売心理学というわけではないですが、普段から、

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑