*

ネットショップSNSで集客

公開日: : 最終更新日:2016/07/14 ネットショップ運営, ネットビジネス

訪問キーワード。

ショップサーブでも、Facebookページを自動更新できるEストアーコネクト(月額1850円ほど)というオプションサービスがあります。使ってませんし、使ってるお店さんをあまり見たことがないですね。

FACEBOOKはプライベート利用なので、ネット系のお店の情報が出てきたら削除するし、そういった情報をシェアするような人は、その都度非表示にしているので、結果的に見なくなったのもあります。本来は、もっとネットショップを盛り上げるためにも、FACEBOOKを活用すれば良いと思いますが、まったく気が進まないんですよね~


逆に、リアル店舗の情報は、つい見てしまいます。外観や店内の写真などが挙げられていると、「近くなら行ってみようかな。」と思ったりします。広告っぽい投稿は削除しますが、日々の普通の投稿はあまり宣伝臭さを感じないも理由かも知れません。

というわけで、完全に主観ですが、たいていのネットショップではSNSを使った集客には力を入れていないような印象ですね。友達を中心に自分のネットショップを売り込みまくったら、友達なくすかも知れないです。怖い怖い。

ネットショップの集客も時代とともに変化してきていますので、「ネットショップ立ち上げました。ガツンと集客したいです。」と言ったところで、「無理です。」という回答が返ってきそうです。

ネット上には、たくさんの販売チャンネル(サービス)があるので、それらを一通り網羅して、「もっとも相性のよいチャンネルから販路を広げていく」というのもアリだと思います。

販売チャンネルとは、例えば、ショップサーブもひとつですし、楽天やヤフー、ヤフオクやメルカリ、ミンネやその他ですね。

最近メルカリをよくチェックするんですが、ガンガン売ってる業者もあるし、「仕入価格以下!」で販売していて、仕入に使えそうな販売者などもあります。

Adsense

関連記事

裏ワザ・裏事情

裏ワザ?ネットショップのお仕事裏の事情

海外から商品が入ってくる以前に、その商品を海外で見つけるというステップがあります。海外にも色んな商品

記事を読む

提案営業

やめてよかったウェブ制作ビジネス

無料のホームページ作成サービス(ASP)の台頭や需要の減少、制作単価もどんどん下がっているウェブ制作

記事を読む

no image

プロレビュアーの是非と収入の推測

ブログを書くことを職業にしている人のことをブロガーと言い、ブログのアフィリ収入をメインにしている人を

記事を読む

ペイパル

外注したらPaypal払いだったので使ってみた

自分でやれば10時間はかかるような作業を外注してみました。金額は1万円ほど。プロなので、自分でやるよ

記事を読む

サイト廃止も想定してサーバーを選ぶ

「ネットショップ向け写真撮影の代行をやっています。よろしければご紹介ください。」的なメールをたまたま

記事を読む

パソコン操作スキルどこまで必要か?

ネットショップをやるうえでパソコンはどの程度使えたらいいのか? お店運営では、パソコン上でいろ

記事を読む

6月の戦略

6月の販促キャンペーン戦略

6月生まれの方には大変申し訳ないのですが、6月といえば梅雨。連休もなし。1年の中でイメージの悪さは3

記事を読む

なりすましサイトに注意!

お客様に、なりすましサイトや偽サイトについて注意喚起する

先日、ネットで買い物をしていたら、「成りすましサイトにご注意ください。」と大きく表示しているネットシ

記事を読む

no image

便利屋のネーミング

「便利屋 ネーミング」というキーワードがあったので、「よし、考案しましょう。」で、まず最初に思い浮か

記事を読む

クリックされやすいバナー

クリックされやすいバナー作成3つのポイント

バナーを作った後にバナーの作り方のポイントを見てしまってガックリ_| ̄|○ 今回作ったのは文字

記事を読む

Adsense

Adsense

TPPに注目
TPP協定発効でネット販売市場はさらに伸びるか

「もう、ネット販売は儲からない。」「モノ余りでモノは売れない。

ニッポンの社訓はすごい
ニッポンの社訓はすごい!から8社

30分の時間つぶしのために、いつものコンビニの雑誌コーナー。さっと見渡

クレカ必須
ネットショップ運営者にクレジットカードは必須である2つの理由

現金主義の人も多いですが、ネットショップをやるとなれば、そのポリシ

消費者直送を嫌がるメーカー・消費者直送をすべきメーカー

個人宅への直送を嫌がるメーカーが口をそろえて言うのが「トラブルが嫌

勘違い
かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが

→もっと見る

PAGE TOP ↑