*

ネットショップSNSで集客

公開日: : 最終更新日:2016/07/14 ネットショップ運営, ネットビジネス

訪問キーワード。

ショップサーブでも、Facebookページを自動更新できるEストアーコネクト(月額1850円ほど)というオプションサービスがあります。使ってませんし、使ってるお店さんをあまり見たことがないですね。

FACEBOOKはプライベート利用なので、ネット系のお店の情報が出てきたら削除するし、そういった情報をシェアするような人は、その都度非表示にしているので、結果的に見なくなったのもあります。本来は、もっとネットショップを盛り上げるためにも、FACEBOOKを活用すれば良いと思いますが、まったく気が進まないんですよね~


逆に、リアル店舗の情報は、つい見てしまいます。外観や店内の写真などが挙げられていると、「近くなら行ってみようかな。」と思ったりします。広告っぽい投稿は削除しますが、日々の普通の投稿はあまり宣伝臭さを感じないも理由かも知れません。

というわけで、完全に主観ですが、たいていのネットショップではSNSを使った集客には力を入れていないような印象ですね。友達を中心に自分のネットショップを売り込みまくったら、友達なくすかも知れないです。怖い怖い。

ネットショップの集客も時代とともに変化してきていますので、「ネットショップ立ち上げました。ガツンと集客したいです。」と言ったところで、「無理です。」という回答が返ってきそうです。

ネット上には、たくさんの販売チャンネル(サービス)があるので、それらを一通り網羅して、「もっとも相性のよいチャンネルから販路を広げていく」というのもアリだと思います。

販売チャンネルとは、例えば、ショップサーブもひとつですし、楽天やヤフー、ヤフオクやメルカリ、ミンネやその他ですね。

最近メルカリをよくチェックするんですが、ガンガン売ってる業者もあるし、「仕入価格以下!」で販売していて、仕入に使えそうな販売者などもあります。

Adsense

関連記事

自販機的メーカー

自販機的メーカー

自販機メーカーじゃないですよ。 「自販機的」です。 自販機に対して、いくらお金をつぎ込も

記事を読む

逆境の中で

逆境の中で破壊的改革はできるのか

どんな業界も栄枯盛衰ですね。かなり前から「若者の自動車離れ」というキーワードをよく見かけますが、その

記事を読む

SSL引っ越し注意

共用SSLの使い方にちょっと注意

個人情報などを送信するページはSSL(暗号化通信)を使うのが常識。でも、独自SSLを買うのはもったい

記事を読む

せどり

古本屋でせどりの仕入れ?

近くの古本市場に本を探しに。久々にやってきましたが、漫画本の専有面積が増えて小説やビジネス書などのコ

記事を読む

大成功

月商10万円でも利益が出せる仕組みが作れたら大成功!

月商100万とか、月商1000万とかが、単に成功だとは思えないんですよね。一般的には、「成功」とされ

記事を読む

呪縛からの開放

無料当たり前という固定観念の呪縛かの開放

ネットショップを開業している人にとっては、当たり前のASP(通販システム)。かつては、「無料で作る」

記事を読む

IoT

IoT(モノのインターネット)

IoT・・・絵文字(ToT)泣き顔の出来そこないではなく、Internet of Thingsの略。

記事を読む

レンタルサーバー

レンタルサーバーを開業したいという人に対して

「レンタルサーバーを開業したいのですが?」という人に対して、どういった返答、あるいは、アドバイスがで

記事を読む

人材

採用したい人材採用してはいけない人材

採用って難しいですよね。考えれば考えるほど難しくなる・・・ ズバリ採用したくない人はこのタイプ

記事を読む

welcart

ブログでネットショップ構築

wordressのショッピングサイト・プラグイン「welcart」。 WPのサクサク感は心地よ

記事を読む

Adsense

Adsense

プレスリリース
なぜ、このプレスリリースはそこまで難解なのか

ショップサーブで本店ネットショップを運営しているじゃないですか。たまに

AIDMAの法則
消費者の購買決定プロセスAIDMAの法則の例

消費者が商品を購入するまでの心理を5つのステップに分けたのがAIDMA

顧客ランクは3つで良い
顧客ランクって3つくらいでいいんじゃないの?

ショップサーブの顧客ランク設定を見て思ったんですが、ランク無し

シェアの逆転
シェアの逆転

今、ネットショップ運営者にとってブラウザと言えば、Chromeが定番じ

タイムマネジメント
今こそ、受験生から副業希望のビジネスマン、OLまでタイムマネジメントを

前回の記事「副業で成功する人はKPIを使っているのかもしれない

→もっと見る

PAGE TOP ↑