*

ショップサーブ・メール・テンプレート用特殊タグ一覧

メモ記事です。というか、ショップサーブのマニュアルがPDFなんですよね。

これ、まじ使いにくいわ。

というわけで、メールテンプレートを作るときの特殊タグの一覧をメモ代わりに公開しておきます。

ご活用くださいませ。

<ORD YMD> 注文日(年月日)
<ORD MD> 注文日(月日)
<ORD NUM> 注文番号
<ORD COM> 注文者の会社名
<ORD NAM> 注文者の氏名
<TODAY> 今日の日付
<TOMORROW> 明日の日付
<REVIEW URL> 評価ページの URL(フォローメール・テンプレート用)
<ORD ITM> 購入商品(フォローメール・テンプレート用)
<HOLD PNT> 会員のポイント残高(販促テンプレート用)
<LOST YMD> 会員のポイント有効期限(販促テンプレート用)
<ERECEIPT URL> 電子領収書の URL(発送連絡メール・テンプレート用)

販促用テンプレートは、メルマガの一種ですね。

メルカリポイント

ほぼ1ヶ月単位で、ポイントをプレゼントして失効させる繰り返しです。

これは、明らかに、「ポイント300あるよ。まもなく失効になるよ。(早めに使ったほうがお得よ。)」という販促戦略ですよね。300ポイントだけで買えるモノはほとんどないので、プレゼントした300ポイントを使って、それ以上の単価を使ってもらう戦略でしょう。

これは、使えますよ~。売り上げアップの新しい手法ですよ。メルカリユーザー層は300ptあたりが最適なポイントだと思いますが、平均単価1万円くらいの商品を扱っている場合は、1000ptや2000ptでも全然ペイできるでしょう。

一般庶民の感覚としては、「100pt」だとスルーする確率が高いと思いますが、300pt、500ptあたりから、反応する層が増えてきそうな感じです。「500ポイントが失効」と聞くと、「もったいない精神」がうずきますよね!


Adsense

関連記事

ポータルサイト運営

実は、ネットショップよりおいしいポータルサイト運営

ポータルサイトとは、もともとはYahoo! JAPANのように、ショッピングや地図、天気などの色

記事を読む

仕入れに交渉は必要か?

仕入れ前に交渉は必要なのか?

色んな業界があって色んな商習慣があることをあらかじめお断りしておきます。 仕入れ前、つまり、ま

記事を読む

VAPE開業

vapeショップ開業するには

これはおもしろい!!! VAPE(ヴァイプ)って初めて見ましたが、要は、電子タバコのことです。

記事を読む

no image

やる気もモチベーションも続かない・・・

仕事が山ほどたまってるのにやる気がね・・・ モチベーションがねぇ・・・ 新年なのに。

記事を読む

オリジナル商品を作る目的で開店

「オリジナル商品は自由に値段が付けられるし、他で販売もしていないので価格競争にもならないから良い。」

記事を読む

5つの真実

2018年ネットショップ起業5つの真実

新年ですから、やる気満々の人も多いでしょう。周りではネットではなくて実業で起業した人もいます。その勢

記事を読む

ネッシー

ネット仕入れのネッシーにイイネ!

ネッシーにはサプライヤー(卸)としても参加していますが、仕入れも利用します。お客さんから「これを仕入

記事を読む

税理士

個人事業主が税理士使うと得する売上の分岐点は?

まもなく確定申告の時期ですね。「こんなに楽だったとは・・・そんなことならもっと早く頼めばよかった・・

記事を読む

ネット通販の実情を垣間見るならこのサイト

モノを販売する物販ながら、一般の人の目に触れることのないネットショップ。実業なのか虚業なのかよく

記事を読む

大成功

月商10万円でも利益が出せる仕組みが作れたら大成功!

月商100万とか、月商1000万とかが、単に成功だとは思えないんですよね。一般的には、「成功」とされ

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑