*

ネット販売業界激震!?カード手数料0円のサービス

公開日: : 最終更新日:2015/07/24 ネットショップ運営, ネットビジネス, マーケティング

現在使っているショップサーブのクレジットカードの手数料は業界でも最安値クラス。VISAやMASTERなどの主要カードで3.675%。残念なことに、ショップサーブ以外のサイトでは、5%のバカ高いサービスも使っていて、痛いコストになっています。

「3.675%は安い!」と思っていましたが、ぶっちぎりで安いサービスを見つけました。

SPIKE
https://spike.cc/

月間の決済額が100万円までなら、初期費用0円はもちろんのこと、月々の固定費用も0円、手数料も0円と来た。100万円を超える分でも、4%と30円/1件。

これは、チョーヤバいですね。
(もちろん、いい意味で。)

これからネット販売を始める人は導入を検討してもよいのではないでしょうか。

申し込みに本人確認や審査などなく、メールで申し込めば即使えます。そんなに簡単につかえて逆に不安になりそうですが、運営会社を見てみると、会社名は「株式会社メタップス」。設立は2007年とIT系としては新しい会社ですが、そこそこ実績がありそうです。と言うか、資本金50億でサンフランシスコ、ロンドン、香港、上海など海外にもオフィスを置くグローバル企業のようです。

プランは100万円まで全部無料のフリープランと、月額3000円のビジネスプレミアムがあります。後者は、なんと1000万円まで手数料0円。決済上限額は両プランとも無制限。

管理ページで、商品を登録して、商品毎に決済リンクが自動生成させるので、ダウンロード販売や、単品販売などに向いてそうです。繰り返しますが、全部無料とは驚愕です。

ちなみに、EC CUBE対応なので、ここへ来てEC CUBEの本領発揮か!?という感じ。フリーのカートCGIの場合は、注文(単品に限る)完了後、決済リンクへ誘導する流れになるので、ちょっと改造が必要になりそうです。

Adsense

関連記事

12月1日~BASEユーザーはエスクロー決済が必須

エスクローとは、簡単に言えば決済の仲介です。BASE株式会社がエスクローを始めるということは、決済の

記事を読む

リスクヘッジ

大規模通信障害に対するリスクヘッジ?

「リスクヘッジ(Risk Hedge)」とは、起こりうる危険(リスク)の防止策、回避(Hedge)と

記事を読む

SKU

運営者の基礎知識「SKU」とは

ネットショップ運営上、昔にくらべ専門用語(テクニカル・ターム)をおぼえいといけない機会が増えてきまし

記事を読む

高い利益率

驚愕!こんなに高い利益率だとは!

シリーズものの本16冊ほどを古本市場へ持って行き買い取りしてもらうことに。番号札を渡されて、待つ間、

記事を読む

人材

採用したい人材採用してはいけない人材

採用って難しいですよね。考えれば考えるほど難しくなる・・・ ズバリ採用したくない人はこのタイプ

記事を読む

領収書PDF

領収書はPDFファイルでダウンロードしてもらう

楽天で日用品をお買い物。カートの最後のステップで領収書を希望に(○)をしたら、後日「PDFでダウンロ

記事を読む

no image

起業アイデアが出たときのチェックポイント

新しい起業アイデアを思いついた時は、いろんなチェックをするわけですが、これがけっこうワクワクする作業

記事を読む

単発在宅ワーカー募集のその後

「クラウドワークスで仕事依頼」の最終回。 募集中はひっきりなしに応募が入ってきました。予想通り

記事を読む

freee

FREEE

時間にお金以上の価値があると気づくようになると、仕事効率化や時短に繋がるツールを見つけるとテンション

記事を読む

スマホだけでネットショップ

スマホだけでネットショップ運営

「当日は、このメールをプリントしてお持ち下さい。」なんてありますよね。 スマホ画面を見せれば済

記事を読む

Adsense

Adsense

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

読みたくなる
つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい

→もっと見る

PAGE TOP ↑