*

ネット販売開始時に押さえておきたい7つのツールやサービス

公開日: : 最終更新日:2015/10/07 ネットショップ運営, ネットビジネス, 基礎知識やノウハウ, 起業や開業

ネット販売業は自営業というよりは自由業に近いですね。小説家や漫画家、脚本家や翻訳家など、時間的場所的な拘束がなく、好きなときに好きな場所で好きなだけ働けるという点は共通しています。

さて、そんなネット販売業を始めるときに、必ず揃えておきたいツールや利用すべきサービスを7つあげてみました。

ドメイン

ドメインとはインターネット上の住所のようなものですが、一度ドメインを取得しておけば、「プロバイダーが変わってメールアドレスが使えなくなる」なんてこともなく、名刺に印刷するURLもいちいち変更する必要がありません。年間1000円程度。

Googleアカウント

Googleが無料で提供するGmailやAnalyticsなど、ショップ運営上欠かせないツールがたくさんあります。Googleのサービスなしでショップ運営は不可能。

屋号付銀行口座

フリーランスの人の銀行口座が個人名でも不思議ではないです。でも、販売店の振込先が個人名だと「ちょっと気持ち悪い」「不安」と言われる場合があります。楽天銀行なら簡単に屋号口座が作れるので、メールオーダーで開設しておきます。無料で開設できる。都市銀行や地方銀行で屋号口座を作るにはちょっとコツ(裏ワザ)が必要です。

リスティング広告アカウント

リスティング広告を利用すれば即日注文が入ることも珍しくないですが、現状は、やや難しくなってきています。でも、ここぞというときに活用できることも多いので、早めにサービスの利用を開始しておきます。クリックされたときに料金が発生するだけ。基本料や月額利用料も0円。

レンタルネットショップ

これがないと始まらない。ネットショップやるならレンタルするのが常識。ショップサーブなどの定番サービスを利用しておけば、まず間違いないですね。月額、5000円~3万円程度。

スマートフォン

今やスマートフォンからの注文が半分に迫る勢いです。パソコンは持っていないという人も多く、今後は益々スマートフォンからの利用が多くなるので、その対策のためにも必要です。また、出先でも注文を確認したり問い合わせに対応したりがとてもスムーズに行えます。

パソコン

古いパソコンを使っている人もいますが、できればWindows7以上の処理速度の速いものを使います。仕事の処理速度は早ければ速いほど利益率も高まります。高度なグラフィック処理を必要としない場合は10万円までのノートパソコンで十分です。

Adsense

関連記事

商標法違反売り上げ100万円程度の金額で逮捕って、、要はわかりやすいからか?

トップブランドに少しでも絡む場合は注意が必要ですね。知恵袋で、こんな質問がありました。

記事を読む

no image

現在使われていない(固定)電話番号一覧

「これ面白いサービスだな。興味あるな。」と思って資料請求をしようと、会社名、住所、電話などが必須入力

記事を読む

SKU

運営者の基礎知識「SKU」とは

ネットショップ運営上、昔にくらべ専門用語(テクニカル・ターム)をおぼえいといけない機会が増えてきまし

記事を読む

ブラックリスト

カラーミー ブラックリスト登録方法

注文を受けて商品を出すと必ずトラブルになる。」 そんな客はブラックリストに登録して注文

記事を読む

テーマは着せ替え

テーマをインストールする(デザインの着せ替え)

wordpressの優れているのはデザイン(テーマ)が自由に着せ替えできる点です。インストールしただ

記事を読む

違法か合法か

送料に利益を乗せるのは違法か?

例えば、佐川急便との契約運賃が、東京大阪間で800円だった場合。これに利益を乗せて1080円などと表

記事を読む

11月の戦略

イベントカレンダーで11月の戦略を練ろう

ノマドワーカー的ショップ運営者は、一般的な世間の流れとは全然関係のないところで活動していたりするので

記事を読む

no image

ショップ運営者のメール処理テクニック

ショッピングモールに出店して間もない運営者から「某hoo!さんから、こんなメールが来たのですが、どう

記事を読む

no image

廃棄食品横流し

CoCo壱番屋の産廃業者の冷凍ビーフカツ横流し事件のニュース。以前、デリバリー(出前)のポータルサイ

記事を読む

EC CUBE

EC CUBEの使い道をイメージしてみた

ショップサーブを使えば簡単にネットショップが作れて運営できる。 確かにそうです。 わかっ

記事を読む

Adsense

Adsense

貴重なセミナー終わるかも
貴重なセミナー終わっちゃうかもよ~

ショップサーブを運営するEストアーが、ネットショップの新規開業ユーザー

no image
QUESTの法則ランディングページ

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか

インスタグラムからのネット販売
インスタからのネット販売

「これ欲しい~」とメッセージもらったのがインスタのキャプチャ。ユーザー

オリジナルページ
ショップサーブオリジナルページへのカートボタン他

物忘れがひどくなるのは年齢のせい? たま~にHTMLやCGIをい

ai
問い合わせの傾向から感じる流通の変化

最近問い合わせが増えてるって記事を書いたんですが、実は、もうひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑