*

ストアークリエーターproを使うにはhtmlの知識が必要か?

公開日: : 最終更新日:2017/02/12 ネットショップの作り方, ヤフーショッピング・作成講座

ストアクリエーターPRO
はい。もちろんです。

でも、必須ではありません。HTMLの知識がなくてもお店はオープンできますし、商品の販売もできます。実際、HTMLなどまったくわからずにお店運営をしている人もいます。

ただ、HTMLが使えないと貧相なウェブサイトになってしまいます。トップページなどは真っ白か文字だけです。

「それでも、かまわない」という人には、なんら問題ありませんが、例えば、真っ白なトップページを見たお客さんに「この店は営業してなさそう。他の店を探そう」と思われて、あなたのお店から退出して、他店へ行ってしまわれたくない場合は、お店ページをしっかり作ったほうが良いです。そのためのHTMLですね。

幸い、ヤフーは、ウェブサイトを作成するための、初歩的なHTMLだけでお店が作れます。これがヤフーショッピングの良い所と言えます。ある意味、とても親切なシステムです。

「HTMLはどうやっておぼえるの?教えてくれるところはあるの?」という疑問もありますが、99.9%の人は独学です。

ネット上にHTMLを学べるサイトが沢山あるので、自分にあったサイトを見ながらおぼえると良いです。

まれに有料通信講座などもありますが、そういったものをを利用しても良いと思います。有料講座にして、自分にプレッシャーをかけておぼえるという方法が向いている人にはぴったりでしょう。(※怪しい通信講座もあるのでご注意)

昔は、セミナー形式のHTML講座(「ホームページを作ろう」的な講座)もたくさんありましたが、今では、会社案内など、普通のホームページは自動で作成できてしまうので、HTMLの知識はほとんど必要なくなりました。

HTMLを覚えると、お店を作る楽しみができますよ。ぜひ、HTMLは学んで欲しいですね。


Adsense

関連記事

no image

リアルタイム受注状況を表示させる方法(無料CGI提供)

楽天で良く見かけるリアルタイム受注状況の小窓(こんなやつ)ですが、ショップサーブにはその機能はありま

記事を読む

トップページ

yahoo! shoppingレイアウトが3カラムの場合のトップページのHTMLの編集

幅950pxでレイアウトを3カラムにした場合、サイドナビ180px、スペース10px(✕2)、右側サ

記事を読む

no image

売れているお店は何が違うのかPart2

ショップサーブ出店ユーザーの中から選ばれるネットショップ大賞。前回は、カテゴリ1位のメンズセレクトシ

記事を読む

no image

開業ASPと自作との作業性の劇的な違い

ショップサーブに出店しているお店の、一部の商品ページを編集しようと思って管理画面で作業していました。

記事を読む

トップページ用テンプレート

ヤフーストア・トップページ用のテンプレートを作ってみた。

ヤフープロフェッショナル出店は、HTMLが理解できて使える人にとっては、ページを作り上げる楽しみがあ

記事を読む

サイドナビ

yahoo! shopping サイドナビの編集

動画付き解説版できました~ デザイン設定で、「とりあえずお店らしく」と考えた場合、ヘッダー

記事を読む

カラーミー

ハンドメイドで単価が安く商品数が少ない場合(50点程度まで?)の開業サービスの選択

ハンドメイドの商品を作っている人。ネット販売ではなく、リアル中心で営業をしている。商品単価は100円

記事を読む

トップページ

トップページの編集手順について考え中

ヤフーショッピングにかぎらず、トップページはお店の顔ですから「それなり」に作りこんでおきたいところ。

記事を読む

マネー

知らずに余計に払わされているお金

入会金ってよくわかりませんよね。スポーツジムの会員募集ポスターが貼ってあって、見ると、「入会金150

記事を読む

動画埋め込む

一番簡単な動画貼り付け方法

ショップサーブの商品ページへ動画を貼り付ける方法で、もっとも簡単なのはyoutubeを使う方法。手順

記事を読む

Adsense

Adsense

TPPに注目
TPP協定発効でネット販売市場はさらに伸びるか

「もう、ネット販売は儲からない。」「モノ余りでモノは売れない。

ニッポンの社訓はすごい
ニッポンの社訓はすごい!から8社

30分の時間つぶしのために、いつものコンビニの雑誌コーナー。さっと見渡

クレカ必須
ネットショップ運営者にクレジットカードは必須である2つの理由

現金主義の人も多いですが、ネットショップをやるとなれば、そのポリシ

消費者直送を嫌がるメーカー・消費者直送をすべきメーカー

個人宅への直送を嫌がるメーカーが口をそろえて言うのが「トラブルが嫌

勘違い
かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが

→もっと見る

PAGE TOP ↑