*

ネット仕入れのスーパーデリバリーいいね

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 ネットショップの仕入れ, マーケティング, 基礎知識やノウハウ

通称SD。佐川急便のセールスドライバーではなく、ネット問屋のスーパーデリバリーのサイトを訪問。以前は、「実店舗を持つお店だけ」だった気がするのですが、現在は、少々緩和されて?、次のような条件に変わっていました。

『ネット販売については、サイトの規模感、コンセプト、クオリティーなどを総合的に審査します。また、オープン前、オークション、極端な値下げをされるサイトはご入会いただけません。』

仕入れのハードル

勝手に言い換えます。

「ネット販売については、力のなさそうな、しょぼいお店はNG。安売りするヤツもNG。本当に開店するのかしないのかわからないようなヤツなんて絶対にお断り。」

月額の会費2000円をとるくらいですから、内容のクオリティーは、「ただで誰でも仕入れる」サイトとはワケが違うでしょうね。当初から有料会員制なのでブランドイメージも高いです。当店でも扱っているお馴染みのメーカーもあるので、良い商材が見つかるかも知れませんね。

ネット販売の場合「審査」があるわけですが、当サイト調べによると合格率は18%です。100店申請しても18店しかパスしないほど狭き門です。直近で承認されたお店さんは、2月19日に申し込みをしてOKが出たのが3月30日です。40日かかっています。「早く仕入れたい!」「OKの返事が待ちどおしい!」「でも却下されたら・・・」この40日間はワクワクドキドキだったでしょう。

こういうときに、「本気」を感じられない「体裁」だと、自分が担当官なら門前払いです。せめて、
ショップサーブクラスのシステムを使って、お店をしっかり作り上げてきなさい。」なーんて、上から目線で言ったり。でも、「袖の下があるなら話は別ですよ。」とか。こーいう担当者はすぐクビですが。


おそらく実店舗のあるお店さんは審査に通り安いのではないか?と思います(主観)。なぜなら、「開業前の方に」のページもすべて実店舗を想定したような内容になっているから!

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

ネットショップ祭り

東京でリアルな「ネットショップ祭り」というイベントが行われていた

昨年5月17日(日)、あのカラーミーショップ主催の「にっぽんネットショップ祭り」なるリアルなイベント

記事を読む

生きたクレーム

現場の生きたクレーム対応を学ぶ方法

ショップサーブ本店にクレーム客発生。どちらかというとお客さんに非があるけど、おそらくリテラシー低さを

記事を読む

商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べて、訪問者数は少なくなります。

記事を読む

no image

ハード・トゥ・ゲット・テクニックの意味

ハード・トゥ・ゲット・テクニックとは、「アナタだけに」という特別感で相手の自己重要感を刺激して好意を

記事を読む

EC CUBE 3

2015年7月1日にEC CUBE 3が誕生していた!

ロリポップからのお知らせをたまたま見たら、EC CUBEが新しくなっているじゃないですか。しかも、簡

記事を読む

ロングブーツで検索してみたら

ロングブーツで検索してみたら

「ロングブーツ」で検索してみたら、結果画面の右側を見ると8件ほど広告が出ていました。 上から順

記事を読む

顧客ランクは3つで良い

顧客ランクって3つくらいでいいんじゃないの?

ショップサーブの顧客ランク設定を見て思ったんですが、ランク無しを含めて6つの項目が用意されて

記事を読む

ローボール・テクニック

ローボール・テクニックを応用する

ローボールとは低い球。高い球より捕りやすい。野球から来ているのかどうかは知りませんが、「生ビール1杯

記事を読む

楽しい!

ネットショップのここがおもしろい

たまに超ニッチな商品を購入することがあるんですが、たいていは販売サイトを見つけることができます。あり

記事を読む

見積もり

見積もり基本の業界が狙い目

あるサービスを検討していてネット検索するわけですが、すべての業者が「まずはお見積り」形式。サイトを見

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑