*

デザインはシンメトリー効果を意識する

シンメトリーとは左右対称や上下左右でつり合っていること。ホームページのレイアウトが崩れていると「このお店やってるのかな?」とか「ずさんなお店っぽい」と不信感を覚えるのとは逆に、バランスの取れたレイアウトやデザインのサイトの場合は、美しさを感じるのはもちろん、誠実さや安定の印象を受けて好感を持ってしまうというわけです。

まぁ、シンメトリーなレイアウトにしたからと言って、目に見えて注文数が増えることはないと思いますが、やらないよりやっておいたほうが良さそうです。ただ、2カラムレイアウト(左にナビゲーション、右にメインスペース)の場合は、元から左右対称じゃないので仕方ないので、その他のバナーやリンクの並べ方などにも気を配りたいです。

3カラムでよくやってしまいがちなのがこんなやつですかね。

レイアウト

左右のバランスが取れていないので、未完成でだらしない感じ。

それを、次のように修正。

レイアウト2

すっきりですね。これで信頼感もアップしそうです。?

これらのレイアウト・テクニック以外には、「左揃えや右揃えを統一させて文章も整った形で見せる。」「スペースは多すぎず少なすぎず、見やすいよう適度に使う。」「タイトルや見出しなと、文字の大小もメリハリをつける。各ページで見出しの色や大きさも共通させる」「使う色を数色に決めて、それ以外の色は使わない。」などなど。

ショップサーブのページデザインはレイアウト式ですが、あくまで最低限ですから、自分なりに見栄え良く調整していく必要がありそうです。

バナーを作成するときも、素人の感覚だけで作成すると、どこかぎこちない感じになりますが、この左右対称感を意識して作るとプロに近づけるかも知れませんね。

Adsense

関連記事

またのご利用

注文キャンセルメール テンプレート

昨日の客としてキャンセルのメールを書くのとは逆で、キャンセルを受理したときのお店側のテンプレート文例

記事を読む

ストリーミング

販促にライブ動画(ストリーミング)配信とか?

自分のネットショップを含め、色んなネットショップを見てつまらないと思うことのひとつが「営業中感」のな

記事を読む

no image

お客様からの電話を積極的にとると・・・

「郷に入れば郷に従え」というコトワザがあるように、ネットでショッピングする場合は、ネットで注文、問い

記事を読む

CPI

レンタルサーバーの時代はもう終わった

レンタルサーバーを借りてネットショップを作ったりホームページを作ったりしたい人が、2004年に100

記事を読む

自動返信メールのこだわり

自動返信メールのこだわり

楽天のショップ2店舗で買い物をしたんですが、自動返信メールがよく似ていて、ちょっと気になりました。

記事を読む

グラフ

今後伸びる商品、生き残る商品の切り口

これから伸びる商品、あるいは、生き残る商品の切り口のひとつは「日本製」「国産」ではないでしょうか。特

記事を読む

ヤフーショッピング

yahoo! shoppingのページ作りはHP作成の基礎から

「yahoo! shoppingのプロフェッショナルに出店したのはいいけど、一体どうやってページを作

記事を読む

no image

長時間作業に集中したい時にはクラシック

「この3時間で、ショップサーブの商品ページの作り込みと、ブログを2つ書いておきたい。」と気合を入れた

記事を読む

ドロップシッピング

Eストアーフレンドリンクを無理やり半ドロップシッピング式にしてみたら

ドロップシッピングもアフィリも似たようなもの。会員が「ブログ」にリンクを貼り付けるか、「お店形式で出

記事を読む

Magic3

ポータルサイト専用CMS「Magic3」に期待!

「アフィリエイトを始めたい。」 そんなときはWordpressで決まり。 これはほぼ満場

記事を読む

Adsense

Adsense

サテライトサイトの損益分岐点。「存続か閉鎖」の境目考察

細かい話なんですが、事実上廃止のサイトをいくつか持っています。それなり

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑