*

月額わずか3980円で5万ページに広告を出せる方法

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 ネットビジネス, マーケティング, 基礎知識やノウハウ, 売上アップの方法

やや荒っぽいやり方ですがスパム(反則的なやり方)ではありません。結論を言ってしまえば、月額3980円で5万点のドロップシッピング商品のリストを購入する方法です。在庫や仕入れ値などが常に入れ替わるので月額の費用というわけですね。

ただ、初心者にとっては、この方法はやや難しいかも知れません。まず、ショップサーブなどのASP(開業サービス)を「使いこなせる」必要があります。そして、エクセル(表計算ソフト)も「基本的操作ができる(*)」ことが条件です。

通常、商品を登録する場合、管理画面の「新規登録」などから、1点1点登録するわけですが、この方法だと、5万点を登録しようと思えば、1日100点登録したとして1年5ヶ月弱かかってしまいます。気の遠くなるような作業です。ありえません。

そこで、大量の商品を登録する場合は「ファイルで登録」という機能を使います。商品データのリストをエクセルファイル1つにまとめて、それを管理画面からアップロードします。この方法なら、5万点だろうが100万点だろうが、数時間から1、2日で登録できてしまいます。

そして、登録と同時に「商品ページ5万ページが自動的作成」されます。このドロップシッピングの商品を売っても良いですし、5万ページすべてに「オススメ商品」として、自社の取り扱い商品やオリジナル商品を掲載します。

有料のASPで5万点となると、サーバー代で月額3万円ほどがかかってしまうので、商品登録数無制限のY!ショッピングなどを使うと良いですね。ただ、今はあまり知られていない方法ですが、広く知られて猫も杓子もやり始めると効果がなくなります。早い者勝ちですね。

こっそり。これ。

トップセラー(もしもがやってるやつ)

(*)マクロなどエクセルの高度な機能は不要。簡単な関数が使えたり、コピペなどセルの操作などの熟知が必要。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

パクリ

ホームページ デザインのパクりは罪?

なかなか微妙なテーマです。 極端な例として、ブランドバッグや腕時計の正規品を販売するネットショ

記事を読む

ニッポンの社訓はすごい

ニッポンの社訓はすごい!から8社

30分の時間つぶしのために、いつものコンビニの雑誌コーナー。さっと見渡して興味のあるタイトルの本や雑

記事を読む

no image

現在使われていない(固定)電話番号一覧

「これ面白いサービスだな。興味あるな。」と思って資料請求をしようと、会社名、住所、電話などが必須入力

記事を読む

卸契約

ネット卸販売契約書ひな形を作る前に考える

ネットで卸販売をする場合、心配になるのが取引先とのトラブルです。トラブルの代表例は「夜逃げや倒産など

記事を読む

IoT

IoT(モノのインターネット)

IoT・・・絵文字(ToT)泣き顔の出来そこないではなく、Internet of Thingsの略。

記事を読む

お断り

お断りメールテンプレート

お問い合わせ:「仕入れ先教えてください。」 当店:「いやじゃ。ボケ。」 本質的には、このよう

記事を読む

請求メールの書き方

請求メールの書き方の基本ポイント4つ

煽り系のメルマガに、まんまと釣られて商品を購入することになりました。以前にも1度購入しているのですが

記事を読む

no image

「専任の担当者が徹底サポート」に物申す

「ショップサーブのウェブサイトのリニューアルをネタに」シリーズ。今回は、「専任の担当者が徹底ポート」

記事を読む

認知的不協和

キャッチコピーや広告文は「えっ!?」と思わせる

何のビジネスの経験もなく、ただ商品を仕入れてアップしておけば、飛ぶように売れた時代が懐かしいです。(

記事を読む

ラインギフト

乗っ取り!?LINEに「緊急のお願い」メッセージ

LINEに「緊急のお願い」メッセージ ポキポキっとLINEメッセージ。 開くと「緊急のお

記事を読む

Adsense

Adsense

閉店
あまりに残念な売上げ・・・閉店か移転かプラン変更か

ショップサーブのライトコースで出店しているお店さんの生々しい台所事情。

フォローメール
フォローメールはスマホで読まれることが多いことを考えると

楽天で買い物したお店からフォローメールが届きました。スマホで読んだ

オーディオルーム
起業ネタ レンタル(高級)オーディオルーム

CDが売れなくなったのは、音楽配信などの影響が大きいと思いますが、

amazon
アマゾン・マーケットプレイスの特定商取引法について

そういえば、1年くらい前でしょうか。マーケットプレイスの出品者に特

屋号に堂
屋号に「商店」や「堂」も古かっこいいかも

屋号の決め方ページにランディングのキーワード「堂」。 メジャーな

→もっと見る

PAGE TOP ↑