*

27万点の中からドル箱アイテムを探そう

トップセラー(Top Seller)の商品数が27万点を突破したそうです。27万円はわかりますが、27万点となると想像がつかないですね。東京ドーム、グランドの部分も使うと55000人が収容できるでそうです。ということは、約6杯弱ですね。

ま、そんな例えは置いておいて、ここまで商品数が増えると、「いかに売れる商品を見つけるか」という部分にかかってくるのではないでしょうか。売れる商品を提供する側としては、「これが売れている」のは知っていますが、ユーザーに伝える手段がないんですよね。だから、見つけてもらうしかない・・・

売れる商品を見つける方法は、いくつかあると思いますが、1つ目はもしもドロップシッピングの、売上ランキングをチェックすることですね。マイナスイオン何とかとか、防犯カメラ、ベッド、ソファー、パソコン、ダイヤモンドなど、色々なモノがランクインしています。この中から、自分のお店に関連するものをピックアップして、自分のサイトで販売してもいいし、新たなサイトを立ち上げて販売してもいいわけです。

2つ目は、ひたすら検索でしょうか。「こんな商品ないかな?」など、特定のテーマやジャンルに絞って、商品を物色する方法です。「今これが売れましたコーナー」を眺めながら、インスピレーションを待つのもいいかもしれません。個人的には、こっちのほうが、リアルタイムで動いている点で好きですが。


後は、「売れる商品を見つける方法なんて面倒だ。全部載せてしまえ。」と、一気に27万点をサイト上に公開してしまうのもアリですね。「27万点もの商品をどうやってネットに載せるの?」と思うかもしれませんが、意外に簡単にできてしまいます。ファイルの扱いが中心になります。ただし、パソコンのスペックはかなり高くないと、処理が追いつかずフリーズしてしまう恐れがあるので、「一気に全部を」と考えている方は、ハイスペックのデスクトップパソコンの入手からですね。

商品数が増えた点に関しては、「そりゃいろんなメーカーが参入すれば普通に増えますよ。」ってな感じですが、注目すべきは「欠品率の低下」です。「注文が入ったのに商品がない!」ということほど、お店にとって無駄骨になることはないですから。

欠品率は2年前に3.7%だったのが、2016年には1.6%に下がっています。(以下グラフ)。ということは、98.4%の確率で在庫があるってことです。自分の業界と比べると考えられないくらい低い欠品率です。3.7%でも十分ですが、1.6%は、もはや満足です。

欠品率

商品数が少なくて困っているお店さんは、トップセラー(Top Seller)を検討してみてはいかがでしょうか。

Adsense

関連記事

コピペ撲滅

コピペのコピーを複数登録可能な無料ソフト

パソコンを手にして以来、いったい何千回、何万回のコピペをしたでしょうか。1日30回として1年で109

記事を読む

no image

まとめ割キタ!(Eストアーお知らせ)

Eストアーのお知らせ いま読みました。 「3足で1,000円!」(1足なら400)

記事を読む

TPPに注目

TPP協定発効でネット販売市場はさらに伸びるか

「もう、ネット販売は儲からない。」「モノ余りでモノは売れない。」なんて思い込んでる人もいるか

記事を読む

卸契約

ネット卸販売契約書ひな形を作る前に考える

ネットで卸販売をする場合、心配になるのが取引先とのトラブルです。トラブルの代表例は「夜逃げや倒産など

記事を読む

バナー

効果的なバナーを作るコツ

いざバナーを作ろうと思うといつも困るんですよね。 効果的なバナーどうやって作れば良いのか?

記事を読む

小学生も稼いでいる

小学生、中学生、高校生もネットで稼ぐ時代

「youtubeの閲覧ユーザーは小学生が多い。」とはよく聞きますが。さらに、youtubeに動画

記事を読む

条件

注文が入るようになるお店の前提条件

今年ネットショップをオープンした人も、相変わらず多いですが、見ていると商品点数が数点だったり数十点だ

記事を読む

売れる商材

商材をネットショップに卸す方法

「売れる商材があるのだが、ネットショップを中心に卸をしたい」という場合。 これ、なかなか難しい

記事を読む

Googleドライブ

アンケートフォームならGoogleドライブがおすすめ

これまでアンケートフォームといえば、フォームメールCGIを独自に設置したり、広告付きのレンタルを借り

記事を読む

no image

あらためてネットショップのメリット7つとデメリット

2016年、ネットが普及し始めて20年以上です。ほぼ20年以上ネット販売をしているってのも変な感じも

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑