*

ネットショップ運営者の基礎知識「Tポイント」の仕組み~その1~

公開日: : 最終更新日:2017/12/28 マーケティング, 基礎知識やノウハウ, 売上アップの方法

ショップサーブで本店サイトを立ち上げた後、あるいは同時に、出店料やロイヤリティーのないヤフーショッピングにも出店するのは、もやは定番になりつつあります。

ところが、ヤフーショッピングのコストがあまりに少ないために、実際にかかるコストについて深く考えていない場合が多いんですね。

例えば、ヤフーに出店して、売上から引かれる「Tポイントって何?」って質問されたとき、即答できなかったんです。もちろん、消費者として答えるのは簡単ですよ。「Tポイントは、全国にあるTポイント提携先やインターネットの提携先で、貯める・使えることのできるポイントです。」
(http://qa.tsite.jp/faq/show/3733)

Tポイント会員としては、「Tポイントが使えるお店でポイントをためてTポイントが使えるお店でポイントを使う」って、超シンプルな理屈です。

ところが、お店を運営してTポイント加盟店になった場合、そのTポイントの仕組みやコスト、メリット・デメリットについて説明できますか?って話です。これが意外に説明できないんですね~仕組みについてもよくわかっていないんです。よくわかっていなかったので、色々勉強したのでメモしておきます。

まずは、仕組みについて見てみましょう。

Tポイント

解説します。

Y!ショッピングに出店中のA、B、C店で、それぞれ1万円の商品が売れた場合、その売上の2.5%がTポイント原資として、Tポイント銀行(そういう銀行はありませんが、わかりやすくするために「銀行」と名付けています。)に預入されます。

このときTポイント銀行の残高は750ポイントです。(1ポイント1円なので金額では750円)

それぞれの店は1万円を売り上げましたが、それぞれのお店の銀行口座に入ってくるのは9,750円です。手数料を引かれたようで、損をした気分ですが、実はそんなことはないです。

しばらくすると、A店に注文が入ります。例えば、セール品のブラジャー750円が売れました。この時、ブラジャーを買ったお客様は、支払い方法で「クレジットカード」でもなく「代引き」でもなく、お客様自身がTポイント加盟店で貯めた「Tポイント750円分」で支払いました。

A店は、このとき現金売り上げではなくポイント売り上げということになります。でも、ポイント売り上げは後日、Tポイント銀行から現金750円がA店に振り込まれます。A店は、以前に、原資として250円預け入れしていましたが、結果として750円が戻ってきたわけです。

これが、Tポイント加盟店になるメリットです。とりあえず、売り上げの一部を原資をTポイント銀行に預けていきますが、他店でTポイントを溜め込んユーザーが自店でポイントを使ってくれると現金売り上げになるってカラクリです。「損して得取れ」とも言えます。

なお、ヤフーショッピングに出店しているならTポイントだけですが、ポイントを運用する業者は他に3社ほどあります。ポイント事業者ランキングは次の通りです。

1.楽天スーパーポイント(会員1億1,400万人)
2.Ponta(ポンタ)(会員約8,000万人)
3.dポイント(ドコモ)(会員約7,000万人)
4.Tポイント(会員約約6,100万人)

上記データは2017年情報です。全部足すと2億9000万人にもなりますが「重複」しているのはご周知のとおりです。でも、存在感としては圧倒的にTポイントじゃないですかね~。ファミマで徹底的に洗脳されていますが。



Adsense

関連記事

即戦力

副業も本気でやる人が勝ち残る時代

副業でも本業でも、結局のところ、知識や経験、スキルレベルや人脈などが豊富であればあるほど実入りが良い

記事を読む

12月1日~BASEユーザーはエスクロー決済が必須

エスクローとは、簡単に言えば決済の仲介です。BASE株式会社がエスクローを始めるということは、決済の

記事を読む

ネットショップのネーミングを外注する

ランサーズ(Lancers)がおもしろいですね~ 「通販サイトのネーミングをして欲しい」や「会

記事を読む

コピペ撲滅

コピペのコピーを複数登録可能な無料ソフト

パソコンを手にして以来、いったい何千回、何万回のコピペをしたでしょうか。1日30回として1年で109

記事を読む

何が儲かるか

ネット販売 何が儲かるか

それはショップ運営者として永遠のテーマです。 はい。 先天的に儲かる商品チョイス能力ある

記事を読む

人気店から学ぶ

売れているお店からテクニックを学ぶ

売れているお店には、販売のコツが満載です。今回は、某ショッピングモールの2015年の受賞店を覗いて回

記事を読む

教材買って失敗

乗せられて教材を買って失敗した話

世の中には、「売るのがうまい人」がいるんですよね。 いいモノを見極める力は、それなりにあると思

記事を読む

有名ショップ

日本で有名なネットショップ

日本のネット事情を知らない海外在住の人にしてみると、どんなお店が有名なのか気になるのでしょうか。この

記事を読む

リース

起業するなら買い取りよりリースのほうが良い場合も

これまで、リースには「結局は高い買い物」とか「契約とかいろいろ面倒くさそう」といった悪いイメージしか

記事を読む

no image

ショップ運営に大きく影響を与える人間性

「英語の勉強もかねてたまには英語のサイトを」と思っていたところ、「否定的な人と付き合ってはいけない1

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑