*

中学生や高校生はIT関係で遊ぼう(起業しよう)

公開日: : 最終更新日:2017/01/25 起業や開業

ネットビジネスと言えば、「大人のビジネス?」と思っていたら、下は小学生から参入しているんですよね。もちろん、諸学生や中学生がやるのはもっぱらアフィリエイトやアドセンスが中心です。

でも、そういったビジネスをきっかけに、本格的なビジネスの道へと進んで欲しいですね。大人とは好奇心や吸収力が全然違いますからね。保守的な子供っていないですから、子供向けのIT塾とかやれば当たるんじゃないでしょうか?

学習塾を経営している方には、大変失礼ですが、学校の勉強って社会に出て役に立たないですからね。苦手科目を克服する時間があればブログ書いたり、動画作ったりするほうが、よっぽど将来のためになりますよ。

苦手な科目は苦手なんだから克服する必要なし。人参嫌いなら食べなくてもいいじゃないですか。ニンジンやピーマン食べなくても生きていけます。算数や漢字は必要ですが、他の科目は、どーいういきさつで学校の授業に組み込まれているか、その根拠を知りたいですね。

ま、そんなことを言ったところですぐには変わらないので、興味ある子はどんどん自分で学んでいきましょう。これだけネット情報が充実しているんですから、できる子は習わなくてもできます。

これからのキーワードは、「グローバル」「AI」「IoT」「TPP」「東京オリンピック」あたりでしょうか。ネットビジネスは今後も伸びる業界ですから、ぜひ飛び込みましょう。

「最近は10代の起業」といったニュースも聞くことがなくなったので、固定観念に縛られて身動きの取れない大人に代わって活躍して欲しいと思います。未成年だといろいろ制限がありますが、そこは親にプレゼンして親を丸め込んでナンボです。親を使い倒せ!親は君の資源だ!


Adsense

関連記事

商標権

屋号を決めるときは商標に注意する

屋号って基本的になんでも良いんですが、国内外の企業が「商標登録」している名称や、意匠登録しているデザ

記事を読む

サラリーマン節税

サラリーマンが副業で天引きされた税金を返還してもらう仕組み

友人のサラリーマンで、けっこうヒマがある人いるんですよね。でも、金がない。「週に1、2時間でも副業す

記事を読む

リース

起業するなら買い取りよりリースのほうが良い場合も

これまで、リースには「結局は高い買い物」とか「契約とかいろいろ面倒くさそう」といった悪いイメージしか

記事を読む

クレカ必須

ネットショップ運営者にクレジットカードは必須である2つの理由

現金主義の人も多いですが、ネットショップをやるとなれば、そのポリシーは捨てたほうが良いかもしれま

記事を読む

繁盛店になるにはセミナー

Eストアーの無料セミナー「繁盛店を目指すには」に参加してみた

慢心とは、「心の中で自分のことを自慢すること。おごり高ぶる心。」という意味です。自慢する気持

記事を読む

EC CUBEはバージョン2.13がオススメ

過去にインストールして試してみたCMSは数知れず。Movable Typeに始まり、XOOPS、Dr

記事を読む

個人法人

個人と法人の違い(ネットショップの場合)

法人と個人事業の違いとか、メリット・デメリットとかは、検索するとたくさん出てくるので省略して、ネット

記事を読む

no image

海外から商品を仕入れるにはどうすれば良い?

海外から商品を仕入れる方法は、大きく分けると2つ。 1つは、日本に居ながらにしてネットを使い仕

記事を読む

ビンテージ・グッズ

海外でゴミになるようなモノが日本では商品になる転用の発想

文化の違いで、アメリカやイタリア、フランスではゴミとして捨てられているようなモノが、「日本では商

記事を読む

no image

配偶者控除廃止だ!?副業でネットショップをやろう

「今の税金でやりくりできないからって、また増税か?」と憤慨されている方も多いかもしれませんね。ま、政

記事を読む

Adsense

Adsense

TPPに注目
TPP協定発効でネット販売市場はさらに伸びるか

「もう、ネット販売は儲からない。」「モノ余りでモノは売れない。

ニッポンの社訓はすごい
ニッポンの社訓はすごい!から8社

30分の時間つぶしのために、いつものコンビニの雑誌コーナー。さっと見渡

クレカ必須
ネットショップ運営者にクレジットカードは必須である2つの理由

現金主義の人も多いですが、ネットショップをやるとなれば、そのポリシ

消費者直送を嫌がるメーカー・消費者直送をすべきメーカー

個人宅への直送を嫌がるメーカーが口をそろえて言うのが「トラブルが嫌

勘違い
かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが

→もっと見る

PAGE TOP ↑