*

ウェブサイトを更新しないといけない理由(1)

公開日: : 最終更新日:2016/05/02 ネットショップ運営, ネットビジネス, マーケティング

「ホームページを作ったら毎日更新しましょう。」というのが、昔(2000年頃)のアクセスアップの金科玉条のひとつでした。じゃ、当時、毎日更新すれば確実にアクセスが増えたのかというと、よくわからない・・・実際のところ皆よくわからず信じてた感じですね。

最近では、内部リンクだの外部リンクだの、高度な話になってきたわけですが、この「更新」というのは、アクセスアップにとどまらず、サイトの信頼性の向上も含めて、重要な事項ではないかと思うのです。

というのも、参照元リンク(ユーザーがやってきた元のサイト)を見ていて、当サイトにリンクがはられているサイトをたまたま見ました。「ネットショップを開業するのに参考になるサイト集」といった感じのブログです。

そこの紹介文は、半分は微妙に褒められつつも、後半部分では、「レンタルサーバー比較の情報が古いから注意です。」とありました。

おっしゃるとおり!

ごもっとも!

古すぎます。

だいたい、「ネットショップ開業」をテーマにしているにもかかわらず、このご時世にC*IとかW*DAXとか載せているのは、時代錯誤も甚だしいわけです。サイトを訪問してくれたユーザーに対して、適切でない情報を伝えることになるので、非常に良くないですね。

「サイトを見ていてWAD*Xが良さそうなので借りました!初心者ですが、頑張ります!」なんてメールをもらったら、なんてお詫びしてよいやら。(※w*daxはとても2016年でも良いサーバーですが、初心者がネットショップを始めるには不適。)

コンテンツ拡充のために古い情報も置いておくのはアリだとは思いますが、「これは昔の情報です。賞味期限が切れているので消費は自己責任でお願い致します。」といった注意書きなりを、しておかないといけないですね。

コンテンツについて真面目に考えつつある今日このごろ。

Adsense

関連記事

記事が多い理由

なぜショップサーブの記事が多いのか。その理由。

なぜショップサーブの記事が多いのか。 最大の理由のひとつは、「ショップサーブを使っている人が多

記事を読む

ダイレクトメール

ダイレクトメールの件名の工夫について

Eメール版ダイレクトメール(スパムメール)の傾向として、件名の頭にアニメーションGIFが入っているの

記事を読む

市場規模マップ

暇つぶしのお供は市場規模マップで

最近のインターネットは面白くなくなった・・・なんて聞きますが、おもしろいものが見つけにくくなっただけ

記事を読む

no image

ピア・プレッシャー(同化圧力)とは

18時。 定時終わりで、「さぁ帰ろう」と思うけど、周りはみんな定番の残業を黙々と。 帰り

記事を読む

ローボール・テクニック

ローボール・テクニックを応用する

ローボールとは低い球。高い球より捕りやすい。野球から来ているのかどうかは知りませんが、「生ビール1杯

記事を読む

no image

Window10にアップグレードしてみた

「アップグレードしてください。」のメッセージがあまりにうざいので、Windows10にアップグレード

記事を読む

またのご利用

注文キャンセルメール テンプレート

昨日の客としてキャンセルのメールを書くのとは逆で、キャンセルを受理したときのお店側のテンプレート文例

記事を読む

動画風・・・意味なし

クリック率が高くなる仕掛け(動画風)を作ってみた

動画風バナーというか、「これクリックすると動画が再生される」と思ってしまうバナーです。で、ついクリッ

記事を読む

アイデア

アイデアはすぐにドメインを取って形にしておく

ネットビジネス後発組は、SEOのスキルがないと検索上位への道はなかなか厳しいです。そこで、逆転の発想

記事を読む

マッチングサイトの作り方

仲介サイト(マッチングサイト)の作り方について

検索キーワードがほとんど取得できなくなったので月単位でも目を通せるレベルです。楽しみが減ったといえば

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑