*

売れているお店からテクニックを学ぶ

公開日: : 最終更新日:2017/05/13 ネットショップ運営, 売上アップの方法

売れているお店には、販売のコツが満載です。今回は、某ショッピングモールの2015年の受賞店を覗いて回りました。受賞は、ショップサーブが毎年開催しているネットショップ大賞と同じように、単に売り上げだけではなく、リピート率なども評価対象に入ります。

1.「○○円で送料無料」ではなく「送料無料にしてしまおう!」
2.トリプルを使ったウェブデザイン
3.リアルタイム注文状況
4.安さの演出に欠かせないこの2色の組み合わせ
5.モデルの顔を出すのと出さないのとで
6.アメカジのお店

1.「○○円で送料無料」ではなく「送料無料にしてしまおう!」

その発想はなかったですね。「5,000円以上は送料無料!」とだけ謳うことは普通ですが、レディース1位のランジェリ-ショップは、送料を無料にしましょうというアピールバナーを作って、送料無料を積極的におしています。

2.トリプルを使ったウェブデザイン

レディース2位のアパレルショップは、「自由なデザインが作れる」有料オプションを使って、自社サイトで表現するようなおしゃれなウェブデザイン。これだけで売り上げが上がるわけではありませんが、アパレルは印象が大事ですからね。作り込んでいるのがよくわかります。

3.リアルタイム注文状況

3位のレディースのアパレル・ショップでは、ファーストビューがブラウザの8割を占めるようなインパクトの特大バナーです。セール感がよく伝わってきます。また、下部には、「現在の注文状況」がリアルタイムに表示されています。このような繁盛感の演出は、人気店では定番となっております。

4.安さの演出に欠かせないこの2色の組み合わせ

今度はメンズ・ファッションの1位のお店です。レディースの上位が、オシャレ感のあるデザインだったのに対し、このお店は、安さを全面に出す赤の背景に黄色の文字という、あのハンバーガーチェーンの配色スタイルです。モデルさんは20代~30前半ぽいので、ターゲットもその辺りでしょう。

安さの演出

5.モデルの顔を出すのと出さないのとで

上のメンズファッション1位のお店と2位のお店の、ファーストビューの決定的な違いは「モデルの顔」です。1位のお店は、サイト全体に渡ってモデルさんの顔が出ています。それで、モデルさんに近い年齢の人は反応すると思いますが、オジサンは「違う」と思うでしょう。

2位のお店は、モデルさんが洋服を着ている写真ですが、顔は出ていません。意図的ではないと思いますが、顔が出ていないことで、幅広い年齢層から見られる可能性はありそうです。年齢ターゲットを絞っているお店さんは、同年代のモデルさんの顔写真を印象づけをすると、離脱率を下げる役にはたちそうです。

6.やっぱり専門店

メンズ3位はアメカジの専門店です。アパレルの中でも、さらにジャンルを絞った専門店という成功鉄則をおさえています。レイアウト崩れなどはありますが、それで売り上げが落ちるということもありません。「当店はスピード発送」と言い切っていて、早くお届けするポリシーがわかりやすいです。


Adsense

関連記事

no image

アクセスユーザーは4タイプに分けて考える

ネットショップを公開すると、予想通りのアクセス以外、予想外の訪問者もたくさんやってくるようになります

記事を読む

自社内で

自社内でネットショップを立ち上げた場合の運用コストについて

自社内で通販事業部を立ち上げる場合の運用コストについて。 すでに製品があるものとして考えた

記事を読む

Eストアーリピート

長年使ってやっと分かったショップサーブの価値

「ネットショップを開業するにはホームページを制作しないといけないのか?」というレベルの人もいれば

記事を読む

Googleドライブ

アンケートフォームならGoogleドライブがおすすめ

これまでアンケートフォームといえば、フォームメールCGIを独自に設置したり、広告付きのレンタルを借り

記事を読む

フリーランスの自己ブランディング

超キケン「自己ブランディング」なしのフリーランス起業

その投稿が命取り たまたま周りにフリーランスの人が何人かいます。フリーランスとは、個人で活躍してい

記事を読む

一発出禁

代引きを受け取らなかったら一発で出禁

「代引きで注文して受け取らない人」がいます。いわゆる「代引きの受け取り拒否」です。 受け取り拒

記事を読む

コピペ撲滅

コピペのコピーを複数登録可能な無料ソフト

パソコンを手にして以来、いったい何千回、何万回のコピペをしたでしょうか。1日30回として1年で109

記事を読む

no image

ネットショップとしてオリンピック特需にあやかる方法を考えよう

「オリンピック特需」を英語で言うと「Olympic special demand」とそのままです

記事を読む

no image

ネットショップの選び方(独学派か学校派か)

ネットショップ開業サービスを選ぶ際の基準について・・・ 何か新しいことを始めるとき、「自力でで

記事を読む

ドキドキ

真剣にネットショップ開業を目指す方のためのテキスト

ネットショップ能力認定機構という団体があって、そこが出版している公式テキストがオススメです。今すぐ開

記事を読む

Adsense

Adsense

屋号を占い、社名判断、姓名判断にに頼る
屋号を占い、社名判断、姓名判断に頼るのはアリ!?

社名占い.com 姓名判断の社名版です。「社名や屋号の画数によっ

副業GO
副業はネットショップでGO!

「脱サラしてネットショップ起業」なんて言葉も、なつかしいですが、今では

メルカリとネットショップ比較
メルカリとネットショップの比較(何がどう違うのか。)

「物は試し」とメルカリを使って商品を販売してみました。売れるのは売れま

銀行口座一括管理
複数の銀行口座が一括管理できる超便利なサービス

ネットビジネスをやっている人は、銀行口座を5つも6つも使っていることも

TシャツEストアー
Tシャツが売れる時期、売れない時期

Tシャツが売れるのは春から秋にかけてですね。4月から徐々に売れ始めて7

→もっと見る

PAGE TOP ↑