*

売れているお店からテクニックを学ぶ

公開日: : 最終更新日:2017/05/13 ネットショップ運営, 売上アップの方法

売れているお店には、販売のコツが満載です。今回は、某ショッピングモールの2015年の受賞店を覗いて回りました。受賞は、ショップサーブが毎年開催しているネットショップ大賞と同じように、単に売り上げだけではなく、リピート率なども評価対象に入ります。

1.「○○円で送料無料」ではなく「送料無料にしてしまおう!」
2.トリプルを使ったウェブデザイン
3.リアルタイム注文状況
4.安さの演出に欠かせないこの2色の組み合わせ
5.モデルの顔を出すのと出さないのとで
6.アメカジのお店

1.「○○円で送料無料」ではなく「送料無料にしてしまおう!」

その発想はなかったですね。「5,000円以上は送料無料!」とだけ謳うことは普通ですが、レディース1位のランジェリ-ショップは、送料を無料にしましょうというアピールバナーを作って、送料無料を積極的におしています。

2.トリプルを使ったウェブデザイン

レディース2位のアパレルショップは、「自由なデザインが作れる」有料オプションを使って、自社サイトで表現するようなおしゃれなウェブデザイン。これだけで売り上げが上がるわけではありませんが、アパレルは印象が大事ですからね。作り込んでいるのがよくわかります。

3.リアルタイム注文状況

3位のレディースのアパレル・ショップでは、ファーストビューがブラウザの8割を占めるようなインパクトの特大バナーです。セール感がよく伝わってきます。また、下部には、「現在の注文状況」がリアルタイムに表示されています。このような繁盛感の演出は、人気店では定番となっております。

4.安さの演出に欠かせないこの2色の組み合わせ

今度はメンズ・ファッションの1位のお店です。レディースの上位が、オシャレ感のあるデザインだったのに対し、このお店は、安さを全面に出す赤の背景に黄色の文字という、あのハンバーガーチェーンの配色スタイルです。モデルさんは20代~30前半ぽいので、ターゲットもその辺りでしょう。

安さの演出

5.モデルの顔を出すのと出さないのとで

上のメンズファッション1位のお店と2位のお店の、ファーストビューの決定的な違いは「モデルの顔」です。1位のお店は、サイト全体に渡ってモデルさんの顔が出ています。それで、モデルさんに近い年齢の人は反応すると思いますが、オジサンは「違う」と思うでしょう。

2位のお店は、モデルさんが洋服を着ている写真ですが、顔は出ていません。意図的ではないと思いますが、顔が出ていないことで、幅広い年齢層から見られる可能性はありそうです。年齢ターゲットを絞っているお店さんは、同年代のモデルさんの顔写真を印象づけをすると、離脱率を下げる役にはたちそうです。

6.やっぱり専門店

メンズ3位はアメカジの専門店です。アパレルの中でも、さらにジャンルを絞った専門店という成功鉄則をおさえています。レイアウト崩れなどはありますが、それで売り上げが落ちるということもありません。「当店はスピード発送」と言い切っていて、早くお届けするポリシーがわかりやすいです。


Adsense

関連記事

改ざん問題

ネットショップ初心者向け基礎知識

ネットショップを始めた。お店づくりにはどんな選択肢があって、どのように選べば良いのかを知らない。そん

記事を読む

動画で売上アップ

使用例や使用感の動画満載で受注率アップ

少し前の日経MJに『パナソニックが新商品(衣類スチーマー)のマーケティングで動画を多用したところ、「

記事を読む

ページ作り

ページ作りが一番大変で一番時間がかかる

出店申し込みをして、お店の体をなすまでの作業も大変ですが、それ以上に大変なのがランディングページなど

記事を読む

とっておきの副業30

とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社は業績が落ちてくると、まずは最

記事を読む

no image

領収書を販売すること自体は普通に合法!?

この季節になると、ネットショップ運営者定番の会計ソフトfreeeの画面とにらめっこしながら、涙を流し

記事を読む

テーマは着せ替え

テーマをインストールする(デザインの着せ替え)

wordpressの優れているのはデザイン(テーマ)が自由に着せ替えできる点です。インストールしただ

記事を読む

no image

インク代、トナー代を節約する方法

インク代ってバカにならないんですよね~。プリンタ本体は安いのに、「消耗するインク代はバカ高い」と

記事を読む

売れない理由

売れない理由って単純じゃない?4つくらい?

売れない理由って、実は、単純じゃないのかな?とない頭で考えてみました。 売れない理由は全部で4

記事を読む

カラーミー

ハンドメイド品のカラーミショップユーザー店舗利用

「これは欲しい!」というものがあって検索したところ、カラーミーショップに出店している店舗さんがヒット

記事を読む

レスポンシブ・ウェブ・デザイン

レスポンシブ・ウェブ・デザイン(RWD)急務!

Googleのモバイル検索のランキングに影響があると言われてるレスポンシブ・ウェブ・デザイン。簡単に

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
従来型バッグとスーツケース(キャリーバッグ)

「出張時はスーツケース(キャリーバッグ)」が定番化しつつあります。そん

ネットショップ講座名古屋
ネットショップ講座 名古屋

久々のオモシロキーワードです。 「ネットショップ講座 名古屋」

現状維持
恐るべし「現状維持の法則」

打ち合わせでランチに行ったとき、おもしろいメニューがたくさんあって「食

心理学
ネットショップ運営は心理学だ!?

商品をネットに公開するだけで売れていたのは今は昔。マーケティングにセー

ココナラ
副業派必読「得意を売り買いココナラ」はすばらしいキャッチコピーだから「出品してみた感想」

「ネット業界の人」ということが周りに周知されたようで、「こんなコマーシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑