*

ネット販売向け屋号口座が作れるオススメの銀行

公開日: : 最終更新日:2017/02/06 ネットショップ運営, 起業や開業

もうね、頭の古い人とはお話ができないです。ソニー銀行とか新生銀行とか楽天銀行とか、ネット専用の銀行名を言うと「え?大丈夫なの?(怪しいんじゃないの?)」って。

名前を知っている銀行=安全

名前を知らない銀行=怪しい

なんか、そんな感じで思っているようです(笑)。ま、そこは、別に「全然大丈夫ですよ。」とか説得はしないですけどね。「ふぅ~ん」って感じ(若干バカにしてるかも・・w)。

さて、屋号口座が簡単に作れるのは楽天銀行ですね。ネットショップ運営者には定番の銀行なので、まだ作っていない場合は作っておきましょう。

新生銀行も人気があるのですが、こちらは残念ながら屋号口座は作れません。プライベート用に使うか、仕入れ代金の支払い用に使うかにしたほうが良いです。なんたって、振込手数料が無料ですからね。しかも、コンビニATMからの引き出しも無料。知らない人意外に多いんじゃないでしょうか。

ちなみに、新生銀行はネット専業ではなく、少ないですが店舗があります。北は北海道(札幌)から、仙台、東京、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡まで。沖縄はないです。

各店舗は9時から17時まで開いています。直接行けば、店舗で口座を開設することができます。面白いのが、紙て、後日キャッシュカードや暗証番号(その場で決めることもできる)が送られてきます。同時にネットバンキングも使えるようになります。最初の預け入れも不要で0円でOKです。

ただ、、、、口座開設完了後、粗品はついてきます。

これ。

新生銀行粗品

いらね~。

そこは、粗品なしでスマートにしてほしかった!

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

no image

ショップ運営者のメール処理テクニック

ショッピングモールに出店して間もない運営者から「某hoo!さんから、こんなメールが来たのですが、どう

記事を読む

卸契約

ネット卸販売契約書ひな形を作る前に考える

ネットで卸販売をする場合、心配になるのが取引先とのトラブルです。トラブルの代表例は「夜逃げや倒産など

記事を読む

コピペ撲滅

コピペのコピーを複数登録可能な無料ソフト

パソコンを手にして以来、いったい何千回、何万回のコピペをしたでしょうか。1日30回として1年で109

記事を読む

知識は役立つ

ネットショップ運営で得た知識は役立つ

片手間、趣味感覚で始められるウェブショップ。たかがオンラインショップですが、されどNETSHOP。E

記事を読む

横取りマーケティング

スマホサイト横取りマーケティング

すでにスマホ・ショッピング全盛です。楽天やヤフーに出店しているネットショップは、スマホからアクセスし

記事を読む

大人専用

難しいことはイヤ!簡単にオリジナルロゴを作りたい。

ネットショップをやっていても、ロゴ作成だの写真編集だの、面倒くさくなるんですよね。いちいちソフトを立

記事を読む

no image

ロート製薬の副業解禁

ロート製薬が副業(兼業)を解禁するそうです(勤続3年以上の国内正社員という条件)。関連記事を読むと、

記事を読む

副業モバイル格安SIM

副業のモバイル環境、格安SIMについて

ネットショップ開業は副業として始める時代となって久しいですが、サイドビジネスを持つ人の大半は、本業の

記事を読む

no image

顧客視点と販売者視点のズレ

まだWindows10にアップグレードしていません。 理由はリスクや不安、心配です。 ・

記事を読む

シンメトリー効果

デザインはシンメトリー効果を意識する

シンメトリーとは左右対称や上下左右でつり合っていること。ホームページのレイアウトが崩れていると「この

記事を読む

Adsense

Adsense

プレスリリース
なぜ、このプレスリリースはそこまで難解なのか

ショップサーブで本店ネットショップを運営しているじゃないですか。たまに

AIDMAの法則
消費者の購買決定プロセスAIDMAの法則の例

消費者が商品を購入するまでの心理を5つのステップに分けたのがAIDMA

顧客ランクは3つで良い
顧客ランクって3つくらいでいいんじゃないの?

ショップサーブの顧客ランク設定を見て思ったんですが、ランク無し

シェアの逆転
シェアの逆転

今、ネットショップ運営者にとってブラウザと言えば、Chromeが定番じ

タイムマネジメント
今こそ、受験生から副業希望のビジネスマン、OLまでタイムマネジメントを

前回の記事「副業で成功する人はKPIを使っているのかもしれない

→もっと見る

PAGE TOP ↑