*

ネット販売向け屋号口座が作れるオススメの銀行

公開日: : 最終更新日:2017/02/06 ネットショップ運営, 起業や開業

もうね、頭の古い人とはお話ができないです。ソニー銀行とか新生銀行とか楽天銀行とか、ネット専用の銀行名を言うと「え?大丈夫なの?(怪しいんじゃないの?)」って。

名前を知っている銀行=安全

名前を知らない銀行=怪しい

なんか、そんな感じで思っているようです(笑)。ま、そこは、別に「全然大丈夫ですよ。」とか説得はしないですけどね。「ふぅ~ん」って感じ(若干バカにしてるかも・・w)。

さて、屋号口座が簡単に作れるのは楽天銀行ですね。ネットショップ運営者には定番の銀行なので、まだ作っていない場合は作っておきましょう。

新生銀行も人気があるのですが、こちらは残念ながら屋号口座は作れません。プライベート用に使うか、仕入れ代金の支払い用に使うかにしたほうが良いです。なんたって、振込手数料が無料ですからね。しかも、コンビニATMからの引き出しも無料。知らない人意外に多いんじゃないでしょうか。

ちなみに、新生銀行はネット専業ではなく、少ないですが店舗があります。北は北海道(札幌)から、仙台、東京、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡まで。沖縄はないです。

各店舗は9時から17時まで開いています。直接行けば、店舗で口座を開設することができます。面白いのが、紙て、後日キャッシュカードや暗証番号(その場で決めることもできる)が送られてきます。同時にネットバンキングも使えるようになります。最初の預け入れも不要で0円でOKです。

ただ、、、、口座開設完了後、粗品はついてきます。

これ。

新生銀行粗品

いらね~。

そこは、粗品なしでスマートにしてほしかった!

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

売れない理由

売れない理由って単純じゃない?4つくらい?

売れない理由って、実は、単純じゃないのかな?とない頭で考えてみました。 売れない理由は全部で4

記事を読む

no image

「ネットショップ開業ホームページ制作」は120%間違いです

「ネットショップを開業しよう。」 「ネットショップを開業したい。」 「ということは、ホー

記事を読む

no image

「暖冬でアパレル関連苦戦」に学ぶ

2015~2016年にかけての冬は暖冬ですが、特にアパレル関係は苦戦したようです。「ダウンやコートな

記事を読む

Tシャツ

Tシャツ作成代と送料が無料になる楽しい企画がスタート

BASE株式会社(東京都)が、楽しい企画を始めた模様。 Tシャツ作成アプリで作ったTシャツの原

記事を読む

no image

まとめ割キタ!(Eストアーお知らせ)

Eストアーのお知らせ いま読みました。 「3足で1,000円!」(1足なら400)

記事を読む

屋号2つ以上

屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は1つしか届けでることができませ

記事を読む

クレカ必須

ネットショップ運営者にクレジットカードは必須である2つの理由

現金主義の人も多いですが、ネットショップをやるとなれば、そのポリシーは捨てたほうが良いかもしれま

記事を読む

no image

ステマは倫理観の問題

たまたま同業者のサイトを見た時、レビューのひとつが、明らかに自作自演でした。一般ユーザーが知る由もな

記事を読む

マレーシア移住

マレーシアに移住するには

マレーシアに移住たいという人と一期一会的に。 その考えはなかったですね~ マレー

記事を読む

Googleドライブ

アンケートフォームならGoogleドライブがおすすめ

これまでアンケートフォームといえば、フォームメールCGIを独自に設置したり、広告付きのレンタルを借り

記事を読む

Adsense

Adsense

IT関係得意
周りの人よりパソコン得意だから頼られる。うざい。

こんな実話がありました。 Aさん「俺さ~ん、スマホが壊れちゃって

屋号を占い、社名判断、姓名判断にに頼る
屋号を占い、社名判断、姓名判断に頼るのはアリ!?

社名占い.com 姓名判断の社名版です。「社名や屋号の画数によっ

副業GO
副業はネットショップでGO!

「脱サラしてネットショップ起業」なんて言葉も、なつかしいですが、今では

メルカリとネットショップ比較
メルカリとネットショップの比較(何がどう違うのか。)

「物は試し」とメルカリを使って商品を販売してみました。売れるのは売れま

銀行口座一括管理
複数の銀行口座が一括管理できる超便利なサービス

ネットビジネスをやっている人は、銀行口座を5つも6つも使っていることも

→もっと見る

PAGE TOP ↑