*

ネット販売向け屋号口座が作れるオススメの銀行

公開日: : 最終更新日:2017/02/06 ネットショップ運営, 起業や開業

もうね、頭の古い人とはお話ができないです。ソニー銀行とか新生銀行とか楽天銀行とか、ネット専用の銀行名を言うと「え?大丈夫なの?(怪しいんじゃないの?)」って。

名前を知っている銀行=安全

名前を知らない銀行=怪しい

なんか、そんな感じで思っているようです(笑)。ま、そこは、別に「全然大丈夫ですよ。」とか説得はしないですけどね。「ふぅ~ん」って感じ(若干バカにしてるかも・・w)。

さて、屋号口座が簡単に作れるのは楽天銀行ですね。ネットショップ運営者には定番の銀行なので、まだ作っていない場合は作っておきましょう。

新生銀行も人気があるのですが、こちらは残念ながら屋号口座は作れません。プライベート用に使うか、仕入れ代金の支払い用に使うかにしたほうが良いです。なんたって、振込手数料が無料ですからね。しかも、コンビニATMからの引き出しも無料。知らない人意外に多いんじゃないでしょうか。

ちなみに、新生銀行はネット専業ではなく、少ないですが店舗があります。北は北海道(札幌)から、仙台、東京、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡まで。沖縄はないです。

各店舗は9時から17時まで開いています。直接行けば、店舗で口座を開設することができます。面白いのが、紙て、後日キャッシュカードや暗証番号(その場で決めることもできる)が送られてきます。同時にネットバンキングも使えるようになります。最初の預け入れも不要で0円でOKです。

ただ、、、、口座開設完了後、粗品はついてきます。

これ。

新生銀行粗品

いらね~。

そこは、粗品なしでスマートにしてほしかった!

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

no image

Amazon大口出品サービス出店時の注意点

国内最強級の集客力を誇るアマゾンですが商品によってはよく売れる場合があります。まずは、小口出品サービ

記事を読む

なブログ終了

「なブログ」サービス終了で独自ドメイン所有の重要性を痛感

ブログでネットショップを作るというコーナーから、ブログサービスの「なブログ」へ移動すると、「サービス

記事を読む

必要なもの

副業のネットショップ起業に必要なもの

最小単位は(1)商材と(2)銀行口座です。一応、これだけあれば、ネット販売ができます。 で

記事を読む

屋号を占い、社名判断、姓名判断にに頼る

屋号を占い、社名判断、姓名判断に頼るのはアリ!?

社名占い.com 姓名判断の社名版です。「社名や屋号の画数によって運命が変わる!業績が変わる!

記事を読む

通販アプリ

個人でネット販売を始めるには通販アプリが簡単

そうなんですよね~。今は、スマホやタブレットのアプリで個人通販が始められる時代です。おそらく、通販ア

記事を読む

落とし穴

クリックされる広告を作るのに役立つ7つの考え

「広告見る→クリック→読む→買う」という流れを作りたいわけですが、いったいどういった広告を作れ良いの

記事を読む

アイデア

アイデアはすぐにドメインを取って形にしておく

ネットビジネス後発組は、SEOのスキルがないと検索上位への道はなかなか厳しいです。そこで、逆転の発想

記事を読む

ペイパル

外注したらPaypal払いだったので使ってみた

自分でやれば10時間はかかるような作業を外注してみました。金額は1万円ほど。プロなので、自分でやるよ

記事を読む

株売買

株式売買のために証券会社に再び口座を作ってみた

気になる企業があったので、株を買ってみようと思って証券会社の口座開設をしました。(Eストアー(シ

記事を読む

ルナスケープ

Lunascape(ルナスケープ)

Lunascape(ルナスケープ)とは、Chromeやインターネット・エクスプローラーなどと同じ、イ

記事を読む

Adsense

Adsense

信用
人の言っていることも信用できないけど自分の言動も信用できない

「Tシャツ専門のネットショップをやりたい。」という気持ちを10年以上前

ネットがつまらない
ネットがつまらなくなった理由を考えてみた

古くからネットをやっている人で「ネットつまらなくなったよね~」という人

新しいネットショップ
久々に新しいネットショップを立ち上げてみた

ひまになったので、新しい商材でネットショップを立ち上げてみました。ひと

ロボット掃除機
今後伸びる熱い市場、狙い目商品はロボット掃除機!?

「ルンバが欲しい。」なんてよく聞きますがまったく興味なし。「だいたい段

即戦力
副業も本気でやる人が勝ち残る時代

副業でも本業でも、結局のところ、知識や経験、スキルレベルや人脈などが豊

→もっと見る

PAGE TOP ↑