*

自社サイトにヤフーショッピングを埋め込む方法

いくつか考えられるものを。

1つ目は、自社サイト内に商品ページが既にあって、そのページにヤフーショッピングへのカートボタンを配置する方法。これだと、カートボタンを押した後は、ヤフーショッピングに移動してしまって、最終的に、自社サイトに帰ってこられない場合があります。

2つ目は、FRAMEタグを使えば、ブラウザの上部は常に自社サイトのリンクを出しておいて、下のフレームの中身だけヤフーショッピングにするという方法があります。

FRAME

これなら、ユーザーを常時自社サイト内に留めることが可能です。でも、FRAMEタグは廃止の方向なので、HTMLのスキルに問題がなければ、とりあえずFRAMEでやっておけば済みます。

<frameset cols=”*” rows=”100,*” border=”yes” framespacing=”10″>
<frame src=”会社ナビ.html” name=”navi” frameborder=”yes” scrolling=”yes”>
<frame src=”http://store.shopping.yahoo.co.jp/店名/” name=”main” frameborder=”yes”>
<noframes>
<body>
このページはフレーム対応のブラウザで見てください。
</body>
</noframes>
</frameset>

こんな感じですね。

廃止になるHTMLを使いたくない場合は、iframeタグを使えば、自社サイト内にショッピングのサイトを、文字通り埋め込んだ形になりますが、これは見た目にもおすすめできないし、そんなことやってるお店も見たことないですね。iframeをCSSで加工?すると、FRAMEのような使い方もできるようですが、あまりにマニアック過ぎて、手が届きません。

Adsense

関連記事

ヤフーショッピング

yahoo! shoppingのページ作りはHP作成の基礎から

「yahoo! shoppingのプロフェッショナルに出店したのはいいけど、一体どうやってページを作

記事を読む

掲示板

掲示板を使う文化はとっくに終焉を迎えていた。

昔は「ホームページを作ったら掲示板(BBS)を付けましょう。」といったルールがありました。 け

記事を読む

提灯記事

記事広告と提灯記事とステルスマーケティング

またひとつ言葉を学習。 「提灯(ちょうちん)記事」 ちょっと古めかしい言葉ですがステルス

記事を読む

SSL引っ越し注意

共用SSLの使い方にちょっと注意

個人情報などを送信するページはSSL(暗号化通信)を使うのが常識。でも、独自SSLを買うのはもったい

記事を読む

アクセス解析

ネットショップ運営者が押さえるべきアクセス解析8つのポイント

ネットショップを開店して1~2年は毎日のようにアクセス解析を見てました。何人の訪問があったのか、どの

記事を読む

オリジナル商品の作り方

いろいろあるオリジナル商品の作り方のまとめ

ショップ運営も軌道に乗るとオリジナル商品を作りたくなるもの。オリジナル商品は、販売価格を自由につ

記事を読む

集客力強化

集客力を強化するための裏ワザ

書いてしまった段階で裏ワザではないんですが、見ている人は少ないですからね。見て使った人には裏ワザです

記事を読む

no image

11月の訪問キーワードトップ10

先月の訪問キーワードのトップ10。 トップは「ネット販売 個人」です。「どのような疑問

記事を読む

売却

譲渡目的でECサイト(ネットショップ含む)を作る件

「ネットショップ、あるいは、ブログやアフィリサイトなど、収益を生むサイトを作ってそれを売却する」とい

記事を読む

記事ライター

副業記事ライターが知るべきの3つの知識

ネットには色んな仕事があって、その中の内職的仕事のひとつが記事ライター。ブログやサイトの記事を書いて

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑