*

つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

公開日: : 最終更新日:2018/06/04 ネーミング・キャッチコピー

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい読んでしまいました。さすが、キャッチコピーのプロでしょうか。タイトルで目を引かせ、最後まで読ませるテクニックはなかなかのものです。その回は、ブログの「タイトル」をどのように作るか?について解説したものです。テクニックは全部で4つです。

1つ目は、赤いカラスを例に、人の予想を裏切る言葉の組合せで興味を持たせる、といったものです。「なぁ~んだ、これ認知的不協和じゃん。」と。でも、心理学用語を使わず解説しているところが、うまいですね。この手法は簡単に目を引くタイトルが作れるし、一番使い勝手が良いかもしれません。

2つ目は、反社会性。毎日ニュースから事故や事件が大量に流れて来ます。人は悪いニュースのほうを好んで知りたがるという性質があるようです。キャッチコピーでは、そこまで事故的な内容ではなく、「税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ」や、「税金を払うやつはバカ!」に見るように、軽く反するようなイメージです。

3つ目は、具体性です。人は、具体的になればなるほど興味を持つ性質があるようです。「運動すれば痩せる」よりも「2週間運動を続けると3kgは痩せる」、「買ってください!」と一言言うよりも、「倒産の危機なのでこれを買ってください!」など。数字を使うとより具体的になります。広告でも数字を入れる番ですが、この理由からですね。

4つ目は、ベネフィットです。ランディングページでもお馴染みのやつです。「ドリルを売るには穴を売れ」にもあるように、ドリルを買う人はドリルが欲しいのではなく「穴をあけたい。」という欲求があるということです。要するに、その購入の根本的な理由で訴求しましょうということです。

ネットショップ開業したい!というの多くは、ECサイトを運営したいのではなく、「副業で収入を得たい。」「通勤地獄から開放されて自由な働き方をしたい。」といった根源的な理由があります。

だから、例えば、ショップサーブなら、流通総額だのシステムだの、カートがどうの、とアピールするよりも、「うちを使うと副収入月5万円はいけますよ。ひひひ。しかも、副業バレない方法まで伝授しちゃいます。」なんて言えれば良いのですが、収入はお約束できるもんじゃないので、ひたすら無難にスペックをアピールするしかないわけです。



Adsense

関連記事

ネーミングの鉄則

ネット販売向けオリジナル商品のネーミングの鉄則

手元にある音楽CDを見て思ったのが、このアーティスト、曲名のほとんどが完全オリジナルなんです。造語も

記事を読む

LPOケーススタディ

ランディグページのデザイン・設計のケーススタディー

英語が聞き取れないコンプレックスを持っているがために、つい反応してしまった広告がこれ。イ*ラン先生・

記事を読む

偽装の疑い

そのブログ、主婦偽装の疑惑あり

暇つぶしに「主婦のネットショップ開業」についての情報を探してみました。そこで目についたのが、2013

記事を読む

家電メーカー

買わないけど真似たい大手家電メーカー

3、4年前に、安いジェネリック家電メーカーの扇風機を買ったところ、それまで使っていた東芝製に比べ、音

記事を読む

うなる

優れたキャッチコピーにうなる

ランディングページを作る必要があって調べ物をしていたら、すばらしいキャッチコピーに出会ったので紹介し

記事を読む

shop

これは絶対欲しい。ネットショップ向けど真ん中のドメイン

yahoo!を見てたら「ネットビジネスを始めるなら!話題の.shopドメイン取得はここから。ECサイ

記事を読む

本店サイト

御社本店ネットショップは伸びてますか?意外なほどやっていない事がたくさんありますよ!

ネット通販事業として最初に公開したのが楽天。同時に「rakuten.co.jp」のつかない本店サイト

記事を読む

no image

オリジナルプリントを入れたダンボールや宅配袋の効果

昔々、それは、まだショッピングカートCGIなどを使っていた時代に、佐川のドライバー君が近所でネット販

記事を読む

動詞の名詞化

アクションボタンを動詞から名詞に変換する

ショッピングサイトをはじめランディングページにはユーザーにアクションを促すボタンが配置されていま

記事を読む

騙しのテクニック

騙しのテクニック、消費者はどこまで許容してくれるか

日本製と書いていたので買ったら中身は「Made in China」と書いていた!騙された!(怒)

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑