通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの開業方法 > Q&A > サラリーマンの副業がなぜ節税になるの?

サラリーマンの副業がなぜ節税になるの?

サラリーマンの節税

会社からもらう給料明細を見ると「所得税」という項目があって、毎月いくらかずつ天引きされているはずです。これは会社からもらっている給料に対する税金です。

例えば、年収300万の人なら、「毎月いくら」という税金の目安があるので、 自動的に徴収されているのです。でも、副業で100万円の赤字を出すと、実際の年収は200万円ということになります。

だから、会社から年収300万円として徴収されていた税金は「払いすぎ」ということになります。それを3月の確定申告のときに 「払い過ぎたので返してください」と申告するのです。返ってくるお金のことを還付金【かんぷきん】と言います。


副業が赤字のときだけ

例えば、Aさんは年収300万円のサラリーマン。1月~12月の副業の成績は赤字100万円。

(例1)副業なしの場合
会社に天引きされた税金 10万円(永遠に返ってこない)
(例2)副業で赤字100万円のとき
300-100=200万円 → 本当は税金5万円で良い。→3月の確定申告で5万返してもらえる
(例3)副業で黒字100万円
300+100=400万円 → 本当は税金40万円 → 3月の確定申告で追加で5万払う

※実際の税金は、既婚未婚や子供の数などによって、異なります。

副業するのに、わざわざ赤字?なぜ?

「収入を増やすための副業なのに、なんでわざわざ損を出す必要があるのか?」と思われるかもしれませんが、これは、誰もが知っている裏ワザです。いや、表ワザです。からくりがあります。そのしくみを理解して、ちゃんと使っている人だけが還付金【かんぷきん】を受け取ることができるのです。

例えば、ネットショップで年間100万円の売上があったとします。これを、そのまま国に報告してしまうと、年収400万円(サラリー300+副業100)になってしまいます。これだと、追加で税金を収めなければいけません。

でも、ネットショップを運営するには「パソコン」や「ネット回線」、「レンタルの費用」が必要です。また、ネットショップで結果を出すために「ビジネス書」を買って読みます。仕入れのために電車に乗ったり車に乗ったりもします。スマホ利用は当然です。

このように、ネットショップを運営、維持していくための活動に使ったお金のことを「経費【けいひ】」と言います。「100万円の売上があったけど、経費を引いてみるとマイナスになってしまった。」というときに限り、税金が返ってくるのです。

スマートフォン本体代や通信代も経費

「プライベートで使っているスマートフォン代や通信費まで、ショップ運営の経費にできるの?」

もちろんです。一度、スマートフォンの使用時間を自分で調べてみてください。勉強家のショップオーナーなら、フマートフォンを操作している時間の7割くらいはビジネス関係じゃないでしょうか。おそらく100%ショップ運営のためにスマフォを持ち歩いている人は少ないと思います。

このように、ひとつのスマホで、プライベートとビジネス両用として使っている場合、「使っている分だけ経費にすること」ができます。毎月のスマホ代が2000円だとすると、7割ビジネス関係なら1400円分を経費として計算することができます。

このように、ある支出を、プライベート用とビジネス用に分けて計算することを案分【あんぶん】と言います。法律上認められている考え方です。

ちなみに、管理人が個人事業主として活動していたころ、自家用車をよく使っていました。ほとんど100%仕事用に使っていたのですが、ガソリン代やガレージ代の70%を経費として計上していました。また、家賃10万円の賃貸マンションに住んでいて、仕事用に使っているスペースが全体の5分の1程度だったので家賃の20%の2万円を経費として算入していました。

もし、サラリーマン収入だけなら、ガソリン代もガレージ代も、家賃もすべて、天引きされた後の手取り(可処分所得【かしょぶんしょとく】と言う)から出費しなければ行けなかったことになります。

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP