通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの開業方法 > Q&A > 商品の仕入れはどうすればいいの?

商品の仕入れはどうすればいいの?

「ネットショップで起業したい。」あるいは、「副業で始めたい。」そんな人たちで仕入れるモノも仕入先もない!どうすれば良いの?といった悩みを持つ方が多いです。

詳しくは当サイトの仕入れカテゴリーを読んでいただければよいのですが、ここでは、簡単にネットショップの仕入れについてお伝えしたいと思います。

仕入れとは

仕入れは再販のために買う行為です。つまり、販売価格よりも安く買って利益を乗せて販売するために商品を入手するのが仕入れです。どこかの社長が「仕入れはショッピングだ。」と言うように、自分でモノを使うためではなく、売るためのショッピングとも言いかえられます。

結局のところ、人が買ってくれさえすれば、どこからいくらで買ってこようが自由です。近くのショッピングモールで安く売っていたモノに利益を乗せて販売しても良いですし、公園で拾った松ぼっくりや河原で拾った流木なども売ってしまって何ら問題ありません。

お客さんが買う値段をつけて売れさえすれば良いのがこの業界です。何をいくらで売っても自由です。もちろん、危険なモノや動物、飲食物などは規制があったり、許認可制であったりするので確認が必要です。

販売に許可はいるの?YES・NOチャート

在庫を持つ場合とそうでない場合

次に問題になるのが、在庫をもって販売するのか、在庫を持たずに販売するのか、という部分で仕入れ方法が変わってくることがあります。

仕入れ講座にもあるように、昔ながらの仕入れ方法だと、自宅や会社に商品を置いて販売する方法もありますが、今は、ネットで販売しておいて商品が売れてからメーカーや問屋に発注してお客さんに直送してもらう方法」が人気があります。

特に、あるネット卸サービスは取扱品目40万点の中から好きな商品を選択して(300点コースや1000点コースなど)してネットショップに公開。売れてから発注し商品も送ってもらえるサービスとして急激に利用者が増えています。お客さんに代金をもらってから仕入れ代金を払うので金銭的リスクもないし売れ残りを抱えることがありません。

300点仕入れのセレクトショップから始めよう

それとは逆に、従来のようにメーカーなどと仕入れ価格や数量などを相談して、例えば、初回に10万円分仕入れて、売り切るころにまた発注をかけるといったやり方のお店もたくさんあります。管理人の場合は両方のスタイルを取り入れています。

儲かる商品を仕入れたい

「儲かる商品を仕入れたい。」誰もが思うことです。でも、残念ながらいきなり儲かる商品を手にすることは難しいでしょう。また、このように考えている人は気に入った商品が見つかるまで動かないことが多く、結局いつまでたっても始められないという負のスパイラルに陥っています。

誰もが簡単に始められるネットショップですが、実は、やっている人の能力に初級、中級、上級とレベルが分かれています。経験も実績もない人がいきなり上級に飛ぶことはできません。最初は初級から初めて徐々にステップアップしていきます。

早く始めるほど、いろいろな知識やスキルを身につけていくことができます。スキルが身についてくると、いざ儲かる商品が現れたときに最大限の売り上げが取れる売り方もできるようになります。まずは行動してスキルを身につけていくことから始めてみてはいかがでしょうか。

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP