通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん

会計・経理・帳簿について

ネットショップの経理

経理については、いろいろな考え方があるので、自分にあったやり方を見つけましょう。ここでは、個人的な意見を述べさせて頂きます。

まず、経理の知識です。簿記の資格を取って、将来会計士や税理士を目指すのであれば、一生懸命勉強すればよいですが、ネットショップで使う簿記なんてごく一部です。必要な箇所だけ理解して、不要な箇所は無視するのが効率的です。

次に、ネットショップを運営するなかで、日々のお金の動きを記録することは重要ですが、その作業に時間を取られてしまっては本業がおろそかになります。できるだけ、短時間で処理ができるよう効率化を目指すのが良いです。簿記について、かるく説明します。


必要な簿記の知識

大半の人が青色申告でやっていると思いますが、最低限「複式簿記」という仕組みは理解する必要があります。家計簿やお小遣い帳とはちょっと違う形式なので、最初は戸惑うかもしれませんが、すごく優れた仕組みなので、ぜひ理解してください。

■小遣い帳式
入金 10000円
飲み代 -5000円
昼飯代 -5000円

■複式簿記
現金 10000円|小遣い 10000円  ・・・「小遣い」として「現金」をゲット
飲み代 5000円|現金 5000円 ・・・「飲み代」として「現金」が出て行った
昼飯代 4000円|現金 5000円 ・・・「昼飯代」として「現金」が出て行った

こんな感じです。お金に関する取引には、必ず「相手」がいますから、2つの意味を持たせることができるわけです。事務用品店でボールペンを買った場合、「現金が出て行った」だけではなく、「ボールペンを買った」という記録までつけるのが複式簿記です。

ただ、「ボールペン買った」とは書かずに、「消耗品」というふうに、大雑把な分け方をします。

消耗品 500円|現金 500円

左側を「借方 」、右側を「貸方」と誰がネーミングしたかわかりませんが、わかりにくい言葉が使われます。「ひだりとみぎでいいだろう」と思いますけどね。イメージとしては、左側は「イン(入ってきたモノ)」、右側は「アウト(出処)」という感じです。

仕入高 50000円|銀行口座 50000円

この場合、「仕入れ」が「イン」して、お金が銀行から「出て行った」というイメージです。

クレジットカードの仕訳

クレジットカードでの支払いは、払った瞬間は現金は動いていないので、借金みたいなものです。お金はまだ払っていませんから「未払い」です。

1月10日 パソコン(事務用品) 15万円|未払金 15万円  ※カード払い

こんな感じで基調します。

1月にカードで10回払って50万円の未払金が発生した場合、カード会社からの請求は50万円です。その請求額はどこで払うかというと「銀行引き落とし」です。「銀行から出ていきます。」

2月10日 未払金 50万円|銀行口座 50万円 (1月分の未払金残高50万円が0円になる)

代金引換で商品を発送した

代金引換で商品を発送したとき、現金の動きはないので、「現金」という科目は使えません。

売掛金 30000円|売上高 30000円

現金は動いていないけど、企業活動のとりひきの1つなので、一行で記帳します。 「売掛金」とは、「とりあえず商品渡すから現金は後でね。現金もらってないから別の言葉で記録しておこう」という感じです。

家計簿には出てこない簿記独特の言葉なので、最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえばなんてことありません。

知っておくとよい経理のポイント

ネットショップ運営で使う仕訳を一部紹介しましたが、後少々、仕訳や勘違いしやすいポイントなどがありますので紹介しておきます。詳しくは、別のページで解説したいと思いますが、とりあえずリストだけ作っておきます。

  • 勘違い多発!仕入れは経費にならない
  • 減価償却(げんかしょうきゃく)は経費の分割すること
  • 賃貸マンションの家賃は一部経費にする
  • 返品があった場合の仕訳方法
  • 銀行入金後に商品を発送しても売掛金
  • 商品を販売しクレジットカードで支払ってもらった

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP