通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > 中級者向けWEBテクニック > CGI営業日カレンダーの作り方

CGI営業日カレンダーの作り方

営業日カレンダー専用のCGIやJava Scriptはないので、「スケジュールCGI」や「カレンダー」の機能を持つプログラムを使うことになります。ここでは、CGI DESIGNさんのカレンダー2というプログラムを使って、営業日カレンダーを表示さえる方法を解説します。

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

カレンダーCGIを応用する

まずはダウンロードですね。シンプルなファイル構成なので、設置も簡単です。設置に成功すると下のようになります。1ヶ月分毎にiframeを使っているので、横にならべたいときは<br>をカットして、横に並べます。


設置と営業日カレンダー用に変更

サーバーにアップロードして、CGIファイルはパーミッションを「755」などに変更します。それだけで動作します。sche41.cgi?mode=adminにアクセスして、初期パスワード「cgi」で管理画面に入室します。次のような画面が現れます。

ログイン

この状態がデフォルトですが、普通のカレンダーなので、休業日はチェックを入れて「設定する」ボタンを押します。毎月この作業をします。

設定


以前は、この2ヶ月表示できる機能がなかったのですが、2016年2月に改造されてバージョンアップしております。ありがたいですね。

Googleカレンダーも使える

1ヶ月表示だけですが、Googleのアカウントを持っていれば、CGIの面倒な設定なしでカレンダーが表示できます。

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP