通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ヤフーショッピング作成講座 2016 > 実践講座 > どうせならクリックされるバナーを作ろう

どうせならクリックされるバナーを作ろう

クリックされるバナー

実際の作成に入る前にバナーの役割を知りましょう。バナーは見栄えが良ければそれで良いかというとそうではありません。目を引いてナンボ、クリックされてナンボです。

ということは、世の中には、無視されるバナーとクリックされるバナーがあるということです。無視されるバナーは気づかない、興味をそそらない。逆に、クリックされるバナーは、その先を見てみたいという欲求にかられるバナーです。

せっかくバナーを作るなら、テキトーに作るのではなく、クリックされやすいバナーを作ろうじゃありませんか。

人気おすすめ無料講座
youtube-logo yahoo! shopping 画像挿入や文字のHTML変換
youtube-logo スマートフォン用サイトの看板やフリースペースの編集
youtube-logo ヤフーストアの看板画像を作る方法
youtube-logo サイドナビを画像に変更する方法
youtube-logo ストアサービスのリンクをボタン画像に変更する方法

このページのメニュー

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中


バナー作成の大原則

バナーには必ずリンクが貼られます。つまり、そのバナーをクリックした先に何らかのページが存在するわけです。リンク先は、商品ページであったり、カテゴリーページであったり、あるいは、キャンペーン用の特別ページ(LP)であったりです。

リンク先のページが何であれ、バナーの機能として最低限満たさなければいけないのは、「そのバナーをクリックすれば(一目瞭然で)何のページに飛ぶかわかること」です。当たり前と言えば当たり前ですが、深く考えずに作ってしまう人も多いのです。

アクセサリーバナー

このバナー2つは、同じアクセサリーのカテゴリーページへ飛ばすためのものです。明らかな違いがあるのがわかると思います。左は英語だけです。右は商品写真とカタカナでカテゴリー名が書いてあります。

英語で書くと、かっこ良くなるのですが、「英語が読めない人もいる」「気づいたり理解したりするのに時間がかかる人もいる」ことを考慮しなければいけません。 アクセサリーを探しているけど、英語が読めない人には、あなたのお店にアクセサリーのカテゴリーは存在しないことになります。

できるだけたくさんの人にストレスなく、ショップページを見て回ってもらうよう配慮して作る必要があります。これはバナーに限った話ではありません。 店名や商品名にも同じことが言えます。

クリックされやすいバナーの3原則

クリックされやすいバナーの3原則があります。

(1)商品写真を使うこと
(2)キャッチコピーや商品名を入れること
(3)アクションを促す図や言葉をいれること

クリックされやすいバナー3原則

「手作りいちごジャム」の商品ページへ飛ばすためのバナーです。基本原則にそって、すべての要素を盛り込んでいます。「クリックなんて書かなくてもわかるだろう」と思われるかも知れませんが、これがないと、ただのイメージ画像(イラスト)と思われてしまうこともあるので、必ず入れておきます。

yahoo! shoppingの特徴のひとつに、「ネットショッピングに不慣れな人が多い」というのがあります。極端な話、商品ページを見ながら「どうやって買うの??」こんなレベルの人もいるのです。小学生でも行動が起こせるようなバナー作り、ページ作りを心がけます。

バナーかボタンかは区別しておく

通常、バナーと言えば、上のような「売り込み系」のものを言います。でも、トップページから単に、カテゴリーページへ飛ばすような画像は、売り込みバナーとは区別して、シンプルなものを作っておくことで、ページのメリハリがつきます。

アクセサリーボタン

もちろん、お店のコンセプトや個性に合わせて、適度にキャッチコピーや、クリック用の矢印などを入れても構いません。作り方に関してはルールはないので、あくまで基本的な話です。

良いバナーを集めておこう

ヤフーストアでお店を開店するほとんどの人はデザインの勉強はもちろんのこと、ウェブ制作の勉強をしたことがない人です。そんな人がいきなり良いバナーを作ることはできません。だからといって、一から勉強する必要もありません。そんなことをしていると日がくれます。

ネットビジネスはスピードが命です。できるだけたくさんのネットショップ、特に、人気店や有名店を見て回って、気になったバナーをパソコン上に保存しておきます。強いお店は、スキルのあるウェブ専門のスタッフがバナーを作っているので、とてもクオリティー(品質)が高いのです。

それを真似ることで、そこそこのレベルのものを作ることができます。パソコンに取り入れるのば勉強のためであって、取ってきたバナーをそのままお店で使わないようにしてください。これは、知的財産権の侵害で訴えられることがあります。非常に危険です。

やってる人はまだ少ない!クリック率急上昇のツボ

上にも書きましが、ヤフーストアのショッピング客には、多くのネットショッピング初心者がいます。ネットショッピング初心者に、もっとも多い不安のひとつが「商品は届くのだろうか?(このお店は大丈夫だろうか?」というものです。

そういった不安を作る原因のひとつが「お店の顔が見えない」という点です。「どこの誰がやっているか?」ということです。実店舗に行けば、ショップオーナーなり、店員なり、実在の人物を見ることができるので、何の不安もありません。

でも、ネットショップはバーチャル(仮想)です。もしかすると、存在しないかもしれない危険性を含んでいると、頭の片隅で感じているわけです。その不安の解決策が、店長やスタッフの顔写真を出すことです。抵抗のある人もいるかもしれませんが、出すのと出さないのとでは随分と違いが出てしまいます。

リアリティー

バナーとは違いますが、上と下でリアリティーが全然違うのがわかると思います。リアリティーとは現実感のことです。イラストの店長さんの画像を見てもしょせんバーチャルです。実際の顔はわかりません。でも、実物の写真だと、一気に不安が取れてしまいます。もちろん、逆に不安をあおってしまうような人相の場合は出さいないのが得策です。

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP