*

商品数が少ないネットショップの戦略

公開日: : 最終更新日:2017/03/21 SEO・SEM, ウェブ・テクニック, ネットショップ運営, 基礎知識やノウハウ

この記事は約4分で読むことができます。

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べて、訪問者数は少なくなります。訪問者数が少なければ注文も少ないのは自然な流れです。もちろん例外はあります。

「商品数が少ない!困った!」そんなときの戦略は2つです。

(A)商品数を増やす
(B)少ない商品数を活かす

(A)商品数を増やす

いろんな方法がありますが、もっとも簡単なのはネット仕入で増やす方法です。トップセラー(Top Seller)by もしもを使えば、一気に25万点も増やすことができますが、できれば、類似品や関連の商品をセレクトして増やすと良いです。明らかに効果があります。

別の方法としては、類似品や関連商品の仕入れ先を見つけて仕入れルートを増やすという方法です。これは、本来のやり方なので、在庫を抱えたりしないといけない場合もあり、予算に余裕がないと厳しいかもしれません。

ただ、初回の仕入れだけやっておいて、あとは、初回仕入れでは届いていない、そのメーカーの他の商品も取扱商品として出品すれば、商品数は増やすことができます。(これで、以外に売れ筋に気づいたりする。)

(B)少ない商品数を活かす

こだわりのハンドメイド商品を販売するのに、トップセラーを使い既製品てんこ盛りのネットショップにしてしまうと、「こだわり」や「ハンドメイド」といった印象が薄れてしまいまい本末転倒です。

例え趣味の延長だとしても、ハンドメイドならブランディングが必要です。minneなんかを見ていると、「え!?ハンドメイドをこんな値段で売ってるの!?」というような商品をよく見かけます。原価は2、300円ですが、作るのに少なくとも2時間はかかるようなものを500円なんて値段をつけて販売しているわけです。

そういった値付けで販売している人は、100%趣味でやっているのだと思いますが、ビジネスとしてやるのなら、少なくとも利益が出るような価格設定が必要ですからね。

例えば、「2時間かかるものなら最低(工賃として)3000円はつける(+原価)」など決めて、その価格で販売できるよう付加価値を高めていきます。付加価値を高めるためには、ネットショップがしょぼいと、お客さんにはしょぼいイメージしか与えることができないので、いくら高い値段をつけても「高い」と感じられてしまいます。

そこで、付加価値を高めるためにネットショップの見せ方が大事になってきます。

例えば、商品写真はプロ級(良いカメラを買う/金の余ってる人はプロに依頼)。ページデザインはすっきりおしゃれでかっこいいものにする(センスとスキルのない人は自分では絶対に作らない。)。想いを伝えるメッセージなどを映像や手書きの文字で表現する。顔を出す。必要なら商品の動画を用意する。いかにイケてる作家であるかプロフィールなどを適度に盛る。お客さんのレビューなど。

もちろん、ページをいじくっただけで商品が売れたら苦労はしないですから、集客面ではFacebookやInstagramなどを使い、セルフブランディングとマーケティングを並行して行うなど、お忘れなく。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

高い利益率

驚愕!こんなに高い利益率だとは!

シリーズものの本16冊ほどを古本市場へ持って行き買い取りしてもらうことに。番号札を渡されて、待つ間、

記事を読む

カットしても良い

忙しくなってきたら重要でないことからカットする手法

ネットショッピングで珍しく「銀行振込」で購入しました。カードが使えないお店です。なぜカードが使えない

記事を読む

クロスセリング

クロスセリング(ついで買い)テクニックを導入する方法

マーケティング用語「クロスセリング」。日本語で言えば「ついで買い」。古くは、ハンバーガーチェーンの「

記事を読む

IoT

IoT(モノのインターネット)

IoT・・・絵文字(ToT)泣き顔の出来そこないではなく、Internet of Thingsの略。

記事を読む

画像等用は違法行為

違法な画像盗用を防止する2つの対策

ネットの画像を許可無くコピーして使うのは違法。でも、そのことに関して意識の薄い人たちはまだまだいます

記事を読む

オプション

1商品にオプション10個まで設定可能

ある商品を購入するときに、カートボタンの上に「カラー」や「サイズ」を選べるやつ(プルダウン)がついて

記事を読む

リアル

リアルのネット情報は1ヶ月遅れ

グルメサイトに投稿してみたこともありましたが、いまひとつ、楽しくないんですよね~。特に書くこともない

記事を読む

絵画像

yahooショッピング商品説明絵に入れたい

同じ検索ワードが日本と中国から!そんなこともあるんですね~ さて、この検索ワードですがユーザー

記事を読む

仕入れメール

仕入れをお願いするビジネスメールの書き方

仕入れをお願いするこをと正式には「新規取引のお願い」と言います。だからと言って、ビジネス文章の文例な

記事を読む

ヤフー掲示板

このアイデアは失敗に終わった

カラーミーの助け合い掲示板は盛況なのに、yahoo! shoppingの出店者用の助け合い(サポート

記事を読む

Adsense

Adsense

ショップサーブがレスポンシブ・デザインに対応していない常識的な3つのワケ

レスポンシブWEBデザインとは、1つのページを作るだけで「PC

B2B
BtoBビジネス入門エッセイ「もっと儲かりまっせ」

もっと儲かりまっせ。 15年近く前の本です。ドッグイヤー

ショップサーブ・CSSカスタマイズ
最初にやっておきたい、ショップサーブ・スマホサイトCSS基本カスタマイズ5ヶ所

ショップサーブのスマホ・テンプレートですが、個人的にはイマイチ・・

park終了
9月30日Eストアー「park.jp終了」の裏事情!?と通販サイトの二極化

ショップサーブにとっては、棚ボタ的な広告サービスだったEストア

商品写真
商品のメイン写真にはベネフィットのベストポイント・イメージを

「バナーを作らねば・・」ということがあって、度々参考にするショップサー

→もっと見る

PAGE TOP ↑