*

売上アップのためのアフィリエイトの活用

公開日: : 日記

この記事は約3分で読むことができます。

ショップ運営者として、アフィリエイトを使う場合、実は2種類あります。

(1)ASP型
(2)独自型

(1)ASP型は、良く知られているA8.netなど、アフィリエイトプログラムを提供している企業に、「広告主」として参加する方法。

ASP型は、広くアフィリエーターを集められる点では有利なのですが、固定費用がけっこうかかります。月額4~5万円でしょうか。この固定費がけっこうキツイんですよね。

そこで、注目したいのが(2)の独自型。アフィリ提供企業を使わず、お店独自でアフィリエーターを募集して、売上アップにつなげるというやり方です。

今のところ、この独自アフィリエイトを提供しているのは、主要な開業サービスではショップサーブだけじゃないでしょうか。他社は、A8などと提携しているので、「A8などのASPの広告主になれば使えるよ」という機能です。

ただ、これの問題点は、自力でアフィリエーターを募集しないといけない点です。既存のお客さんに「ダイレクトメールでアフィリを始めました。」とお知らせしても、そもそもブログなどをやっていない人には、何の話しかわからないし、内容を理解したところで、報酬の発生するアフィリエーターになる可能性は非常に低いわけです。

でも、月々の固定費用はなし。無料。アフィリリンクを通じた購入が発生したときだけに手数料(5%)が発生する仕組みです。この点は非常にメリットが大きいですが、まとめて言うと、一長一短ということですが。

売れるシーズン、売れないシーズンがはっきりしていて、しかも、繁忙期が短期間に集中しているような業種(スキー場的なお店)は、固定費用がかかるASPは使いにくいと思うので、独自アフィリを活用するのに向いていそうです。

申し込みも不要で、メルマガ機能などと同じように並んでいて気軽に使えます。おそらく、ショップサーブユーザーでも使っているお店は少ないのではないでしょうか?宝の持ち腐れになってたり?ショップサーブでは、「アフィリ」とは言わず、「フレンドリンク」と言う言葉が使われています。

アフィリエイト

ちなみに、アフィリエーターへの報酬を10%に設定した場合、1万円の商品が売れると、Eストアー5.25%(525円)+報酬(1000円)が発生します。結果、受け取る売上金は8475円。「売れた時だけ」というのは、ショップ運営者にとっては、本当に助かる仕組みです。参加者への報酬の支払いはEストアーが代行してくれるので、お店は売上アップのための「運用」に集中できます。

Adsense

関連記事

ルミーズ配布終了

ルミーズ・ショッピングカートCGI配布終了

http://www.remise.jp/news/20141015.htm フリーショッピン

記事を読む

ネット注文怖い

「ネットショッピングは怖いから使わない」という人

まだいるんですね~ネットで何かを注文するのが「怖い」と思っている人たち。けっこうな割合ですよ。年代に

記事を読む

家電仕入れ

家電仕入れ、家電販売のブレイクスルー?

家電を買のは量販店かカカクコムなどを使ったネットショッピング。そんな家電の買い方が定着しつつあるご時

記事を読む

会社DM

株式会社を作るとアメックスからDMが届く

「株式会社を作ったらアメックスからダイレクトメールが届いた。」 へぇ~ それは聞いたこと

記事を読む

何が売れるか

ネットでは何が売れるのか?Rランキング20位まで

楽天のランキングを見ると、季節的に売れているものや、季節に関係なく売れているものなども知ることができ

記事を読む

裏側

クラウドワークス仕事募集の裏側

昨日からの続きです。 使ってみるとわからなかったことが、いろいろわかってきました。 報酬

記事を読む

個人情報を漏らしたくない

販売者の個人情報を漏らしたくない場合

FACEBOOKで本名も顔も、住所も職業も、そして家族の情報までネットにさらけ出している人がいる

記事を読む

no image

浮気して激しく後悔中

ネットショップの本業をしっかりやっておけばいいのに、浮気症のため他の仕事を取ってみました。浮気場所は

記事を読む

韓国

2017年は、韓国が気になる年。

政治的な話ではないです。「韓流」とか、十数年前から何かとブームになっています。2003年の「冬の

記事を読む

ノーリスク

楽ちんノーリスク。ネット仕入れ在庫不要のネット販売

「ネット販売したいんだけど、何か良い商品、楽に仕入れられないかな?」そんなふうに思っている方

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑