*

楽天アマゾンに学べ!クーポン乱発で客単価をアップさせよう

公開日: : 最終更新日:2018/01/11 日記

この記事は約4分で読むことができます。

クーポン乱発で客単価アップ
よほどのことがない限り使わない大好きな楽天お買い物中、ある異変に気づきました。それはクーポンです。どの商品ページを開いても「クーポンゲットしたら割り引くよ!」というやつです。クーポンと言えば、「当該ネットショップ以外の任意の場所やタイミングで発行されたものを本店で使う」というスタイルだという印象でしたが、このお店(他のお店も?)は商品ページにでかでかとバナーを貼り付けていました。(アマゾンもやってますね。)

こんな感じです。

クーポン乱発で客単価アップ

これをクリックすると、有効期限や利用条件(どの端末で使えるか?金額は?併用はNGなど)、そして、クーポンの説明が書かれているページに移動します。そして「クーポンを使う」というボタンをクリックすると、「クーポン使用状態」に変わります。

その後商品をカートに入れるのですが、そのタイミングでは「クーポン利用中」というのはわかりませんが、「購入手続き」へとページを進めると、次のようにクーポンがしっかり入っていました。

クーポン

このお店は5,000円以上で300円割引のクーポンでした。さすが楽天なかなか攻めてますね。

さて、この「客単価をアップさせるクーポン戦略を取り入れたいけど楽天には出店していない。」というお店で、クーポンが使えないASP(レンタル・ネットショップ)をご利用のお店さんは、残念ながらここで終了です。クーポンを使った客単価アップはできません。

ショップサーブは、お馴染みのクーポン機能を使って、この楽天のお店と、同じようなやり方を取り入れることができます。「楽天と全く同じに」というわけにはいきませんが、ほぼ同じようなやり方が実現できます。

クーポン発行

ここから入って、期間はクーポンコードを設定します。楽天と違うのは、「クーポンコードをお客様に入力してもらわないといけない」という点です。

商品をカートに入れて手続きを進めて行くと、クーポコードを入れる個所が現れます。できるだけ、覚えやすいk-度を発行するのがコツです。使える文字が半角英数字なので、例えば、「saburo」(300円オフ)や「goro」(500円OFF)」、「noguchi」(1000円)などがいいかもしれません。いつでも使えるクーポンだと価値がなくなるので1ヶ月や3ヶ月など、期限を設けるのがポイントです。

クーポン用のバナーは、別途作成が必要でです。バナーにクーポンコードを表示すれば、別ページを作る必要もないのでオススメですよ。お客様には「最少のクリック数で購入してもらう。」のがネットショップの目指すところなので、お客様があっちのページ行ったり、こっちのページいったりなどしないように、シンプルに動線を作るのがコツです。

※参照
ショップサーブのクーポンで販促!設定方法



Adsense

関連記事

独自アフィリ活用

売上アップのためのアフィリエイトの活用

ショップ運営者として、アフィリエイトを使う場合、実は2種類あります。 (1)ASP型 (2)

記事を読む

グーグルトレンド

ネットショップ開業希望者、減少傾向

Googleトレンドで、「ネットショップ開業」を調べてみました。 なんとなんと、2010年~2

記事を読む

罠

騙されやすい日本人(あなたは大丈夫?)

「東京支店でも出そうかしら?」なーんて考えて、バーチャルオフィスを探していたところ、面白いページを発

記事を読む

Google plus

スマートフォンの写真や動画の扱い方

友人などはスマートフォンで写真を撮ったら、それはそのまま保存しています。多い人になると4,000枚と

記事を読む

LINEスタンプ

LINEのスタンプ作成の副業はあきらめた

聞くところによると、素人でもLINEのスタンプが販売できるとか。しかも、上位10作品は平均3680万

記事を読む

google

Googleが電化製品市場に参入する可能性

Googleは既にChromebookというパソコンやスマートフォン&タブレットのNexusシリーズ

記事を読む

コンサルタント

コンサルタントも資格不要で即日開業できる

ネット販売の場合、たいていの商品の販売には資格不要。早い場合は即日開業ですが、それでも商品データや写

記事を読む

必要条件と十分条件

必要条件と必要十分条件と十分条件

今読んでるビジネス書に出てきた一文。 『それは必要条件であって十分条件ではない。』 !?

記事を読む

ホスティング副業

副業でホスティングを始めるなら今がチャンス!?

「ホスティングを始めるなら今がチャンス。」というダイレクトメール。 ネットショップ業界

記事を読む

韓国

2017年は、韓国が気になる年。

政治的な話ではないです。「韓流」とか、十数年前から何かとブームになっています。2003年の「冬の

記事を読む

Adsense

Adsense

商品写真
商品のメイン写真にはベネフィットのベストポイント・イメージを

「バナーを作らねば・・」ということがあって、度々参考にするショップサー

差別化
ランディングページに必ず盛り込みたい差別化を最大化するテクニック

(A)特待生で入学したAさんは、オリンピックで金メダルを取りました。

プラグイン3選
ネットショップのWordPressに必ず入れたいプラグイン3選

ネットショップのブログでコンテンツを配信し、また、その場で商品

k
ランディングページ制作初心者は4部構成からがオススメ肉(BEAF)

ランディングページって作るの、ほんと難しいですよね。ファーストビューだ

儲かる仕入れ
儲かる仕入れは「仕入れ価格」と「市価」の比較から

儲かる仕入れ問屋を見つけた!というより、運営者の方からご連絡を頂い

→もっと見る

PAGE TOP ↑