*

宅配便の荷物が届かない!遅れた!誰の責任?

公開日: : 最終更新日:2017/12/26 ネットショップ運営

この記事は約5分で読むことができます。

結論:基本的に、誰の責任でもありません。

それを、「荷物が届かないのは宅配会社の責任だ!」と言うのは、「自分は頭からっぽです。」と言っているのと同じなので要注意ですね。

クレームすれば、宅配会社は「申し訳ございません。」と表面上は謝りますが、「出た。めんどくさい客。ほんと勘弁してよ。」って思われています。

昨日、ネットで買い物をしたお店から発送連絡メールが届きました。珍しく、今回はショップサーブのお店ではなく楽天の店にヒットしてしまいました。

「入金の確認を持って発送にかえさせて頂きます。」という微妙な(「発送連絡はあるの?ないの?」という)表現だったので、「荷物番号もわからないのかも?」と思いましたが、ちゃんと発送の連絡はきました。

そで、気になったのがこの一文。

「指定日のお客様は指定日でお届けしますが、指定のない方は最短でのお届けとなります。」

の「指定日」です。

ECサイトを運営していると必ず発生するクレーマー。

「商品が(指定日)指定時間になっても届かないんですがー!?一体どーなってるんですか!!(「詐欺ですか!?」的な勢い。)」というクレームまがいのお問い合わせ。

実は、指定日や指定時間に届かないと「運送会社が悪い」「運送会社の責任」と思うかもしれませんが、基本的に、責任はどこに対しても取れないことが多いようです。

というのも、運送会社は、いわゆる「指定日」に届けることを100%お約束していません。そして、もし届けることができなくても「損害賠償を負う」なんて約束もしていませんね。

つまり、契約として、「指定日に届けることを確約するものではない」ということです。

毎度お世話になっておりますヤマト運輸の「宅配便利用規約」を見ますと、いろいろ書かれております。

指定日に届かない

「次の場合は、滅失(滅びてなくなること)、き損、遅延については責任を負いません。」と明記されています。第十二条に書いてある8項目について見てみましょう。

1.荷物の欠陥、自然の消耗
欠陥、消耗ですね。氷を常温で送った。溶けてなくなった。しらんがな。

2.荷物の性質による発火、爆発、むれ、かび、腐敗、変色、さびその他のこれに類似する自由
クリスマスケーキを常温で送った。腐ってた。

3.同盟罷業(ひぎょう→ストライキのこと)若しくは同盟怠業(さぼりのこと)、社会的騒擾(そうじょう→騒ぎのこと)その他の事変又は強盗
配達員がストライキを起こした場合など。

4.不可抗力による火災
不可抗力とは、「人の力ではどうにもならないこと」。荷物を運ぶトラックが東名高速でゴジラに襲われて荷物が消失。仕方ないよね~

5.予見できない異常な交通障害
名神高速のど真ん中で、カモ親子の引っ越しがあった場合など。

6.地震、津波、高潮、大水、暴風雨、地すべり、山崩れその他の天災
ようやく、小学生でも理解できる一文。

7.法令又は公権力の発動による運送の差止め、開封、没収、差押え又は第三者への引渡し
ん~よくわかりませんね。発送した会社が摘発されて、荷物が差し押さえされてしまった場合でしょうか。

8.荷送人が記載すべき送り状の記載事項の記載過誤その他荷送人又は荷受人の故意又は過失
ネットショップが「東京都」の住所を書かなければ行けないところ、「モンゴル」と書いて送ってしまった、というケースですね。そりゃ、ネットショップが悪い。謝罪はテンチョーさん。

こんな規約があるのに、それを消費者に十分伝えられていない運送会社も悪いと言えるしょう。でも、新幹線や飛行機で東京から大阪へ移動したら15000円もかかるような距離も、500円600円という破格の料金(無料で買ってる人もいるでしょう?)で荷物を「人力で」届けてくれる運送会社の人たちに対し、感謝やねぎらいの気持ちを持たない想像力のない人間味のない消費者も悪い。

と言いたいですね。

ま、そんなややこしい客はめったにいないですけど。

99.99%は良いお客様です。

1000人に1人くらいですかね。面倒なクレーマーは。


Adsense

関連記事

ヤフオクドル箱

ヤフオクがドル箱状態に?

最近よくヤフオクを使うんですが、すんごい売れるんですよね。 一時期は、同業他社もネット

記事を読む

おてがる通販

おてがる通販を使いたいが評判やWindows10で使えるのか気になる

「おてがる通販」とは、なつかしいひびきですね。「おてがる通販」はネットショップ専用の受注処理専用

記事を読む

一発出禁

代引きを受け取らなかったら一発で出禁

「代引きで注文して受け取らない人」がいます。いわゆる「代引きの受け取り拒否」です。 受け取り拒

記事を読む

アンケート

アンケートに答えたらサービスがよくなった

アンケート(enquête)はフランス語で、英語ではSurvey、questionnaireと言うら

記事を読む

差別化

飽和状態の中で差別化する方法

以前は「通販に向く商材」という視点から、いろいろ商品を考えてましたが、今は、そういったモノは、ほとん

記事を読む

ランディングページ

ランディングページの重要な7つのポイントをわかりやすく

ランディングページを作るたびに、「参考になるサイトはないか?」と探してまわります。たくさんの参考サイ

記事を読む

SKU

運営者の基礎知識「SKU」とは

ネットショップ運営上、昔にくらべ専門用語(テクニカル・ターム)をおぼえいといけない機会が増えてきまし

記事を読む

本店サイト

御社本店ネットショップは伸びてますか?意外なほどやっていない事がたくさんありますよ!

ネット通販事業として最初に公開したのが楽天。同時に「rakuten.co.jp」のつかない本店サイト

記事を読む

リスクヘッジ

今さら誰も教えてくれないネットショップのリスクヘッジ

リスクとは「危険」のこと。 そして、ヘッジとは「避ける」こと。 ネットショップをやってく上で

記事を読む

ネット注文怖い

「ネットショッピングは怖いから使わない」という人

まだいるんですね~ネットで何かを注文するのが「怖い」と思っている人たち。けっこうな割合ですよ。年代に

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

トップセラー
ここへきて、トップセラーの新規ユーザー急増中

ドロップシッピングの先駆けであり老舗の「トップセラー」を始める人が

SAKURA internet
sakura internetへのwordpress引っ越しと常時SSL化

気づけば「そんなブログやってたの!?」というブログを2つ発掘。それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑