無料ネットショップEC-Cube4を使ってみた(設定とテスト注文編)

EC CUBE

この記事は約6分で読むことができます。

これまで何度か使ってみたことはありましたが、バージョンアップされていることもあり、使ってみることにしました。

というのも、カード決済にソニーペイメントの「e-SCOTT」が使えるようになっていたんです。

固定費0円で、決済手数料3.5%のみ!

カード決済業界に殴り込みの破格の料金体系。

今回のテストでいい感じなら、1店舗EC-CUBEに引っ越しさせようかという目論見です。

というわけで、本番想定テストでありますがドメイン取得!

その名も、そのまんまの、

ちょっとかっこいい感じ?

ドメイン料金は1年で82円。缶コーヒーより安いっすね。

ま、2年目以降は1500円になりますが・・・

ドメイン取得後の設定(ムームー)

ドメインの取得は例によって、ムームードメイン(mumu domain)

取得後、設定するのはDNSだけ。

今回は さくらインターネットなので、ns1.dns.ne.jpとns2.dns.ne.jpを入れるだけ。

この設定を先にしておかないと、さくらサーバー側での設定がスムーズに行かないんですよね・・・

なんどか躓いた箇所ですが、すっかり学習しました。

さくらサーバーの設定2箇所

さくらサーバーにドメインを存在(表示)させるための設定です。

ドメイン追加

そして、公開用フォルダを作ります。

公開用フォルダ

この中にEC-Cubeを放り込みます。

EC-Cubeインストール

クイックインストール

クイックインストールからポチポチっとやるだけで簡単導入です。

さくらサーバのクイックインストールは、この3つだけですね。

前まで、もっとあったような気がするんですが、人気がないものはカットされたのでしょうか?

EC Cube

問題なくインストールされるとこの画面になります。

ドメインもすぐに接続されていたようで、スムーズです。

が、ここから先に進む前にSLLを有効にしておきます。

ちょっと休憩。1~2時間で有効になります。

EC Cube

次のステップではデータベース情報の入力。

EC Cube

データベースの設定を難しく感じる場合もあるかもしれませんが、管理画面から「データベースを作成」して、表示された文字列をコピペするだけでOKです。

で、次へ進むと次の管理画面が出れば成功!

EC Cube

そして、フロントページ(お客様に見える側)は、なぜかジェラート専門店となっております(笑)

まあ、まだ暑い時期なので良かったです。

EC Cube

いきなりテスト注文

ここまでできたら、後はお店作りです。

商品データを入力し、送料を設定したり特定商取引法を記入したり。

でも、まずは商品データを入力して注文完了までテストしてみたいですね。

この通販システムがちゃんと動作するか確認です。

古くから、こういった無料システム(オープンソース)を使ったことがある人は、なにかしらエラーやトラブルに悩まされた経験があると思います。

「無料だから」ということで安易に飛びついたもののわからない変なエラーで立ち往生・・・

このトラウマがあるので、まずは注文が完了できるかどうかが心配なんですよね。

というわけでサンプルで登録されていた商品のジェラートを注文してみました。

気になった箇所3箇所

カートはスムーズにさくさく変遷して、すっきりしたレイアウトでユーザービリティーも問題なし。

ただ、動画の中にも書いていますが、気になった箇所が3箇所。

1つ目は、ステップ4の内容確認画面。

ステップ3で内容が確認できるので、その場で注文完了ができれば、ステップ4で終わります。ちょっと無駄かなって思いました。

ちなみに、WooCommerceはステップ3で終わりますね・・・

2つ目は、郵便番号を適当な数字を入れても通ってしまいます。

これはフリーのソフトなんで仕方ないですが、お客さんの郵便番号入力ミスは必ず発生します。

郵便番号が違うからって商品が届かないってことはないので、まあいいでしょう(^^)

3つ目は、ゲスト購入の入力内容が保持されない・・・

もちろん、会員登録すればデータは簡単に呼び出せますが、ゲスト購入した人がリピートすることもありますからね。

カゴ落ちの原因のひとつになりえるので、できれば保持できるよう改善してほしいところです。

次は自動返信メールをチェック

自動返信メール

これはお客さん側に送信されるメール。

テキストメールっぽく見えるんですがHTMLメールですね。

テンプレートの箇所で自由に編集できますがHTMLに慣れていない人は、HTMLはいじらず、文字の箇所だけを変更するのが良いですね。