フリーランス用のホームページ(池田香織さんのCM)

池田香織

この記事は約4分で読むことができます。

wix

無料ホームページ作成と言えばwix.comですな。

個人的には、かなり好きなwixのyoutube CMがこれ↓

訴求点が新鮮さだけのやつとは異なり、池田香織さん「良い味が出ていて、オッサン好みだ。」というオッサンも多いことと思います。この女優さんもwixも好きですね~。(そこのあなた!30歳超えたらオッサンですよ!)

女優さん自らウェブサイトを作って、出演作品を並べたり仕事依頼を受けたりする、というのは、まずないと思いますが(通常は事務所が窓口ですね。)ですが、「フリーランスで働く人のためのウェブサイトが作れる。」という観点では、とても響くCMではないかと思います。

太古の昔は、ホームページ作成ソフトを使って作っていたものが、令和の今はウェブ上からスタリッシュなウェブサイトがチョー簡単に作れるわけです。企業のウェブサイトでもこれで十分だと思いますが、何のこだわりがあるのでしょうか?皆さん自作しようとするんですよね・・・

なぜ、楽で楽しい方法を選択しないのか意味がわかりませんね・・・

最近もフリーランスの方と出会って、仕事を依頼しようか、ということがあったのですがウェブサイトがないんですよね~。せめてインスタくらいやっていて欲しいものです。そもそも、依頼しようにも、実績がわからないと怖くて依頼できませんから。

さて、フリーランスや企業のウェブサイトならwix.comで十分すぎるほど十分ですが、これが物販業となると、wixではなく、ショップサーブを始めとした、「通販をやるためのウェブサービス(ASP(通販のWixバージョン))」を使うのがスタンダードとなっております。

え?そうなの?

という方は、ラッキーですね。

そうなんです。そういうことなんです。

「ハンドメイド・アクセサリーを販売したんだけど、ホームページってどうやって作るの?」と聞かれたことがあるんですが、その答えは、「ASPを使う。」です。

個人のハンドメイドアクセサリー販売なら、BASE株式会社ですかね~

利用は無料です。そして、wix.comのような、おしゃれでかっこいい販売サイトが簡単に作れます。

利用は無料ですが、メルカリなどと同じように、商品が売れたときに手数料が引かれるスタイルです。だいたい10%くらいで考えておくと良いかと思います。

ハンドメイドで作ったピアスを5,000円で販売した。

5,000
-500(手数料)
-500(送料)
=============
4,000円(実質売上)

こんなイメージです。

だから、この実質的な売上(手取り的)を想定して原価を元に売価を決めるのがベターですね。

ハンドメイドの販売サイトには、minne(ミンネ)なんかもありますが、「え~~~これがそんな値段で!?」と思えるような、手の混んだハンドメイド作品を、ありえない価格で販売している作家さんを見かけることがあります。

おそらく、そういった人たちは趣味でやっていると思います。儲けようなんて、さらさら考えていない感じですね。でも、ちゃんと収入として考える場合は、せめて時給1,000円以上が取れる価格をつけると良いですね。(クライアントさんには3,000以上をオススメ。)