*

日経新聞WEBの広告をクリックしてみた

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 ネットビジネス, マーケティング, 基礎知識やノウハウ

この記事は約3分で読むことができます。

日経新聞のWEBを見ていたら次のような広告が出ていました。

PR『星野リゾート、星野佳路代表が経営者として常に目標にしていることは/HUBLOT』

星野リゾート+ウブロ

ひと目でタイアップ広告ということがわかります。HUBLOTは、腕時計が好きな人はよくご存知のスイスの高級腕時計メーカーです。150万円くらいのものから3000万くらいのものまで、なかなかのラインナップです。

広告をクリックした後は、星野氏のインタビュー記事です。「フラットな組織文化を作りそれを守っていく」という経営理念です。2ページほどのインタビュー記事の1ページ目には、星野氏が愛用しているというHUBLOTの写真があります。

これで、星野氏ファンの人は、この腕時計ブランドに興味を持つことになりそうです。女性が「ファッションモデルが着ているブランドの服を買う」というのと同じですね。

さてさて、それはさておき、この記事中のこの広告。1週間で150万円です。トップページ以外のWeb刊各面や速報ページなどに掲載されて、期間中700万ページビューが望めるポジションです。クリック率までは公開されていないですね。

腕時計の単価や客層を考えると、かなりお得なような気がします。ただ、広告料金以外、取材費、ランディングページの制作費もあるので、トータルの予算は、勝手な想像ですが、多く見積もって約200万円程度でしょうか。

ランディングページが、外部サイトではなく、nikkei.co.jpのサブドメインに置かれていることを考えると、広告と取材、LP制作のパック商品なのかもしれません。日経ですから、ウェブ制作の専門部署があっても不思議はないですからね。

広告を出稿するHUBLOTが、「取材の手配をして、自社や外注でランディングページを用意して日経に納品」というパターンも考えられますが、前者の可能性が高いように思います。

取材やインタビューと聞くと「取材陣がやって来る!?」と思ってしまいます。でも、ネット系は、メールや電話だけで済まされることが多いですが、この記事の場合は、写真もあるので、ちゃんと取材に行っているのではないでしょうか。取材楽しそう。

Adsense

関連記事

記事ライター

副業記事ライターが知るべきの3つの知識

ネットには色んな仕事があって、その中の内職的仕事のひとつが記事ライター。ブログやサイトの記事を書いて

記事を読む

女の子二人組で運営している人気サイト

これは斬新なアイデアです。 例えば、この写真。 http://girlydrop.c

記事を読む

仕入れメール

仕入れをお願いするビジネスメールの書き方

仕入れをお願いするこをと正式には「新規取引のお願い」と言います。だからと言って、ビジネス文章の文例な

記事を読む

ネットバンキング

ネットバンキングが使いやすい銀行は?

銀行口座を作りすぎて大混乱中。内ひとつは屋号口座。全部で20口座はあるのではなかろうかという勢いです

記事を読む

ローボール・テクニック

ローボール・テクニックを応用する

ローボールとは低い球。高い球より捕りやすい。野球から来ているのかどうかは知りませんが、「生ビール1杯

記事を読む

やってはいけない

ネットショップ開業でやってはいけないこと

やってはいけないこと。それは、マルチタスク。マルチタスクは言ってみれば「ながら」です。「ウェブ編集し

記事を読む

ネーミングの研究

ネーミングの研究

楽して儲けたいと思えば、ネーミング。いまひとつの商品でもネーミング次第でバカ売れ。とまでも行かないま

記事を読む

オズボーン応用

オズボーンのチェックリストNo.2「応用」の事例

スピンアウト(spinout)、あるいは、スピンオフ(spinoff)という言葉あります。ど

記事を読む

動画で売上アップ

使用例や使用感の動画満載で受注率アップ

少し前の日経MJに『パナソニックが新商品(衣類スチーマー)のマーケティングで動画を多用したところ、「

記事を読む

接種理論

接種理論を商品説明に活かそう

いろいろな商材を販売してきましたが、「これは完璧!」という商品はないということを悟りました。

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

トップセラー
ここへきて、トップセラーの新規ユーザー急増中

ドロップシッピングの先駆けであり老舗の「トップセラー」を始める人が

SAKURA internet
sakura internetへのwordpress引っ越しと常時SSL化

気づけば「そんなブログやってたの!?」というブログを2つ発掘。それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑