*

衝動買いをする4つのポイント

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 ネットビジネス, マーケティング

珍しく衝動買い。

その心理を分析して4つのポイントにまとめてみた。

1. 信頼を確信
2. 誠実さを感じる
3. 内容に比較して明らかなお得感
4. レビューによるハロー効果

1. 書いてある内容が、経験者でないと書けないこと。現場にいる人でないとわからないことなどが見て取れるので、製品やサービスについて、熟知しているのがよく分かる。

2. 誠実さは、文章全体から、お客様に喜んでいただこうという誠実さを感じる。

3. スペックや内容から、普通に値付けをすれば150,000円はしてもおかしくないものを、5万円程度の薄利で販売している模様。利益は1万円もあれば良さそうな薄利多売。自分だけが儲けようという印象を受けない。

4. ハロー効果は行動心理学の用語。ある製品やサービスについて、ひとつでも好印象のポイントがあれば他の印象も比例して高くなる効果。権威のある人や有名人のレビューなどを見てしまうと「良さそう」と感じてしまうあれです。

写真は素人レベルですが、文章で、その製品の良さがダイレクトに伝わってくるので、その分、写真の稚拙さは十分カバーできています。

「このあたりが衝動買いの買いの価格」といった、一面的なものではなく、衝動買いは、複合的な理由がバランスよくそろった時に発生しそうな気がします。今回の商品ページは、ローカル上(パソコン)に取り込んで、心を動かされたポイントをおさらいしてみたいと思います。

ちなみに、衝動買いのことを英語で「impulse buying」。「オーガニック石鹸を衝動買いしてしまった」なら、I baught an organic soap on impulse.となる。

Adsense

関連記事

TVショッピング

テレビショッピングは販売の仕掛けなど見どころ満載

テレビショッピングと言えばショップチャンネル。日本初のTV通販番組として1996年に設立された会社で

記事を読む

ゲーム

ネットショップはゲーム。みんなビビりすぎ。

ホリエモンが「みんなは起業にビビりすぎ。」と言ったそうです。何かの記事で、見出ししか見てませんが。ネ

記事を読む

営業なんて簡単だ

営業なんて簡単だ

メーカー営業マンが挨拶に来る。1回目は名刺と挨拶のみ。2回目は、「この商品見積もり出します。」3回目

記事を読む

価格の表示方法

商品毎に価格の表示方法を変えたい

ネットショッピングをしていて色々な価格表示がありますよね。今回遭遇したのは、「衝撃価格」という表示。

記事を読む

過大評価で大失敗

過剰評価or過大評価で大失敗

4月からの人材採用を検討しているお店さんも多いかもしれません。 例えば、こんな話。 アル

記事を読む

金科玉条

ネットショップの金科玉条の変遷

ネットショップ開店後の金科玉条(やらばければいけない必須事項)といえば、昔は、やれメルマガを始めろ、

記事を読む

no image

OEM契約とライセンス契約の違い

輸入品を扱っている場合など、わりと頻繁に出てくる基礎知識「OEM(オーイーエム)契約」と「ライセンス

記事を読む

色で人を操る心理学

色で人を操る心理学

色って意外に大事ですよね。時間つぶしで、セブンイレブンで書籍コーナーに行った時に期になったムック

記事を読む

Buyee

Buyee売れるよ~ショップサーブ出品自動~

日々いろいろなネットサービスが生まれては消えていくわけですが、最近の傾向としてネットショッピングのボ

記事を読む

シンメトリー効果

デザインはシンメトリー効果を意識する

シンメトリーとは左右対称や上下左右でつり合っていること。ホームページのレイアウトが崩れていると「この

記事を読む

Adsense

Adsense

売れるECサイトの共通点
売れるショップ・ECサイトの共通点

フェイスブックを見ていたら、「売れるショップの共通点」といった話題が流

激増2
ネット販売や開業に関する相談が激増中なのはなぜ!?

最近記事に書くことも増えてきた「問い合わせ急増」の件です。やたら多

値下げしても売れない
値下げしても売れない。

「小学生でもできる販売戦術のひとつが値下げですが、できれば、こんな

no image
店長ブログのテーマやネタに「ネットショップ紹介」はいかが?

ネットショップ運営にブログはつきもの。店長さんはじめ、ブログ担

no image
ニュース記事の編集って楽しそう

最近よくyahooニュースを見ることが多いのですが、「見出しよく考えら

→もっと見る

PAGE TOP ↑