*

よく見る普通の仕入れ取引条件について

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 ネットショップの仕入れ

この記事は約4分で読むことができます。

たまたま、オンライン仕入れのスーパーデリバリーに出店している企業のページに行き着きました。そのページは、仕入れ条件等が書かれているページです。

仕入れ条件

仕入れ条件と言うよりは、取引する上での諸条件という感じです。

上から順番に見ていきましょう。

消費者直送

NG不可です。消費者直送とは、メーカー側からの言葉で、ネットショップからだと「メーカー直送」に変わります。つまり、ネットショップには在庫せず、注文情報をメーカーに送り、メーカーが商品を消費者に発送する方法です。

お店としては、在庫を抱えるリスクやスペースがいらないのでありがたいのですが、その分メーカー側に負担がかかります。それを嫌がるメーカーは多いですね。

購入前販売

お店側視点で言うと「受注発注」のことですね。お客様から注文を受けて代金を受け取った後に、仕入れをするという方法です。リスクがないので、できればそういった方法で商売をしたいのですがこの企業は不可です。

仕入れてくれるわけなので、メーカーとしてはありがたいのですが、受注発注方式を許可してしまうと、面倒なことがいろいろあります。例えば、A店から「お客様から注文が入ったので商品Xを1週間押さえて欲しい。」といった依頼が来るわけです。

「押さえる(取り置き)」理由は、お客様から代金を頂く前にメーカーが品切れになってしまうのを避けるためです。メーカーは商品XをA店以外にも卸しているので、そのタイミングで他店から注文が入れば在庫切れを起こしてしまうこともあるからです。

ただ、メーカーや問屋がこれをやりだすと、例えば、「A店から商品Xの在庫1個を押さえて欲しい」と言われた後に、B店から商品Xの注文が50個入り、かつ、在庫がちょうど50個だった場合、B店には49個しかないと言わなければいけないんです。

でも、できれば、メーカー的には、大量買いのB店に早く売ってしまいたい、というわけです。B店が「49個なら買わない」と言う場合、たかが1個の在庫を抑えたA店のために50個分の売上げを失うことになります。このように、本来得られたであろう利益を失うことを「機会損失」と言います。

画像転載

ネットの画像をコピーして使って良いか。」ということです。この企業は、「購入した商品のみ可」としています。つまり、実際に仕入れた商品なら画像を使ってもよいという条件です。お店としては、画像をコピーさせてもらって、充実した商品数のサイトを作りたいところでは、それはNG。なかなか厳しいですね。

代金引換

不可です。ネットショップにとって代引きは定番の決済方法ですが、メーカーや問屋が代引きを使うのは、新規で取引を開始したお店など、割と少数派です。「月末で締めて、請求書を発行して翌月末に振り込んでもらう。」といった取引方法が中心になっていると、代引きは、手間的にも経理的にも煩雑になるので、避けたいわけです。

とまぁ~、厳しい条件のようですが、昔はどこもこんな感じの企業が多かったんですけどね。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

リードタイムとは

仕入れ関連用語「リードタイム」とは

日本語で言うと納期。注文してから商品が届くまでの日数だったり日付だったり。デリバリーデイト(deli

記事を読む

アパレル・ファッションの定番仕入れ方法

ファッション系の仕入れは展示会が基本だと思います。直近では、国際アパレルEXPOが2016年11

記事を読む

欠品率

27万点の中からドル箱アイテムを探そう

トップセラー(Top Seller)の商品数が27万点を突破したそうです。27万円はわかりますが、2

記事を読む

委託可粗利50%以上

粗利50%以上で委託販売可能な商材

「委託販売可能で、販売価格5000円以上。粗利50%以上の商材を探しています。」と言った感じの書き込

記事を読む

オリジナル商品を作る目的で開店

「オリジナル商品は自由に値段が付けられるし、他で販売もしていないので価格競争にもならないから良い。」

記事を読む

利益率

利益率は高ければ高いほどいい

「仕入れがいくら」「掛け率がいくら」など、結局のところ、ショップ運営者、あるいは仕入れ担当者が知りた

記事を読む

契約書

卸をする場合の契約書はいるのか?

「これまで小売のネットショップをやってきたが、オリジナル商品を作ったり輸入したので卸したい。」

記事を読む

何を売っていいかわからない

ネットショップ 商材 何を売っていいか分からない

個人で、副業で、ネットショップを始めたいけど、何を売っていいいかわからない!売りたいモノがない!

記事を読む

仕入れ難易度

仕入れを難易度で3段階に分けてみた

一番簡単な仕入れはネット仕入れですね。メールアドレスを登録すれば、個人でも仕入れられるやつ。ま、これ

記事を読む

その他大勢から抜け出す

その仕入サイトの商材がパッとしないのには理由があった?

3月のアクセスキーワードを見ると「仕入れ」関係のワードが多いです。仕入れもいろいろあるので一概には言

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

トップセラー
ここへきて、トップセラーの新規ユーザー急増中

ドロップシッピングの先駆けであり老舗の「トップセラー」を始める人が

SAKURA internet
sakura internetへのwordpress引っ越しと常時SSL化

気づけば「そんなブログやってたの!?」というブログを2つ発掘。それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑