個人事業主に朗報!こんなアプリを待っていた!

taxnote2

この記事は約2分で読むことができます。

自宅のレシート集積所を見て、間もなくやってくる確定申告に恐怖を感じる個人事業主も多いことでしょう。確定申告そのものではなく、申告するまでのあの作業・・・

きっちり領収書をもらうのも、それをためていくのも簡単。でも、それを会計ソフトに記帳するとなると、ちょっと大変。さらに、それらを1年間どっさりためてしまうと、もう一大事ですね。自業自得の災難です。

そんなズボラなフリーランスや個人事業主のお仲間諸君。

待望のアプリがリリースされましたよ!
(と言ってもリリースは2014年2月ですが!発見遅っ)

その名もTaxnote。

会計アプリ

itunes storeでDLしてね。

とりあえずは無料なんですが、月あたりの記録が15件という制限がついているので、16件を超える記帳をする人は買ってください。と言っても、わずか900円ポッキリです。ズバリ「買い!」です。

領収書のもらいぐせがついたなら、次は、アプリの記帳ぐせをつければ、もう確定申告シーズンを恐れることはありませんね。取引先との接待で居酒屋で支払いをし、その後、ちょっとスキを狙って記帳。タクシーに乗って帰って運ちゃんがメーターを止めたところで爆速記帳。

後は、いつものように領収書は自宅に持ち帰って専用箱にぽい。去年までと違うのは、未記帳の集積所ではなく、記帳済みの集積所になっているということ。整理もファイリングも不要。明るい2016年が約束されました。

さて、このアプリの優れている点は、その場で「爆速」で記帳ができる点はもちろん、記録データをエクスポートできる点です。エクセル、弥生会計、Freeeなどにデータをインポート(移植)できる点!最高ですね。

いや~いいアプリを作ってくれました。