*

なぜショップサーブの記事が多いのか。その理由。

この記事は約2分で読むことができます。

なぜショップサーブの記事が多いのか。

最大の理由のひとつは、「ショップサーブを使っている人が多いから。」だと思います。

そして、その記事の目的は2つあります。

(A) アフィリエイト目的
(B) 実際の店長やスタッフの記事

(A) ネットショップをやっていない人の「ネットショップやるならショップサーブだよね。」といった記事は100%アフィリエイト記事です。その記事から契約が成立すれば、ブログ主に報酬が支払われれるというものです。ですから、実際の内容は知らないけど、ネットの情報をかき集めて、わりと良いように書いています。

(B) ショップサーブの利用者数は国内でもトップクラスですから、時間のある店長さんは、お店のブログとは別に、ショップサーブやネットビジネスのことについてブログに書いていたりします。匿名の場合もありますし、実名の場合もあります。そこに、アフィリエイトを絡めることもあります。

でも、(A)と明らかに違うのは、「実際に利用している運営者」という点です。ブログ全体を読めば、その人が素人なのか、運営者なのかはわかると思いますが、リテラシーが低い人は、違いがわからないかもしれません。リテラシーとは、「ネット関連の知識や経験」とでも言いましょうか。「経験がある人だからこそわかる」とか言うじゃないですか。第六感的、本能的な感覚です。

いずれにせよ、もし、ショップサーブでお店を始めようと、いろいろ検索しているのであれば、偽物の広告なのか、リアリティーのある記事なのか、そこを見極める練習をしてみてはいかがでしょう。

蛇足ですが、ショップを運営するようになると、同じ業界の自作自演のレビューはなんとなくわかるようになります。お客さんが決して使わない言葉や言い回し、不自然な視点など。バレます。

Adsense

関連記事

お中元特集

お中元検索は5月上旬から7月上旬ピーク

すっかり廃れてきてる感のあるお中元ですが、少しでも需要があること考えると、しっかり取り込んでおきたい

記事を読む

画像等用は違法行為

違法な画像盗用を防止する2つの対策

ネットの画像を許可無くコピーして使うのは違法。でも、そのことに関して意識の薄い人たちはまだまだいます

記事を読む

必要なもの

副業のネットショップ起業に必要なもの

最小単位は(1)商材と(2)銀行口座です。一応、これだけあれば、ネット販売ができます。 で

記事を読む

5つの真実

2018年ネットショップ起業5つの真実

新年ですから、やる気満々の人も多いでしょう。周りではネットではなくて実業で起業した人もいます。その勢

記事を読む

park.jp

集客方法がわからない、広告宣伝費もあまり出せない。

今回はこの質問。 集客方法わからい&広告費もだせないのだが。 同社の回答は次の通り。

記事を読む

EC CUBE HETEML

EC CUBEを使う場合の注意点(共用SSL)

「EC CUBEを使ってお店を作りたい。お店サイトは独自ドメインで、カード部分は共用SSLを使いたい

記事を読む

売れるネットショップのWEBデザインについて

古くからネットショップを営む老舗店が、店主の自作ホームページの延長だったりします。そのため、WEBデ

記事を読む

保存忘れ

保存作業しなくていいツールを選ぼう

Window98とか、その辺りの時代によくやってしまった事故。 データ保存忘れ・・・ 3

記事を読む

ペイパル

外注したらPaypal払いだったので使ってみた

自分でやれば10時間はかかるような作業を外注してみました。金額は1万円ほど。プロなので、自分でやるよ

記事を読む

ttrinity

オリジナルTシャツをネット販売する方法(T-Shirts Trinity×通販アプリ)

毎年Tシャツを買い換えるのが楽しみですね。「今年来たTシャツは来年は着ない。」「捨てる。」と言う人も

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑